現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の農林水産・食の中の食品の安全・安心情報
更新日: 2020年11月27日

福岡市食品の安全・安心情報

ページ内メニュー(目次)



トピックス


<鳥インフルエンザ関係>
 流通する鶏肉,鶏卵を食べても鳥インフルエンザに感染することはありません。

 令和2年11月25日に,福岡県宗像市の養鶏場で高病原性鳥インフルエンザの疑似患畜が確認されました。
ついては,流通する鶏肉等の安全性について,以下のとおりお知らせします。


  • 発生農場では,速やかに殺処分の措置がとられ,また,周辺の農場等では出荷制限等の措置が講じられます。
  • これにより,鳥インフルエンザに汚染された鶏肉や鶏卵が市場に流通することはありません。
  • また,鶏肉や卵を食べることによって人が感染した事例は,世界的にも報告されていません。


  詳しくは,国の機関である「食品安全委員会」のホームページをご覧ください。
  
  → 食品安全委員会ホームページ




すべての食品等事業者の皆様へ HACCPが義務化されます!

  • 法改正によりHACCPが義務化されます。
  • 令和3年5月31日までに導入が間に合わないと「法令違反」になってしまいます!
  • 市内の事業者はすでに対応を始めています!
     まだの方は,いますぐクリック!
     よくわかるHACCP導入の解説ページです。
     → 期限せまる!HACCPに沿った衛生管理の制度化について
  • HACCPの導入支援事業を開始します(無料)。

     委託先 「ホシザキ北九株式会社」 (令和3年3月31日まで)

    ※連絡先等はこちらをご確認ください。
    ※各区保健福祉センター衛生課でも相談を随時受け付けています。


 【注意!】
  福岡市からHACCP導入支援を委託されていると名乗る事業者から金銭を要求されたとの相談が複数寄せられていますが,
 福岡市が行うHACCP導入支援で金銭を要求することはありませんのでご注意ください。




飲食店で弁当やそうざいのテイクアウトを始める方へ

 飲食店で弁当やそうざいをあらかじめ,又は客からの注文に応じて調理し,テイクアウトで提供する場合の注意点を
 以下のチラシにまとめていますので,参考にしてください。
 飲食店で弁当やそうざいのテイクアウトを始める方へ  (286kbyte)pdf
 ※ 消費者の方へ テイクアウトで購入した食品は速やかに喫食しましょう 




食品表示について





新型コロナウイルス感染症関係







  • 新型コロナウイルスの『感染拡大予防ガイドライン』が定められました
    新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針に基づき,業界団体により新型コロナウイルスの『感染拡大予防ガイドライン』が策定されました。
    事業者の方は,業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧のガイドラインを活用し,新型コロナウイルスの感染拡大予防のための取組の推進をお願いします。
    業種ごとの感染拡大予防ガイドライン一覧(内閣官房ホームページ) (515kbyte)pdf食品関係は朱書きの部分



公表事案(報道発表資料等)


 令和2年11月20日(金曜日)に厚生労働省から「検疫所におけるモニタリング検査の結果、中国産生鮮にんじんから農薬ジメトモルフが食品衛生法で定める基準値を超えて検出された。」との連絡があり、11月21日(土曜日)、東区保健福祉センター(東保健所)は、同法第54条第1項に基づき当該食品の輸入者に対して回収命令を発出した。









食品衛生講習会(動画)

  •  福岡市から食品事業者のみなさまにお伝えしたいことを,講習会動画としてまとめました。
  •  食中毒の発生,異物混入を防ぐ方法など,普段の業務に役に立つものばかりを厳選していますので,食品衛生責任者の方がご覧いただくだけでなく,調理,製造に従事する方々の内部研修等にもご活用ください!
  •  すべて,音声による解説付きです。
   

  【動画の内容】 
   (1)食中毒について(具体的な予防法等)
   (2)食品表示に関すること
   (3)毛髪などの異物混入防止について(具体的な予防法等)
   (4)食品衛生法の改正に関すること

     ⇒>動画はこちらをクリック

  


食中毒関連情報




違反等関連情報



営業許可・資格・試験に関する情報

営業許可に関する情報





資格・試験に関する情報



くらしの中の食品情報




食品の安全性確保への取り組み




リンク集