現在位置:福岡市ホームの中の創業・産業・ビジネスの中の公共工事・技術情報の中の検査情報から各種工事(建築)
更新日: 2020年8月1日

各種工事(建築)

平成31年度(令和元年度)の主な指摘事項

土木工事

建築工事

  1. 一般共通事項
  2. 各種工事

電気設備工事

機械設備工事



建築工事

2.各種工事

仮設工事

 [ 現場 ]
  • 足場に危険箇所(布板や手すりが仮撤去のままで復旧されていない,布板間の隙間が大きい等)がある。《安則 563》
 [ 写真 ]
  • 積載荷重,足場の組み立て等作業主任者名などの表示が撮影されていない。《手引き 2.2.2》
  • 縄張り,遣方,足場(内部,外部,鉄筋足場等)の写真が撮影されていない。《手引き 2.2.2》
  • 外部足場の写真は,施工前,施工状況,施工完了の状況を撮影する。(朝顔,養生ネットを含む)《手引き 2.2.2》
  • 工事表示板,労災保険関係成立票,建退共適用標識(2箇所),建設業の許可票,施工体系図(2箇所)を工事現場の出入り口の見やすい場所等に掲示し写真撮影を行う。《手引き 2.2.1》
    ※建退共適用標識は現場事務所及び工事現場の出入口等の見やすい場所に掲示する。
    ※施工体系図は工事関係者が見やすい場所及び公衆が見やすい場所に掲示する。《入契法第15条》
 [ 書類 ]
  • 仮設計画書が作成されていない。《標仕 1.2.2》

土工事

 [ 書類 ]
  • 残土処分場の受入承諾書が無い。《標仕 3.2.5》
  • 山留めの構造計算書が無い。《標仕 3.3.1》
 

地業工事

 [ 写真 ]
  • 締固めにおいて,転圧状況の写真が不足している。(ランマー3回突き又は振動コンパクター2回締め 等)《標仕 4.6.3,手引き 2.4.5》

鉄筋工事

 [ 写真 ]
  • 配筋状況写真が不明確。(特に,梁の下端筋や二段配筋)《手引き 2.5.2》
 [ 書類 ]
  • 規格品証明書(トレーサビリティ・・・製鋼所から現場受入までの流通過程の各業者の証明)が不明確《標仕 5.2.3》

コンクリート工事

 [ 現場 ]
  • コンクリート打放し脱型後の処理が悪い(ばりの処理,釘の切断未処理,セパ錆止め忘れ等)。《標仕 6.8.5,6.8.6》
 [ 写真 ]
  • コンクリートの打設時の打設部位,呼び強度,スランプ,コンクリート種別等が黒板に明示されていない。《手引き 2.7.2》
 [ 書類 ]
  • 調合管理強度の管理試験,構造体のコンクリート強度の推定試験が不足している。また,供試体の作成,養生方法等に誤りがある。《標仕 6.9.3,表6.9.2》

型枠工事

 [ 写真 ]
  • 各施工状況(建込み状況,支保工等)及び建込み完了(全景)の写真が不足している。《手引き 2.6.1》

鉄骨工事

 [ 写真 ]
  • 材料搬入時の検収写真が不足している。《手引き 2.8.1》
 [ 書類 ]
  • 規格品証明書(トレーサビリティ・・・製鋼所から現場受入までの流通過程の各業者の証明)が不明確《標仕 7.2.10》

コンクリートブロック・ALCパネル・押出成形セメント板工事

 [ 写真 ]
  • コンクリートブロック工事において,壁縦筋に重ね継手を設けている。《標仕 8.3.3》
  • ブロックの規格,種類,厚さが判るように写真を撮影する。《手引き 2.9.1》
  • 配筋状況の写真は,鉄筋の径,溶接継手の長さ,配筋(主筋)間隔等を撮影する。《手引き 2.9.2》

防水工事

 [ 現場 ]
  • パラペットあご下の処理不良。《標仕 9.5.3》
  • ウレタン系塗膜防水の塗膜厚さが不足等(補強布が見える,補強布の端部が突出している,ピンホールがある等)している。《標仕 9.5.3》
  • シーリング不良(凹みがある,被着体と接着していない等)がある。《標仕 9.1.2》
  • 充填箇所以外の部分にシーリング材が付着している。《標仕 9.7.4》

タイル工事

 [ 現場 ]
  • タイルの浮き,割れ及び目地モルタル充填不足がある。《標仕 11.1.5》
 [ 書類 ]
  • 長期に水及び温水の影響がある場所にタイプ2の接着剤を使用している。《標仕 11.3.3》

木工事

 [ 現場 ]
  • 木部の面取り不良(ささくれ等)が見られる。《標仕 12.2.1》
 [ 写真 ]
  • 合板等壁下地の板継ぎ位置の木胴縁見付け巾(90ミリメートル)が不足している。《標仕 12.7.2,手引き 2.14.1》
  • 木材の含水率の測定状況写真は,測定機器,計測値の平均値及び測定部位を記入する。《標仕 12.2.1,手引き 2.14.1》
 [ 書類 ]
  • 防腐防蟻剤の仕様が違う。《標仕 12.3.1》
  • 防虫処理の適用がある部位に防虫処理材が使用されていない。《標仕 12.3.2》

屋根及びとい工事

 [ 現場 ]
  • とい工事における下がり止め未設置、とい受金物のビスの緩みが見られる。《標仕 13.5.3》

金属工事

 [ 現場 ]
  • 軽量鉄骨天井下地の天井点検口等の開口補強が不足している。《標仕 14.4.4》
 [ 写真 ]
  • 軽量鉄骨壁下地のスタッドの間隔計測状況,扉等の開口補強状況の写真が不足している。《手引き 2.16.1》
  • 軽量鉄骨天井下地の吊ボルトと壁の距離計測状況,天井点検口等の開口補強状況の写真が不足している。《手引き 2.16.2》

左官工事

 [ 現場 ]
  • 仕上塗材の吹付施工による吹きむら,ピンホール等が見られる。《標仕 15.5.6》
  • 左官仕上げによるモルタルの浮き,不陸が見られる。《標仕15.1.2》
 [ 写真 ]
  • 外壁改修工事において,高圧洗浄のメーター読みの写真がない。《手引き 3.9.5》

建具工事

 [ 現場 ]
  • ネジ山のつぶれ。《標仕 16.1.5》
  • 建具・錠の開閉不良(音鳴り、戸先の戻り等)が見られる。《標仕 16.1.5》
  • サッシの外れ止めが無い。
  • 指はさみ防止のための引き残しが無い。
  • 戸当たりが無い。
 [ 写真 ]
  • くつずり,下枠等の先詰めモルタル充填状況や,建具の取付けアンカーピッチの写真がない。《手引き 2.18.1》
  • 網入りガラスは,小口の錆止め処理状況を撮影する。《手引き 2.18.3》
  • 木製建具の骨組み製作完了時の写真が無い。《手引き 2.18.2》
 [ 書類 ]
  • 承諾図に耐風圧,気密性,水密性等に関する所定の性能等の明示がない。《標仕 16.1.2》
  • 木製建具の中骨等の仕様に誤り(寸法,ピッチが不足等)がある。《標仕 16.7.4》
  • 木製建具の承諾図が無い。《標仕 1.2.2》

塗装工事

 [ 現場 ]
  • 隠ぺい部,見え隠れ部(建具等上下小口)が塗装されていない。《標仕 18.1.2》
  • 塗装不良(塗残し,色むら,塗むら等)がある。《標仕 18.1.7》
 [ 写真 ]
  • 各工程の写真で標準仕様書等の一般名称と商品名が併記されていない。《手引き 2.19.1》

内装工事

 [ 現場 ]
  • ネジ山のつぶれ。《標仕 19.1.2》
  • 天井と廻縁及び壁,壁と巾木,巾木と床などの取り合い部に隙間がある。《標仕 19.1.2》
  • 天井化粧せっこうボードにキズがある。また,ビスの不足がある。《標仕 19.7.3》
  • 化粧ケイカル板にキズ,凹みがある。《標仕 19.1.2》
  • ビニル巾木に接着不良がある。《標仕 19.1.2》
  • 床シートの浮き,ジョイント部の不良がある。《標仕 19.2.3》
  • 断熱材現場発泡工法において,吹付け厚さが一部不足している。《標仕 19.9.3》
 [ 写真 ]
  • ボードのビスピッチの撮影忘れがある。《手引き 2.20.4》
  • 壁紙張りにおいて,素地ごしらえ後のシーラー塗布がされていない。《標仕 19.8.3》
 [ 書類 ]
  • 出荷証明が不足している。(内装工事は特に使用材料が多岐に渡るため,整理し把握しておくこと)《標仕 19.1.2》
  • 合成樹脂塗床において,仕上げの種別に誤りがあり,使用量が不足している。《標仕 19.4.3》

ユニット及びその他の工事

 [ 現場 ]
  • ネジ山のつぶれ。《標仕 20.1.2》
  • 家具等の取付け回りの隙間及び固定がされていない。《標仕 20.1.2》
 [ 写真 ]
  • 種別,仕様及び工法に応じた工程毎の施工状況及び完了時の写真が不足している。《手引き 2.21.1》
 [ 書類 ]
  • 家具等の承諾図の未作成がある。《標仕 1.2.2》

外構工事

 [ 書類 ]
  • 一部工事の施工計画書が無い。《標仕 1.2.2》

植栽及び屋上緑化工事

 [ 写真 ]
  • 肥料,土壌改良材等の材料検収及び空袋の写真を,数量,規格等が判るように各々撮影する。《手引き 2.25.1》
  • 施肥状況などの工程写真が不足している。(写真は「建築工事写真撮影の手引き」により撮影すること。)《手引き 2.25.2~》

解体工事(一般)

 [ 現場 ]
  • 地表面にコンクリートガラ,アスファルトガラが残っている。《解体特記 4.4》

解体工事(アスベスト撤去)

 [ 写真 ]
  • 各種表示(喫煙飲食禁止等)・掲示(石綿作業主任者の氏名及び職務内容等)の写真が不足している。《手引き 3.13.7》
  • 作業員及び周辺住民等に対する掲示(石綿則第3条及び大防法第18条の17に基づく事前調査(施工調査)結果)の写真が無い。《手引き 3.13.7》
  • 保護具(防塵マスク・・・RL3等の規格がわかるもの,保護メガネ,保護衣,作業衣等)の材料検収写真が不足している。《手引き 3.13.8,3.13.10》
 [ 書類 ]
  • 石綿則第4条に基づく施工計画書に施工調査記録(図面による記録)が不足している。
  • 石綿則第35条に基づく作業記録が不足している。

防水・左官・塗装等の共通事項

 [ 写真 ]
  • 材料の使用数量が確認できるように,材料検収状況及びその空缶や空袋の写真を撮影する。《手引き 2.11.1,2.17.3,2.19.1》
 [ 書類 ]
  • 施工計画書の必要数量と出荷証明書の納品数量が照合確認できるようにする。《標仕 9.5.3,15.5.7,18.1.7》

※ 安則・・・労働安全衛生規則
※ 入契法・・・公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律
※ 標仕・・・公共建築工事標準仕様書
※ 手引き・・・建築工事写真撮影の手引き
※ 石綿則・・・石綿障害予防規則
※ 大防法・・・大気汚染防止法