現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の選挙・監査の中の選挙の中の選挙の基礎知識から選挙の種類
更新日: 2021年7月16日

選挙の種類


選挙の種類
種類 区分 選挙権 被選挙権 選挙期日※1 任期満了日 定数
衆議院議員 小選挙区 満18歳以上の日本国民日本国民で満25歳以上平成29年10月22日令和3年10月21日289人
(各選挙区1人)
比例代表 176人(うち,九州ブロック20人)
参議院議員 選挙区 満18歳以上の日本国民日本国民で満30歳以上(1)平成28年7月10日
(2)令和元年7月21日
※2
(1)令和4年7月25日
(2)令和7年7月28日
※2
148人(うち,福岡県選挙区6人)
比例代表 100人
福岡市議会議員 ・満18歳以上の日本国民
・引き続き3か月以上福岡市内に住所を有している者
・日本国民で満25歳以上
・その選挙の選挙権を有すること
平成31年
4月7日
令和5年
5月1日
62人(各区ごとに定数がある【下表】)
福岡市長 日本国民で満25歳以上平成30年
11月18日
令和4年
12月6日
1人
福岡県議会議員 ・満18歳以上の日本国民
・引き続き3か月以上福岡県内の同一市町村に住所を有していたことがあり,かつ,その後も引き続き福岡県内に住所を有している者
・日本国民で満25歳以上
・その選挙の選挙権を有すること
平成31年
4月7日
令和5年
4月29日
87人(福岡市で23人:各区ごとに定数がある【下表】)
福岡県知事 日本国民で満30歳以上令和3年
4月11日
令和7年
4月10日
1人

※1 ここでの選挙期日とは,現職者について選挙が行われた日です。

※2 参議院議員は3年ごとに半数が改選されます。


福岡市議会議員及び福岡県議会議員の定数
 東 区 博多区 中央区 南 区 城南区 早良区 西 区 合 計
福岡市議会議員 12971169862
福岡県議会議員 533423323

衆議院議員総選挙


選挙の概要

  • 小選挙区選挙と比例代表選挙の二つの選挙によって議員を選びます。
  • 小選挙区選挙は全国289の選挙区から1人ずつ議員を選びます。
  • 比例代表選挙は全国11の選挙区(ブロック)ごとに行われ,各政党の得票数に応じて議員を選びます。

小選挙区選挙

各選挙区からそれぞれ1人の議員を選びます。

小選挙区選挙
選挙区 選挙区区域
福岡県第1区
  • 東区
  • 博多区
福岡県第2区
  • 中央区
  • 南区(福岡県第5区に属する区域を除く)
  • 城南区(福岡県第3区に属する区域を除く)
福岡県第3区
  • 城南区〔七隈投票区,梅林投票区に属する区域〕                           
    • 七隈三丁目(6番,7番,8番1号から8番23号まで,8番25号から8番30号まで,8番45号,8番46号,9番から14番まで,20番5号から20番24号まで,21番から23番まで)                         
    • 七隈四丁目                         
    • 七隈五丁目                         
    • 七隈六丁目                         
    • 七隈七丁目                         
    • 七隈八丁目                         
    • 干隈一丁目                         
    • 干隈二丁目                         
    • 梅林一丁目                         
    • 梅林二丁目                         
    • 梅林三丁目                         
    • 梅林四丁目                         
    • 梅林五丁目                         
    • 大字梅林
  • 早良区
  • 西区
  • 糸島市
福岡県第5区
  • 南区〔弥永投票区,弥永西投票区,老司投票区,鶴田投票区に属する区域〕                           
    • 曰佐三丁目                         
    • 警弥郷一丁目                         
    • 警弥郷二丁目                         
    • 警弥郷三丁目                         
    • 柳瀬一丁目                         
    • 柳瀬二丁目                         
    • 弥永一丁目                         
    • 弥永二丁目                         
    • 弥永三丁目                         
    • 弥永四丁目                         
    • 弥永五丁目                         
    • 弥永団地                         
    • 野多目四丁目(14番から17番まで,18番15号から18番60号まで,31番,32番)                         
    • 野多目六丁目                         
    • 老司一丁目(1番18号から1番25号まで,5番1号から5番17号まで,5番37号から5番53号まで,7番1号から7番8号まで,7番29号から7番39号まで,8番から35番まで)                         
    • 老司二丁目                         
    • 老司三丁目                         
    • 老司四丁目                         
    • 老司五丁目                         
    • 鶴田一丁目                         
    • 鶴田二丁目                         
    • 鶴田三丁目                         
    • 鶴田四丁目(1番9号から1番43号まで,2番,3番1号から3番4号まで,3番25号から3番37号まで,3番55号から3番60号まで,4番から54番まで)                         
    • 柏原一丁目(26番)                         
    • 柏原二丁目
  • 筑紫野市
  • 春日市
  • 大野城市
  • 太宰府市
  • 朝倉市
  • 那珂川町
  • 筑前町
  • 東峰村

比例代表選挙

福岡県,佐賀県,長崎県,熊本県,大分県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県を九州選挙区(ブロック)とし,20人の議員を選びます。


投票

小選挙区選挙,比例代表選挙それぞれ投票します。
小選挙区選挙は候補者名を,比例代表選挙では政党名を書いて投票します。
小選挙区選挙は定数289人,比例代表選挙は定数176人で,総定数は465人です。


小選挙区選挙

小選挙区選挙は候補者名を書いて投票します。

定数は289人です。


比例代表選挙

比例代表選挙は政党名を書いて投票します。

定数は176人です。


当選人

小選挙区選挙では,それぞれの選挙区で得票数の最も多い候補者が当選人となります。
比例代表選挙では,全国11の選挙区(ブロック)ごとに各政党の得票数に応じて当選人数が配分(ドント方式)され,各政党の候補者名簿の順番に従って当選人が決まります。


比例代表選挙の当選人の決定方式(ドント方式)

各政党の得票数(A)を1,2,3・・・と,名簿登載者数までの整数で割った答え(B)の大きいものから順次それぞれの政党の当選人数(C)となり,各政党の候補者名簿の順番に従って当選人が決まります。

定数10人の選挙区(ブロック)の場合
政党名 A党 B党 C党 D党
名簿登載者数5人4人3人2人
得票数(A) 4,200票3,200票2,000票1,800票
右の整数で割った答(B) 1 【1】4,200【2】3,200    【4】2,000   【5】1,800
2 【3】2,100【6】1,600     【10】1,000    900
3 【7】1,400【8】1,066.7666.7 
4 【9】1,050800      
5 840   
当選人数(C) 4人3人2人1人

【】の中の数字は,整数で割った答(B)の大きい順を示しています。


小選挙区選挙と比例代表選挙の両方に立候補した場合の当選人の決定

衆議院議員総選挙は,小選挙区選挙と比例代表選挙の両方に立候補することが出来ます(重複立候補)。


【例】
ある政党は,小選挙区選挙に立候補した候補者のうち,A・B・Cの3人を比例代表選挙の名簿にも同一順位で登載しました。
選挙の結果,小選挙区ではAが当選,B・Cは落選しました。
落選したB・Cの得票数と,その選挙区の当選人の得票数との割合(惜敗率)はBが80%,Cが90%でした。
この政党は比例代表選挙で2議席を獲得しました。
名簿の当選人となるべき順位は次のとおりです。

小選挙区選挙の結果
小選挙区名 氏名 当・落
○○選挙区A
△△選挙区B落:惜敗率80%
□□選挙区C落:惜敗率90%

比例代表選挙の名簿の順位
届出順位 氏名 当選順位
 1(1)当
重複立候補
(同一順位)
2A
2B:惜敗率80%3 落
2C:惜敗率90%(2)当
 54 落

このような場合,比例代表選挙の当選人は次のように決定されます。

  1. まず,名簿の順位1位の甲が当選人となります。
  2. 第2位にA・B・Cが登載されていますが,小選挙区で当選したAは名簿には登載されていないものとみなされ,第2位はB・Cのみとなります。
  3. 次に惜敗率によりB・Cの順位を決めます。惜敗率はBが80%,Cが90%なので,当選人となるべき順位はCが2位,Bが3位となります。
  4. この政党は2議席を獲得しているので,Cがもう一人の当選人となります。

参議院議員通常選挙


選挙の概要

  • 選挙区選挙と比例代表選挙の二つの選挙によって議員を選びます。
  • 選挙区選挙は各都道府県を単位とした選挙区から議員を選びます。福岡県選挙区の定数は6人です。
  • 比例代表選挙は全国を単位に行われます。

投票

選挙区選挙,比例代表選挙それぞれ投票します。
選挙区選挙は候補者名を,比例代表選挙では候補者名か政党名のいずれかを書いて投票します。
選挙区選挙は定数148人,比例代表選挙は定数100人で,総定数は248人です。
※3年ごとに半数が改選されます。


選挙区選挙

選挙区選挙は候補者名を書いて投票します。

定数は148人です。


比例代表選挙

比例代表選挙は候補者名か政党名のいずれかを書いて投票します。

定数は100人です。


当選人

  • 選挙区選挙では,それぞれの選挙区で得票数の多い候補者から順に当選人となります。
  • 比例代表選挙では,各政党の得票数(政党名の得票+その政党の名簿に登載された候補者個人の得票)に応じて政党ごとの当選人の数が配分(ドント方式)されます。各政党の当選人の数の中で,得票数の多い候補者から順に当選人が決まります。

※令和元年の参議院議員通常選挙から比例代表選挙に「特定枠」が追加されました(詳しい内容は総務省ホームページをご覧ください。)。


比例代表選挙の当選人の決定方法

各政党の得票数

  • A党の得票数=政党名の得票数+A党候補者個人の得票数
  • B党の得票数=政党名の得票数+B党候補者個人の得票数

各政党の得票数に応じてドント方式により,政党ごとの当選人数が決まります。
(ドント方式については衆議院議員総選挙の説明をご参照ください。)


当選人の決定

A党の当選人の数が3人,B党が2人,C党が2人(うち1人は特定枠名簿登載者)となった場合

A党
 A党得票数400万票
○山 〇太120万票
○田 〇子100万票
○本 〇郎80万票
 ○川 〇恵60万票
 政党名の投票40万票

B党
 B党得票数300万票
△野 △代90万票
△水 △男70万票
 △木 △治50万票
 △藤 △穂30万票
 政党名の投票60万票

C党
 C党得票数300万票
□中 □助(特定枠名簿登載者) 
□下 □美100万票
 □上 □乃80万票
 □松 □正60万票
 □谷 □次20万票
 政党名の投票40万票

※特定枠名簿登載者は,優先的に当選人となります。制度の詳細は総務省ホームページをご覧ください。


その他の項目