現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中のマイナンバーからマイナンバーカードの券面記載事項の変更について
更新日: 2023年5月10日

マイナンバーカードの券面記載事項の変更について

引越しや結婚等によりマイナンバーカードに記載された内容(氏名や住所等)に変更があった場合は、マイナンバーカードの券面記載事項の変更が必要です。市外から転入の場合、変更手続きを行わず一定期間を経過すると、マイナンバーカードは自動的に失効しますので、ご注意ください。


住民基本台帳カードをお持ちの方
住民基本台帳カードも同様に手続きが必要です。以下の内容の「マイナンバーカード」を「住民基本台帳カード」と読み替えてください。


署名用電子証明書に関する注意
氏名や住所等の変更に伴いマイナンバーカードに搭載されている署名用電子証明書が失効します。引き続き署名用電子証明書が必要な方は、券面記載事項の変更に合わせて署名用電子証明書再発行の手続きを行ってください。
署名用電子証明書は、本人以外が手続きする場合は、即日では発行できません。詳しくは「電子証明書の発行手続き(マイナンバーカードの電子証明書の発行・更新について)」をご確認ください。
なお、住民基本台帳カードの電子証明書は再発行できないため、電子証明書の利用を希望される場合は、マイナンバーカードの申請をお願いします。


お知らせ

  • 現在、お知らせはありません。

券面記載事項の変更が必要になるとき(例)

  • 引越し
  • マンション名の変更
  • ご結婚等の届出に伴う氏名の変更
  • 旧氏の登録
  • (外国人住民の方)在留期間満了日の延長に伴う有効期限の変更

手続きに必要なもの

(注意)数字4桁の「暗証番号住民基本台帳用」が必要です。暗証番号が分からない場合は、「マイナンバーカードの暗証番号再設定と変更について」をご確認ください。


本人が手続きする場合

  • マイナンバーカード

新住所で同一の世帯員が手続きをする場合

  • 本人のマイナンバーカード
  • 窓口に来られる方の本人確認書類

(注意)窓口に来られた方が、マイナンバーカードの暗証番号が分からない場合は当日中に手続が完了しません。この場合は、任意代理人が手続きする場合と同様に、文書照会方式による手続きとなります。
 ただし、窓口に来られる方が法定代理人(親権者や後見人等)であり、「暗証番号再設定に必要な書類」が揃っている場合に限り、暗証番号の再設定を行った後、券面記載事項の変更を行うことができます。


(注意)「署名用電子証明書」の発行手続きは、同一世帯員ではできません。本人が手続きに来ていただくか、代理人による手続が必要です。詳しくは「電子証明書の発行・更新について」をご確認ください。


別世帯の法定代理人が手続きをする場合

  • 本人のマイナンバーカード
  • 戸籍(本籍が福岡市外の場合)や成年後見登記事項証明書等の代理権を証明する書類
  • 法定代理人の本人確認書類2点(うち1点は運転免許証などの官公署発行の顔写真付きに限る)

任意代理人(同一住所で別世帯の者を含む)が手続きをする場合

(注意)当日中に手続きは完了しません。


任意代理人が代わりに手続きをする場合は、本人の意思や暗証番号を確認するための文書照会方式による手続きとなります。


【文書照会方式の流れ】

  1. 窓口(区役所市民課、出張所)で申請を行います(1度目の来庁)。
  2. 本人宛に郵送で照会書兼委任状が届きます。本人が照会書兼委任状に署名し、暗証番号等に記入してください。
  3. 窓口(区役所市民課、出張所)に照会書兼委任状等の必要書類をお持ちください(2度目の来庁)。

申請時に必要なもの(1度目の来庁)

  • 本人のマイナンバーカード
  • 任意代理人の本人確認書類

照会書兼委任状持参時に必要なもの(2度目の来庁)

  • 本人のマイナンバーカード
  • 本人の本人確認書類(マイナンバーカードの他にもう1点)
  • 任意代理人の本人確認書類2点(うち1点は運転免許証などの官公署発行の顔写真付きに限る)
  • 照会書兼委任状


注意事項

手続きの期限

法令上、福岡市外から転入する方が、マイナンバーカードの変更手続きを行わずに、【通常の取扱い】に記載している日を経過した場合、マイナンバーカード等は廃止になります。
ただし、新型コロナウイルス感染症の感染症法上の位置付けが5類感染症に変更される前までは、【令和5年5月7日までの取扱い】に記載している日を経過した場合に、マイナンバーカードが失効しますので、これらの期間を経過する前にマイナンバーカードの変更手続きを行ってください。


【通常の取扱い】

  1. 引っ越す前に転出届を届け出た方は、転出届により届け出た転出予定日から30日後
  2. 実際に福岡市に転入した日から14日後
  3. 転入届を届け出た日から90日後

【令和5年5月7日までに転出届又は転入届を届け出た方の取扱い】

  1. 引っ越す前に転出届を届け出た方は、転出届により届け出た転出予定日から60日後
  2. 引っ越し後に転出届を届け出た方は、転出届を届け出た日から60日後
  3. 転入届を届け出た日から120日後

記載欄が満欄の場合

カードの記載欄が満欄となった場合は、新しい住所や氏名が記入できないため、カードそのものの再発行が必要です。
(住民基本台帳カードは再発行できないため、マイナンバーカードの申請をお願いします。)


国外転出の場合

国外に転出する場合は、記載欄に国外に転出する旨を記載します。帰国後に新しいマイナンバーカードを再発行する際に回収しますので、それまで大切に保管をお願いいたします。
(帰国後も12桁のマイナンバーは変わりません。)


受付窓口

(1)住所地の区役所市民課・出張所

(2)福岡市マイナンバーカード臨時交付センター(予約優先制)
アクロス福岡3階に臨時交付センターを設置しています。センターでは、平日夜間や土日に事前予約で待つことなく申請ができます。インターネットまたは電話にてご予約ください。
※センターでは、任意代理人の受付は出来ません。