現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の農林水産・食の中の農業委員会から農業を始めるときの農地関係の手続き
更新日: 2021年5月13日

農業を始めるときの農地関係の手続き


新規就農者が農地の権利を取得するとき

 新たに農業を始めるにあたっては、農地の確保が必要です。ここでは、新規就農者が農地の権利を取得(購入・借入れ)する方法について紹介します。


 農地の権利を取得する方法には「農地法」による場合と、「農業経営基盤強化促進法」による場合があります。
「農地法」により農地の権利を取得するには、その農地の所在地を管轄する農業委員会に申請を行い、許可を得ることが必要です。
「農業経営基盤強化促進法」による場合は、福岡市が「農用地利用集積計画」を作成・公告することで、農地法の許可を受けることなく農地の権利の設定・移転が行われます。
「農地法」「農業経営基盤強化促進法」いずれの場合も、まず農業委員会へご相談ください。
 また、新規就農全般のご相談や支援制度の紹介については、農林水産局政策企画課担い手育成係が新規就農相談窓口を開設していますのでお尋ねください。


 詳しくは新規就農相談窓口のご案内をご覧ください。




リンク




ダウンロード

申請に必要な書類


  農地を借りたいとき・買いたいときはこちら




農地の下限面積について

 農地を取得するときには、取得後の農地面積が一定程度(下限面積といいます。)あることが必要です。
 下限面積は福岡市内の地域で下表のとおり違いがあります。



※下限面積とは

 農地を購入または借りる場合、すでに経営している農地と合わせた経営面積が一定の面積を満たしていないと許可できません。この面積を下限面積と言います。



下限面積
下限面積 地域
10アール
東区、博多区、中央区、南区、城南区、西区のうち能古島、玄界島及び小呂島
20アール
早良区、西区(能古島、玄界島、小呂島を除く)



ーお問い合わせ先ー



ページの頭へジャンプします