現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の住まい・引越しから空き家の流通促進
更新日: 2020年6月1日

空き家の流通促進

 福岡市内の空き家の総数は約9.4万戸で、そのうち賃貸・売却用の住宅や別荘等の二次的な住宅が約7万戸、その他の住宅(住宅市場での流通がない住宅)は約2.4万戸となっています。(平成30年住宅・土地統計調査)
 その他住宅は,近年一貫して増加を続けており,この一部が適正な管理がなされず長期的に放置されることで,管理不全空家となる恐れがあり,未然に防ぐためには,これら住宅の利活用を図る取り組みが必要です。


新着情報

 空き家バンクを通じた情報発信を行うことで、管理不全空家の発生を未然に防止するとともに,地域の活性化を図ることを目的とした制度として,令和2年4月1日から運用を開始しました。
 空き家を売りたい・貸したい方から市に提供された物件情報を、空き家を買いたい・借りたい方に紹介します。



空き家の発生を抑制するための特例措置 (空き家の譲渡所得の3,000万円控除)

 相続によって生じた 「空き家」 又は 「空き家及びその敷地」 もしくは 「空き家を解体後の敷地」を譲渡した時に,一定の要件を満たす場合は,相続人が確定申告を行う際に,譲渡所得から3,000万円が特別控除される特例措置です。



問い合わせ先

部署:住宅都市局 住宅部 住宅計画課
場所:福岡市中央区天神1丁目8-1 福岡市役所3階
電話番号:092-711-4598
FAX番号:092-733-5589
Eメール:m-jutaku@city.fukuoka.lg.jp


PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Readerが必要となります。
こちらからダウンロードしてください。

Acrobat Readerのダウンロード