現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の港湾・アイランドシティの中の博多港の中の観光・アクセスから博多ポートタワー・博多港ベイサイドミュージアム
更新日: 2021年12月1日

博多ポートタワー・博多港ベイサイドミュージアム


私たちの暮らしを支える博多港。
みなさんは博多港についてどのくらい知っていますか?
ミュージアムには、博多港の役割を子どもたちにも分かりやすく解説したパネルや模型などを展示しています。
また、人や物を運ぶ港の役割、博多港の歴史なども紹介しています。
さらに、ポートタワーの70mの展望室からは、360度の素晴らしい風景を楽しむことができます。

博多港について楽しく学べる「博多港ベイサイドミュージアム」と、市内が一望できる博多港のシンボル「博多ポートタワー」、入場はなんと無料です。



  
ポートタワーのイラスト画像 「お知らせ」のテキスト画像

博多ポートタワー・博多港ベイサイドミュージアムの休館について
現在、博多ポートタワー及び博多港ベイサイドミュージアムを 休館 しております。
みなさまにはご不便をおかけしますが、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

※再オープンの時期につきましては、確定後に改めてお知らせいたします。 

  










博多港ベイサイドミュージアム

博多港が果たしている役割を楽しく学べるミュージアムです。
※現在は休館中のため、ミュージアムには入れません。




わたしたちの博多港

世界の港と結ばれた博多港のさまざまな顔を紹介します。

  

物を運ぶ港・人を運ぶ港

暮らしや経済を支える博多港をパネルや模型で紹介します。
コンテナクレーン体験もできます。

   

アイランドシティのみなとづくり・まちづくり

未来のまち、アイランドシティについて紹介します。

 

船と港の知識

船や博多港について楽しく学べるコーナーです。

  

港のあゆみ

博多港の歴史を、交易船の変遷を通じて紹介します。

  

博多ポートタワー

博多港のシンボルとして親しまれている博多ポートタワー。
地上70mの展望室からは360度の大パノラマを望むことができます。
リニューアルで窓ガラスも網入りガラスから強化透明ガラスへ変更し、より見えやすくなりました。
※現在は休館中のため、展望室には入れません。

■船の無線局 港に出入りする船の動きを他の船に伝える「博多ポートラジオ」。船の安全な運航に欠かせない重要な存在です。■展望室 博多港に浮かぶ島々や港を行き交う船、活気あふれる福岡のまち。目の前に広がるダイナミックな風景に思わず歓声が!■美しい夜景が広がる夜の港 美しくライトアップされた博多ポートタワーやベイサイドプレイス博多の夜景も、福岡で人気の顔のひとつです。


ライトアップ

令和2年に改修工事を行い、博多ポートタワーのライトアップが新しくなりました!
フルカラーLED照明で、タワー全体を様々な色でライトアップすることができます。
季節やイベントに合わせた演出を行っています。


画像:博多ポートタワー ブルー      画像:博多ポートタワー オレンジ

春夏は爽やかなブルー、秋冬は温かみのあるオレンジにライトアップしています。


本日のライトアップ


レッド



12月1日は「世界エイズデー」です。
HIV感染者・エイズ患者への理解と支援の象徴である
「レッドリボン」にちなみ、赤色ライトアップします。



そのほか、市の主催イベントなど、様々なイベントにて、特別ライトアップを予定しています。

様々な色のポートタワーの写真



所在地

〒812-0021 福岡市博多区築港本町14-1 

博多ポートタワー、博多港ベイサイドミュージアムへの略図

交通(アクセスページへ)