現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の港湾・アイランドシティの中の博多港の中の環境共生への取組みからバイオ燃料導入の実証実験について
更新日: 2024年7月18日

バイオ燃料導入の実証実験について

 博多港におけるバイオ燃料の普及を促進し、船舶や車両から排出されるCO2の削減を図るため、バイオ燃料導入の実証実験を進めております。


バイオ燃料活用実証事業 <令和6年度>

博多港のカーボンニュートラルポート形成に向けた取組みの一環として、車両から排出されるCO2の削減を図るため、環境局と港湾空港局が連携し、バイオ燃料を活用した実証事業を行います。


実証事業の概要

  • (1)実証車両 : 貨物車 6台
     内、1台はコンテナターミナル内のトレーラーヘッド(博多港ふ頭株式会社 所有)
     トレーラヘッドとは…コンテナ船からクレーンによっておろされたコンテナを、保管場所まで運んだり、反対に保管場所から船に積み込むために運んだりするため、コンテナターミナル内のみを走行する車両のことです。
  • (2)実証期間 : 令和6年7月12日 から 令和6年12月頃 まで (供給するバイオ燃料がなくなり次第終了)
  • (3)使用するバイオ燃料 : HVO(水素化処理油)、20%混合
  • (4)実証内容
     ・バイオ燃料を既存燃料である軽油と混合し、試験走行を実施
     ・バイオ燃料の使用によるエンジンへの影響の有無等を調査
  • (5)現場見学会(令和6年7月12日開催)
     実証事業を開始するにあたり、報道関係者向けに現場見学会を開催しました。

見学会の様子

実証事業に使用するトレーラーヘッド

▲実証事業に使用するトレーラーヘッド
 (全長:16.3m(荷台連結時)、幅:2.5m、高さ:2.9m)

トレーラーヘッドにバイオ燃料を給油しているところ

▲バイオ燃料の給油状況

トレーラーヘッドの作業状況

▲トレーラーヘッドの作業状況



市営渡船における実証実験 <令和6年度>


市営渡船におけるバイオ燃料導入の実証実験を行う事業者を募集します【募集終了】

博多港のカーボンニュートラルポート形成に向けた取組みの一環として、船舶から排出されるCO2の削減を図るため、市営渡船においてバイオ燃料導入の実証実験を行うこととしており、この度、事業者の募集を開始します。

1 募集の概要

■実証実験の内容

  • バイオ燃料を既存燃料(軽油)と混合し、試験航行を実施
  • バイオ燃料の使用による船舶への影響の有無等を調査

■事業者の決定方法

  • 応募事業者による入札(見積合わせ)により決定

2 スケジュール(予定)

  • 令和6年6月6日(木曜日) 参加要領等の公表
  • 令和6年6月20日(木曜日) 参加申請書の提出締切
  • 令和6年7月中旬頃 事業者決定
  • 令和6年8月~ 実証実験(試験航行)

3 その他

募集の詳細、募集に関する質問・回答は随時「各所管課が公募する競争入札、提案競技」のページに掲載致します。


市有船舶(清掃船)における実証実験 <令和5年度>


実証実験の概要

  • (1)対象船舶 : 福岡市所有 清掃船「第2かもめ」 (総トン数:19トン)
     清掃船とは…水域の環境保全や船舶の安全航行を確保するため、海上に浮遊する木の枝やゴミ等を専用の回収装置を用いて収集する船舶のことです。
  • (2)履行期間 : 令和5年9月14日 から 令和6年3月15日 まで
  • (3)受注者 : 豊田通商株式会社
  • (4)実証実験内容
     ・バイオ燃料を既存燃料である軽油と混合し、試験航行を実施
     ・バイオ燃料の使用による船舶への影響の有無等を調査
     バイオ燃料とは… バイオマス(生物資源)を原料とする燃料のことで、化石燃料を代替するカーボンニュートラルな燃料として利用拡大が期待されています。
  • (5)使用したバイオ燃料、混合割合
     脂肪酸メチルエステル(FAME) 、 約25%混合

実証実験の結果

  • 既存燃料(軽油)による運航と比較し、出力や操作性、燃料消費量に差異は認められず、既存の設備のままバイオ燃料の使用が可能であることが確認できました。
  • 試験航行後にエンジンを分解し、内部の部品等を調査した結果、汚損具合や機関内部への堆積物等についても、既存燃料使用時と比較し、差異は認められませんでした。


実証実験の様子



  バイオ燃料給油状況  

▲バイオ燃料給油状況:左側の青い船が清掃船、右側の緑の船が燃料補給船

  バイオ燃料の精製前後

▲実証実験で使用したバイオ燃料:受注者がグループ企業等から回収した廃食油を原料に精製したもの。
(左が回収段階の廃食油(植物油)、右が精製したバイオ燃料)