現在位置:福岡市ホームの中の観光・魅力・イベントの中の市関連のイベント・講座などの中のイベント情報一覧から今週末のおでかけ情報(イベント情報など)
更新日: 2019年10月17日

今週末のおでかけ情報(イベント、科学館、美術館・博物館情報など)

毎週木曜日更新。次回は、10月24日(木曜日)に更新予定です。

なお、天候等により、掲載している各イベントの開催日時、場所など変更になる場合がありますのでご注意ください。

◆天神に行く人の駐車場料金を割引!フリンジパーキング


1.イベント

天皇陛下御即位奉祝記帳所を設置します new

10月19日(土曜日)から10月25日(金曜日)※各区役所、出張所は10月22日(火曜日・祝日)から10月25日(金曜日)午前9時から午後5時

10月22日(火曜日・祝日)に即位礼正殿の儀が執り行われるにあたり,市民の皆さまが祝意を表す場として記帳所を設置します。お受けしました記帳につきましては、後日宮内庁にお届けします。なお、お祝いの品等はお預かりできませんのでご了承ください。

場所/福岡市役所(福岡市中央区天神1-8-1)、各区役所・出張所

関連リンク/天皇陛下御即位奉祝(記帳所の設置,施設の無料公開(開園))

志賀島金印まつり new

10月19日(土曜日)、10月20日(日曜日)

志賀島金印まつりのちらし画像

クイズに答えながら,志賀島を巡るスタンプラリー(志賀島クエスト),砂浜での宝探し・地引網体験や,美味しいものがいっぱいの産直市など,毎年人気のイベントに加えて,今年はあらたに,金印太鼓10周年Live,地元作家によるシカノシマルシェ,九州産業大学造形短期大学部の学生による似顔絵コーナーもあります。再現製作された純金製の『金印』も特別公開。

場所/志賀島(福岡市東区)

関連リンク/第13回志賀島金印まつり

博多灯明ウォッチング2019 new

10月19日(土曜日)午後6時から午後9時

博多灯明ウォッチング2019の画像

「博多灯明ウォッチング」は、「千灯明」という無病息災を願う長い歴史を持つ伝統行事をヒントに始まりました。博多の夜の風景を数万個の灯明で幻想的に照らし出す秋の風物詩です。今年は灯明の数が4万個を超え、博多部一帯を灯明の灯りで幻想的に照らします。灯がともる時間はわずか3時間あまりとたいへん短い祭りですが、 灯明に誘われるままに通りを歩くと、博多の町は普段と違った表情を見せてくれます。入場無料、事前申し込み不要。

場所/博多部一帯:御供所周辺地域、冷泉(櫛田神社)周辺地域、奈良屋周辺地域、大浜周辺地域、博多リバレイン周辺、東長寺、博多千年門周辺、JR博多駅周辺

関連リンク/第25回博多灯明ウォッチング2019(よかなびホームページ)

筑後川のめぐみフェスティバル new

10月19日(土曜日)午前10時30分から午後5時、10月20日(日曜日)午前10時から午後4時

福岡市役所西側ふれあい広場の写真とアユの塩焼きの写真

福岡都市圏は使用する水道水の約3分の1を筑後川の水に頼っています。その水の恩恵に感謝し、筑後川の水源地・流域の17市町村の米や野菜などの特産品を販売します。ウナギの炭火焼、アユの塩焼きなどが味わえるほか、物産品が当たる抽選会も行われます。また、天然水・海水淡水化水・水道水を飲み比べる利き水コーナーや、ステージイベントもあります。

場所/福岡市役所 西側ふれあい広場(福岡市中央区天神1-8-1

関連リンク/福岡市政だより令和元年10月1日号(5面に掲載)PDF

モンゴル民族楽器「馬頭琴」の演奏 new

10月19日(土曜日)午後3時~午後3時45分(予定)

演奏者の写真

今年で開館20周年の福岡アジア美術館のアートカフェで無料コンサートを開催します。モンゴルの大草原から誕生したモンゴル民族楽器「馬頭琴」を、福岡を中心に活動しているドラン馬頭琴楽団が演奏します。あたたかな音色で、悠久の大地を感じてみませんか?

場所/福岡アジア美術館 7階アートカフェ(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階

関連リンク/福岡アジア美術館「アジア美術、100年の旅」関連イベント(福岡市文化芸術振興財団ホームページ)

つきなみ講座特別編「小西コレクションとその魅力」福岡市美術館 new

10月19日(土曜日)午後3時から午後4時30分(30分前から受付開始)

仙厓展のちらし画像

毎月、福岡市美術館職員が、自分たちの専門分野や仕事、展覧会にかかわることをお話しする講座です。今回は、ゆるかわ魅力で大人気!「博多の仙厓さん」。現在開催中の企画展「仙厓―小西コレクション」についてお話します。企画展の観覧券(一般200円、高大生150円、中学生以下無料)が必要です。聴講無料、事前申し込み不要、定員は先着54名。30分前から受け付けを開始します。

場所/福岡市美術館 レクチャールーム(福岡市中央区大濠公園1-6

関連リンク

福岡市埋蔵文化財センター 令和元年度考古学講座「庚寅銘大刀の謎に迫る」 第4回「6・7世紀の集落動向ー元岡・桑原遺跡群を中心にー」 new

10月19日(土曜日)午後1時30分から午後3時30分

ちらし画像

「庚寅銘大刀」に記される「庚寅正月六日」は570年とされています。この時代、元岡古墳群G6号墳を擁する元岡・桑原遺跡群はどのような役割を担っていたのでしょうか?考古学的な見地から解説します。無料。事前申し込み不要。定員は先着200名。

場所/福岡市埋蔵文化財センター(福岡市博多区井相田2-1-94

関連リンク/福岡市埋蔵文化財センター 令和元年度考古学講座第4回「6・7世紀の集落動向ー元岡・桑原遺跡群を中心にー」

《開催日訂正》重要文化財指定記念講演会「庚寅銘大刀の謎に迫る」

開催日を誤って掲載していました。正しくは11月9日(土)開催です。お詫びして訂正いたします。

(正)11月9日(土曜日)午前10時から午後0時30分(開場は午前9時20分)

(誤)10月19日(土曜日)午前10時から午後0時30分(開場は午前9時20分)

重要文化財指定記念講演会のちらし画像

金象嵌による銘文によって考古学や古代史上の大発見となった「庚寅銘大刀」。大刀が実際に出土した「九州大学伊都キャンパス」で,その謎に迫るイベントを行います。記念講演会は、事前申し込み不要、無料で聴講できます。

場所/九州大学伊都キャンパス(福岡市西区元岡744 イーストゾーン大講義室2)

関連リンク

健康づくりフェスタふくおか2019 new

10月19日(土曜日)午前10時から午後5時、10月20日(日曜日)午前9時から午後4時

10月は「福岡市健康づくり月間」です!の画像

健康マルシェ(血圧、肺年齢、血管年齢の測定や体力測定、健康相談などの健康づくり体験コーナー)やウオーキングイベント(20日のみ)などを実施します。

場所/TNC放送会館1階イベントスペース・会館前広場(福岡市早良区百道浜2-3-2)

関連リンク/10月は「福岡市健康づくり月間」です

こども病院フェスタ new

10月19日(土曜日)正午から午後5時

こども病院フェスタのちらし画像

健康のことや病院の仕事を楽しく体験できるイベントがいっぱいです。本物のドクターカーに乗ってどんな機械があるのかのぞいてみたり、屋上にあがってヘリポート見学もできます。また、先生と一緒に「悪の秘密結社」を倒すヒーローショーもあります(午後0時30分、午後2時、午後3時30分、各15分)。入場無料、事前申し込み不要。

場所/福岡市立こども病院1階・2階(福岡市東区香椎照葉5-1-1

関連リンク/こども病院ホームページ

「日本 v 南アフリカ」ラグビーワールドカップ2019 パブリックビューイング new

10月20日(日曜日)

旧福岡県公会堂貴賓館の写真

ラグビーワールドカップ2019大会の準々決勝「日本 v 南アフリカ」の試合のパブリックビューイングを行います。舞鶴公園西広場では「ウェールズ v フランス」の試合も放映します。入場無料、事前申し込み不要。

場所/天神中央公園 西中洲エリア《旧福岡県公会堂貴賓館前》(福岡市中央区西中洲6-29)、舞鶴公園 西広場(福岡市中央区城内2-2

関連リンク

九州交響楽団メンバーによる弦楽四重奏 new

10月20日(日曜日)午後3時~午後3時50分(予定)

前回の様子の写真

今年で開館20周年の福岡アジア美術館のアートカフェで無料コンサートを開催します。九州交響楽団メンバーによる弦楽四重奏で、曲目は、エトリピカ/葉加瀬太郎、映画「アラジン」より ホールニューワールド/アラン・メンケンなど(曲目は都合により変更する可能性があります)。 楽器の音色や室内楽の魅力を、間近でお楽しみください。

場所/福岡アジア美術館 7階アートカフェ(福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階

関連リンク/福岡アジア美術館「アジア美術、100年の旅」関連イベント(福岡市文化芸術振興財団ホームページ)

秋の元気フェスタ in 臨海3Rステーション new

10月20日(日曜日)午前10時から午後3時

秋の元気フェスタのちらし画像

「リユース陶器市」「紙すき」「小物トレイ作り」「端材でマイはし作り」「フリーマーケット」などのイベントを行います。入場無料です。

場所/臨海3Rステーション(リサイクルプラザ)(福岡市東区箱崎ふ頭4-13-42

関連リンク/臨海3Rステーションホームページ

今津の伝統文化で留学生と地域が交流「今津人形芝居定期公演」 new

10月20日(日曜日)午後1時開場、午後1時30分開演

英語版「今津人形芝居資料」の画像

170年以上の歴史を誇る今津人形芝居(福岡県指定無形民俗文化財)は,福岡市西区の今津地区で,地域住民の一体となった支援のもと,続けられてきました。近年,九州大学の留学生を始め多くの外国人が西区を訪れていることから,この人形芝居鑑賞を1つのきっかけに地域住民と外国人との交流につなげたいという思いで,今年は初めて英語版の「今津人形芝居資料」を作成しました。公演は、入場無料です。

場所/福岡市西部地域交流センターさいとぴあ(福岡市西区西都2-1-1)

関連リンク

ZOOスポットガイド「放鳥舎とオランウータン」 福岡市動物園 new

10月20日(日曜日)午前11時から放鳥舎、午後1時15分からオランウータン

鳥とオランウータンの写真

大好きな動物のことがよくわかる「ZOOスポットガイド」。今回は放鳥舎とオランウータンです。生態やエサについて担当飼育員が楽しくご紹介します。当日どなたでも参加できます。開始時刻までに、獣舎前へお越しください。入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。天候不良や動物の体調により中止することがあります。あらかじめご了承ください。

場所/福岡市動物園 放鳥舎、オランウータン舎(獣舎1階)(福岡市中央区南公園1-1

関連リンク/福岡市動物園ホームページ

秋の盆栽展 福岡市植物園 new

10月18日(金曜日)から10月20日(日曜日)開園時間は午前9時から午後5時(入園は午後4時30分まで)

盆栽の写真

季節の盆栽を伝統的な床の間飾り形式で約20席展示。販売コーナーもあります。入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所/福岡市植物園 緑の情報館2階(福岡市中央区小笹5-1-1

関連リンク/福岡市植物園ホームページ

施設を無料公開(開園)します new

10月22日(火曜日・祝日)

即位礼正殿の儀が執り行われる10月22日(火曜日・祝日)に,次の施設を無料公開(開園)します。福岡市美術館《コレクション展示室の無料公開。9時30分~17時30分(入館は17時00分まで)》、福岡市博物館《常設展,企画展の無料公開。9時30分~17時30分(入館は17時00分まで)》、福岡市科学館《基本展示室の無料公開。9時30分~18時00分(入館は17時30分まで)》、福岡市動植物園《無料開園。9時00分~17時00分(入園は16時30分まで)》、「博多町家」ふるさと館《無料公開。10時00分~18時00分(入館は17時30分まで)》。

関連リンク/天皇陛下御即位奉祝(記帳所の設置,施設の無料公開(開園))

ムトゥ 踊るマハラジャ 映像ホール・シネラ new

10月22日(火曜日・祝日)から10月26日(土曜日)まで。※休館日・休映日除く

福岡市総合図書館映像ホール・シネラの写真

インド映画マサラムービーの伝説的傑作「ムトゥ 踊るマハラジャ」4K&5.1chデジタルリマスター版を上映します。観覧料は、大人600円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円。定員制。各回入替制。チケットはすべて当日券。前売り券はありません。チケットの販売は上映の1時間前からです

場所/福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1

関連リンク/特別企画「ムトゥ 踊るマハラジャ」(映像ホール・シネラホームページ)

FUKUOKA児童館フェスティバル new

10月22日(火曜日・祝日)午前11時から午後3時

FUKUOKA児童館フェスティバルのちらし画像

福岡の児童館がおもしろい!!児童館で活動している子どもたちによる歌やダンス・演奏などのステージ発表や、あいくる、他の児童館から楽しい遊びがいっぱいやって来ます!対象年齢は、小学生・中高生・幼児と保護者。参加無料、事前申し込み不要。

場所/エルガーラ・パサージュ広場(大丸福岡天神店)(福岡市中央区天神1-4-1)

関連リンク/「福岡市立中央児童会館 あいくる」ホームページ

第70回新作博多人形展 in HAKATA はかた伝統工芸館 new

~10月22日(火曜日)まで。午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)※最終日の展示は午後5時まで

はかた伝統工芸館の写真

今年4月に東京で開催された「第70回新作博多人形展」の出展作品を展示します。博多人形84点の中から、審査会で厳しい審査を経て、最高賞である内閣総理大臣賞をはじめ、権威ある各賞を受賞した作品15作品を展示します。入館無料。

場所/はかた伝統工芸館(福岡市博多区上川端町6-1)(櫛田神社横)

関連リンク/はかた伝統工芸館ホームページ

どんぐりの標本展 福岡市植物園 new

~11月10日(日曜日)まで。開園時間は午前9時から午後5時(入園は午後4時30分まで)

どんぐりの標本展の会場写真

「どんぐり」のなる木(ブナ科)の標本やパネルなどを展示します。入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所/福岡市植物園 緑の情報館2階(福岡市中央区小笹5-1-1

関連リンク/福岡市植物園ホームページ

台湾映画特集 映像ホール・シネラ

~10月19日(土曜日)まで。※休館日・休映日除く

福岡市総合図書館映像ホール・シネラの写真

福岡市総合図書館収蔵の台湾映画を特集します。上映予定作品は「恋人たちの食卓」「超級大国民」「熱帯魚」など。観覧料は、大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円。定員制。各回入替制。チケットはすべて当日券。前売り券はありません。

場所/福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(福岡市早良区百道浜3-7-1

関連リンク/台湾映画特集(映像ホール・シネラホームページ)

和の博多

~10月31日(木曜日)まで

筥崎宮の写真

歴史ある多くの寺社が残る「博多」を舞台に、伝統芸能、伝統工芸など「和」の魅力を楽しむことができる《まち歩き企画》「和の博多」を開催します!着物で訪れると特典が受けられたり、先着でオリジナルグッズがもらえる「和の博多」スタンプラリーなど。

関連リンク/和の博多始まります!~博多って,いい和ね~

福岡城下町サムライフェア-秋の陣

~11月3日(日曜日)まで。午前9時から午後5時

福岡城下町サムライフェア-秋の陣のイメージ画像

福岡城跡周辺エリアで「福岡城下町サムライフェア-秋の陣」を開催します。期間中は,様々なイベントを準備しておりますので,秋の福岡城をぜひお楽しみください。臨場感たっぷりのVRで戦国時代の合戦を体験できる「VRサムライ体験ゲーム」(無料)や「謎解きゲーム」など。

各イベントの開催日が異なります。詳細は関連リンクからご覧ください。

場所/福岡城跡周辺エリア等(福岡市中央区城内)

関連リンク/福岡城下町サムライフェア-秋の陣(福岡・博多の観光情報が満載!「よかなび」ホームページ)

日本一の山を目指して~明治の博多町人、富士登山の顛末~ 「博多町家」ふるさと館

~11月24日(日曜日)午前10時から午後6時(10月4日、10月11日から14日、10月19日は午後9時まで開館、入館は閉館時間の30分前まで)

「博多町家」ふるさと館の写真

明治時代が終わろうとする1910年のこと、博多町人総勢40数人が大団体旅行を決行。当時の新聞記事によれば、その旅程は富士登山を含み、北は仙台まで日本各地の人気の観光地を巡る旅であった。じつに25日間に及ぶ大団体旅行であったという。残された数少ない資料から、その顛末を探ってみる。入館料は、一般200円、中学生以下無料。

場所/「博多町家」ふるさと館(福岡市博多区冷泉町6-10)(櫛田神社正門鳥居前)

関連リンク/「博多町家」ふるさと館ホームページ

プチ展示「逸品紹介 Vol.53 古墳に供えられたおさかな」 福岡市埋蔵文化財センター

~11月下旬までの予定。午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)※月曜休館

埋蔵文化財センターの玄関には,展示室とは別の小さな展示ケースがあります。その展示ケースでは福岡市内で出土した「逸品」を随時展示しています。今回は、古墳時代の「魚骨の入った須恵器」をご紹介します。

魚骨の入った須恵器の写真

この須恵器の蓋・身のセットは西区の羽根戸古墳群で見つかりました。古墳は現在西部霊園の中に残っています。この須恵器は,中に何かを入れてお供えをしたようです。底部に何かくっついているのものは、分析の結果,淡水魚の骨でした。鯉か,フナの類と考えられています。骨は頭がなく,尾頭付きではありませんが,尾の骨が含まれています。椎骨は1匹分には足らず,切り身を入れたものと考えられます。この魚は,どんな思いを込めてささげられたのでしょうか?

入館無料。どうぞご来館ください!

場所/福岡市埋蔵文化財センター(博多区井相田2-1-94

関連リンク/埋蔵文化財センター玄関のプチ展示で,古墳時代の魚骨の入った須恵器を公開中! 




2.科学館・美術館・博物館情報

福岡市科学館中央区六本松4-2-1)※毎週火曜日休館

福岡市科学館の写真

ドームシアター(プラネタリウム)

 福岡市科学館独自のオリジナル番組や全国で放映中の人気番組を一般番組料金にてお楽しみいただけます。一般番組観覧料は、大人500円、高校生300円、小・中学生200円。


サイエンスショー

 科学をテーマに、様々なショーを実施します。目の前で繰り広げられるショーをお楽しみください。平日は1日2回、土曜日・日曜日・祝日、春休み、夏休み、冬休みなどの期間中は、1日6回サイエンスショーを実施します。


ものづくりプログラム

 ものづくり体験プログラムでは、身のまわりにある材料を使って、ものづくり体験をおこないます。土曜日・日曜日・祝日に実施します。


福岡市博物館早良区百道浜3-1-1

福岡市博物館の写真

福岡アジア美術館博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階

福岡アジア美術館の写真

福岡市美術館中央区大濠公園1-6

福岡市美術館の写真


3.交通案内

おでかけには、地下鉄などの公共交通機関をご利用ください。

福岡市地下鉄

福岡市営渡船

市内交通ガイド(福岡・博多の観光情報が満載!福岡市公式シティガイド よかなび)


4. 施設案内福岡市Webまっぷ福岡市バリアフリーマップ など)


5.そのほかのイベント情報