本文へジャンプ
みんなの!国保・医療・年金
福岡市ホームページへ
文字サイズ大中小
EnglishChineseKorean
サイト内検索
  • 国民健康保険制度
  • よかドック(特定健診)
  • 後期高齢者医療制度
  • 医療費助成制度
  • 国民年金制度
現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の健康・医療・年金からモバイルレジについてのQ&A
ここから本文

モバイルレジについてのQ&A



モバイルレジとは何ですか?

 納付書に印字されているバーコードを携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影し、モバイルバンキングまたはインターネットバンキング(スマートフォンに対応している金融機関に限る。)を利用して納付ができるサービスです。


利用するためには何か手続が必要ですか?

 ご利用の金融機関にモバイルバンキングまたはインターネットバンキングの申込と携帯アプリのダウンロードが必要です。
※あらかじめ、モバイルレジ対応の金融機関であるか下記のモバイルレジサイトよりご確認ください。


利用する場合、手数料はかかりますか?

振込手数料は無料です。ただし、パケット代等の通信料はかかります。


モバイルレジが利用できる携帯電話や金融機関は?

下記のモバイルレジサイトよりご確認ください。


利用後の引き落としはいつになりますか?

振込を実行した時点で即座に口座から引き落とされます。


領収証書は発行されますか?

本市や金融機関では領収証書の発行は行いません。モバイルバンキングの取引明細や通帳記帳によりご確認ください。


パソコンから利用できますか?

パソコンからの利用はできません。


どの納付書でも利用できますか?

 本市でモバイルレジに対応している納付書は、国民健康保険料と市税の納付書のみです。また、納付書に印字されているバーコードにはそれぞれ有効期限がありますので、利用時期によっては、バーコードが読み込めないことがあります。


取扱金融機関なのに利用できないのはなぜですか?

 金融機関によっては、携帯電話またはスマートフォンのどちらか一方のみの対応の場合があります。ご利用の金融機関の取扱いについては、下記のモバイルレジサイトよりご確認ください。


納付義務者とモバイルバンキングの契約者が違いますが、利用できますか?

モバイルバンキングの契約者であれば納付義務者でなくても利用できます。(国民健康保険料及び市税に限る。)


同じ納付書で2回納付してしまうことはないですか?

 モバイルレジでは、同じバーコード情報を読み込むことがないため、2回納付する心配はありません。ただし、同一の年度と期別で再発行などした別の納付書の場合、バーコード情報が異なるため、納付を受け付けますのでご注意ください。



リンク

モバイルレジサイトへのリンク画像

(外部サイトへ)



Copyright(C) Fukuoka City Hoken Nenkin. All rights reserved.