現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の高齢・介護の中の地域包括ケアシステムの推進から令和4年度 マイエンディングノートを配布しています
更新日: 2022年7月27日

令和4年度 マイエンディングノートを配布しています


市では市民のみなさんが人生の最期まで自分らしく生きるため、必要なことや考えをまとめるための「マイエンディングノート」を作成し、情報プラザ(市役所1階)、各区役所(情報コーナー)、入部・西部出張所などで配布しています。
※数に限りがありますので、予めご了承ください



マイエンディングノートに関するアンケート


今後の地域包括ケアの取組みの参考とさせていただくため、マイエンディングノートを受け取られた方に、アンケートのご協力をお願いしています。(所要時間約2分)

下記リンクより、ご回答お願いいたします。
「マイエンディングノート」に関するアンケートはこちら


マイエンディングノートとは


あなたのこれまでの人生、これからの人生、自分の望む人生を最期まで自分らしく生きるために。
必要なことや、考えをまとめるお手伝いをするのがこのノートの役割です。
テーマに沿って書きすすめるうちに、思いを自然と整理できるようになっています。
また、書いたことを元に、家族やかかりつけ医など周囲の人としっかり話し、理解してもらうことも、最期まで自分らしく生きるためにはとても大切なことです。
これからやりたいこと、行きたい場所、会いたい人を思いつくままに書いてください。       
さあ、ペンを取って、あなたらしい人生について考えてみましょう!

※マイエンディングノートは、株式会社ジチタイアドと協働で発行しています。



ゆっくりと楽しみながらあなたの思いを書いてください。
高齢期のライフイベントに伴う変化と希望を支えるサービスの一例など、これからの参考としていただける情報も掲載しています。


配布場所

情報プラザ(市役所1階)、各区役所(情報コーナー)、入部・西部出張所など
※表紙画像の下に記載しているリンクをクリックし、データ(PDF)をダウンロードすることもできます   


終活応援セミナーのお知らせ

終活を始めたいけど何から手をつけてよいか分からない。エンディングノートを書こうとしても、何を書いたらいいのか分からない。どこから書いていけばいいのか分からない。
そのような方を対象に、エンディングノートの使い方を紹介するセミナーを動画で公開します。
終活の一つとして、エンディングノートを書いてみようと思われている方、終活を勧めたいと思っている方にぜひ見ていただきたい内容となっています。

令和4年度 第1回終活応援セミナー(動画配信)のお知らせ
※セミナーは上記リンク先からご視聴いただけます


もしもの時に備えて話し合おう~自分らしく過ごすためのACP~


予期せぬ大きな病気や怪我により、生活環境や心身の状況が大きく変わることは、年齢を問わずに誰にでも起こり得ます。そんな時にも自分らしく過ごすためには、希望する生き方や治療方針などを事前に伝えておく必要があります。
西区地域保健福祉課が作成したリーフレットを参考にACP(アドバンス・ケア・プランニング)について、考えてみませんか。


表紙

「もしもの時のに備えて話し合おう ~自分らしく過ごすためのACP~」  (782kbyte)pdf
※リーフレットは、上記をクリックしてダウンロードできます

西区役所のACPの取組みについての詳細はホームページをご覧ください。
西区役所ホームページ



このページに関するお問合せ

福岡市福祉局高齢社会部地域包括ケア推進課
住所:〒810-8620福岡市中央区天神1丁目8-1
電話番号:092-711-4373 
FAX番号:092-733-5587