現在位置:福岡市ホームの中の救急医療・消防の中の福岡市消防局の中の安全安心情報から放火マップを活用して,放火されにくい環境づくりを|福岡市消防局
更新日: 2020年4月7日

放火マップを活用して,放火されにくい環境づくりを|福岡市消防局

「放火」が,毎年多数発生しています

 福岡市内の火災原因を見てみると,平成元年から令和元年までの間,平成29年を除き,放火(放火の疑い含む)は火災原因第1位となっています。

円グラフで,火災の原因の約2割が放火であることを示しています

 令和元年中の全火災中,「放火」 または 「放火の疑い」が占める割合=19.5%



放火は,地域に関係なく発生しています

区ごとの放火件数のグラフで,どこの区でも起きていることを示しています


放火は,夜遅くから未明にかけて発生する傾向があります


<過去10年の時間帯別発生状況>


時間別の発生件数グラフで, 放火の多くが,夜21時から翌朝3時の時間帯に発生していることを示しています

 放火の多くが,夜21時から翌朝3時の時間帯に発生しています。



各行政区ごとの放火マップ(JPG)