現在位置:福岡市ホームの中の救急医療・消防の中の福岡市消防局の中の講習から救命講習|福岡市消防局
更新日: 2021年7月16日

救命講習のご案内

 もし目の前で突然人が倒れ、心臓や呼吸が止まっていた場合、何もしないでいると、その人の命は急速に失われていきます。

 救急車が到着するまでの間、その場に居合わせた人の応急手当がその人の救命にとって大変重要になります。

 消防局では、ひとりでも多くの命を救うため、心肺蘇生法やAED(自動体外式除細動器)の使用法、大出血時の止血法など応急手当に関する救命講習を実施しています。

 あなたの大切な人の命を救うため、ぜひ救命講習に参加して、正しい知識と技術を身につけましょう!



お申し込み時の注意事項

  • ・福岡市内に在住または通勤・通学をされている方が対象となります。
  • ・受講料は無料です(応急手当普及員講習は事前にテキストの購入が必要になります)。
  • ・受講には事前の申し込みが必要です。定員に達し次第、受付を終了します。
  • ・どちらの講習からでも受講していただいて構いません(救命入門コースを受講していなくても、普通救命講習等を受講することができます)。
  • ・お申し込み後のキャンセルや当日の欠席については、各申し込み先に御連絡ください。
  • ・やむを得ない事情(自然災害や新型コロナウイルス感染症の感染状況等)のため、講習会が中止になる場合があります。
  • ・お申し込みは電子申請(インターネット)又は各申し込み先にお電話で!

    ※各消防署へのお電話での申し込みは、救急出動等で不在にすることが多いため、インターネット環境がある方は電子申請での申し込みをお勧めしてます。


 ⇒インターネット(電子申請)からのお申し込みはこちら



令和3年度 救命講習の内容 (日程、講習会場、各申し込み先など)

受講を希望する、表中の講習種別をクリックして、日程や講習会場、申し込み先などをご確認ください。


令和3年度 救命講習の内容
講習種別 講習時間 講習内容など 修了証等
の交付
救命入門コース (215kbyte)pdf
救命入門コース(夜間) (302kbyte)pdf
90分・応急手当の入門編。短時間で成人に対する胸骨圧迫とAEDの使用法が学べます。
・夜間講習(午後7時から開始)も行っています。
参加証
普通救命講習1 (215kbyte)pdf3時間
・成人に対する心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、AEDの使用法、止血法などが学べます。修了証
普通救命講習3 (302kbyte)pdf3時間
・小児、乳幼児に対する心肺蘇生法、AEDの使用法、止血法などが学べます。修了証
上級救命講習 (302kbyte)pdf8時間
・成人及び小児、乳幼児に対する心肺蘇生法、AEDの使用法、止血法などが学べます。
・筆記及び実技試験があります。
修了証
応急手当普及員講習 (388kbyte)pdf24時間
(3日間)
・救命講習の指導者になるための講習です。
 (自ら救命講習を計画・実施し、修了証等が発行できるようになります。)
・市内の事業所や地域で救命講習の指導できる方(概ね18歳以上)が対象になります。
・応急手当の基礎的な知識や技能のほか、講習会の指導要領などが学べます。
「1日目」と「2・3日目」(連続2日間)と分割して実施します。⇒詳細はこちら (126kbyte)pdf
・事前に講習テキストの購入が必要です。(消防局で販売はしておりません。)
 ⇒講習テキストの購入についてはこちら (309kbyte)pdf
認定証
応急手当普及員再講習 (302kbyte)pdf3時間
・応急手当普及員の有資格者を対象とした講習です。
・応急手当普及員は前回受講から3年以内に再講習の受講が必要です。
 3年以上経過した場合は、資格が失効します。
なし
応急手当WEB講習約1時間
・インターネット上で応急手当の基礎知識が学べます。
・受講後、実技2時間講習を受講することで普通救命講習1の修了証が発行されます。
 (団体での出張講習のみ対応しています。個人向けには行っていません。)
受講
証明書

 各講習会場の詳細については,救命講習会場一覧 (218kbyte)pdf からご確認ください。


オンライン学習コンテンツ

救命講習を受講する前の予習や講習受講後の復習用としてご覧ください。



出張救命講習

受講者が20名以上など、一定の要件を満たせば市内の事業所や地域での出張救命講習も行っています。


出張して行う救命講習は

救命入門コース(90分)、普通救命講習1(3時間)、普通救命講習3(3時間)、WEB講習(実技2時間)です。


日程調整など事前の打ち合わせが必要になりますので、まずは消防局救急課までお問い合わせください。


★出張救命講習のお問合せ・申込先★

 TEL:092-725-6574 (平日9時から17時)



消防出前講習

 福岡市民防災センターでも応急手当の講習(消防出前講習)を行っております。

 主な要件:概ね10名以上~50名未満,福岡市内の事業所や団体等

 ※ 「修了証」等を取得できる資格講習「救命講習」ではありません。


 申込・お問合せについてはこちら



★講習を受講する際の注意事項★

 〇受講者はマスクを持参・着用してください。

  ※マスクをされていない場合,受講をお断りする場合があります。


 〇風邪の症状や、37.5℃以上の発熱がある方については、受講をお控えください(会場でも体温測定します)。

 〇会場への入室前にアルコールによる手指消毒を行ってください。

 〇人工呼吸については指導者の展示のみとし、受講者の実技は行いません。

 〇講習中の咳エチケット、講習終了後の手洗い・うがいをお願いします。



★感染予防対策★

〇会場は受講者同士が密集しないよう、身体的距離(1m以上)をとります。

〇受講者は、マスクの着用をお願いします。

会場内の全景の写真 身体的距離(1m以上)をとり、マスクを着用している受講者の写真 
 

〇会場へ入室時、アルコールによる手指消毒を実施していただきます。

会場へ入室時,アルコールによる手指消毒をする写真(前から) 会場へ入室時,アルコールによる手指消毒をする写真(手元) 

〇指導者も身体的距離に注意し、指導を行います。

指導者も身体的距離に注意し指導を行っている写真

〇人形を使用後、アルコールによる消毒を適宜行います。

人形を使用後,アルコールによる消毒を適宜行う写真(前から) 人形を使用後,アルコールによる消毒を適宜行う写真(手元) 

〇会場については,窓を開けた換気ができる状態を確保し,定期的(30分~60分毎)に換気します。

窓を開けた換気をしている会場の写真


新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による救急蘇生法について

 新型コロナウイルス感染症の流行を受け、厚生労働省より指針が発表されました。(令和2年5月22日)

 新型コロナウイルス感染症の流行を踏まえた市民による救急蘇生法について(指針) (79kbyte)pdf