現在位置:福岡市ホームの中の防災情報トップの中の備えるからマイ・タイムラインを作成しよう
更新日: 2021年11月17日

マイ・タイムラインを作ろう

マイ・タイムラインとは?

マイ・タイムラインとは、大雨や台風などの災害に備え、自分自身と家族がとる行動をあらかじめ決めておくものです。
記入例を参考に、マイ・タイムラインを作成しましょう。

【ダウンロード】
マイ・タイムライン作成シート  (782kbyte)pdf
マイ・タイムライン作成シート(記入例)  (872kbyte)pdf

画像:我が家の避難計画「マイ・タイムライン」の記入例

マイ・タイムラインを作成する手順

1 ハザードマップを確認する

自分の住んでいる地域に起こりうる災害を確認しましょう。
福岡市総合ハザードマップ(別サイト)


2 避難場所を決める

安全な場所は、災害の種類や規模によって異なります。無理して屋外に出るよりも自宅にとどまることが安全な場合もあります。ハザードマップを確認し、状況に応じて、避難所、親類・知人宅等の避難場所を決めておきましょう。


3 避難情報等を理解する

高齢者や障がいのある人など、避難に時間がかかる人は、警戒レベル3「高齢者等避難」までに避難してください。
その他の人も、警戒レベル4「避難指示」までに必ず避難してください。
※警戒レベル5「緊急安全確保」の発令を待ってはいけません。
詳しくは、避難情報について(高齢者等避難・避難指示・緊急安全確保)


4 情報収集の手段を確認する

市から発信する情報媒体は、福岡市防災ホームページ、福岡市防災アプリのツナガル+(プラス)、福岡市防災メール、福岡市LINE公式アカウントがあります。状況に合った媒体を活用して、最新の情報を収集しましょう。アプリ、メール、LINEは事前の登録をお忘れなく!
詳しくは、登録する (防災アプリ、防災メール、LINE公式など)
※その他、TV、ラジオ、YAHOO!JAPAN防災速報アプリ、緊急速報メール等があります。


5 必要な物を備える

いざという時のために、最低でも3日分の食料や水、生活物資を備蓄しておきましょう。
また、自宅からの避難に備えて、背負える程度の必要最小限のものをリュック等にまとめて、すぐに取り出せる場所に置いておきましょう。避難所等へ避難する際は、感染症対策グッズもお忘れなく。
詳しくは、家庭での備蓄、非常持出品