現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の選挙・監査の中の選挙の中の重要なお知らせから政治活動のために使用する事務所に係る立札及び看板の類に表示する証票について
更新日: 2020年7月27日

政治活動のために使用する事務所に掲示する立札及び看板の類に表示する証票について

 福岡市長選挙及び福岡市議会議員選挙の立候補(予定)者(現職を含む。以下,「候補者等」という。)並びにその後援団体が政治活動のために使用する事務所に掲示する立札及び看板の類には,公職選挙法第143条第17項の規定により,福岡市選挙管理委員会が交付する証票を表示する必要があります(違反した場合の罰則:同法第243条)。

 証票が必要な場合には,下記の通り証票交付申請を行ってください。


1 申請方法

(1) 候補者等

 2(1)に掲載している「証票交付申請書(候補者等用)」に記入・捺印のうえ,福岡市選挙管理委員会事務局までご持参ください(郵送不可)。

  • ※ 申請書を持参される方は,候補者等本人でも代理の方でも構いません。また,念のため候補者等の印鑑(申請書に捺印したもの)をご持参ください。

(2) 後援団体

 2(2)に掲載している「証票交付申請書(後援団体用)」に記入・捺印のうえ,福岡市選挙管理委員会事務局までご持参ください(郵送不可)。

  • ※ 申請書を持参される方は,代表者でも代理の方でも構いません。また,念のため代表者の印鑑(申請書に捺印したもの)をご持参ください。
  • ※ 申請にあたっては,あらかじめ候補者等の同意を得る必要があります。申請書に候補者等の押印を受けてください。

2 証票交付申請書

(1) 市議会議員選挙

ア 証票交付申請書(候補者等用)

(2) 市長選挙

ア 証票交付申請書(候補者等用)

3 その他

(1) 証票の有効期限

平成34年(2022年)6月30日


(2) 掲示できる立札及び看板の類の数

  • ア 候補者等の政治活動用事務所に掲示できる立札及び看板の類の数           
    • 福岡市長選挙の候補者等・・・・・・・・・・・10枚(1事務所につき2枚まで)         
    • 福岡市議会議員選挙の候補者等・・・・・・・・6枚(1事務所につき2枚まで)
  • イ 後援団体の政治活動用事務所に掲示できる立札及び看板の類の数
     (同一の候補者等に係る後援団体が複数ある場合は,そのすべてを通じて次の数以内)
    • 福岡市長選挙の候補者等の後援団体・・・・・・10枚(1事務所につき2枚まで)         
    • 福岡市議会議員選挙の候補者等の後援団体・・・6枚(1事務所につき2枚まで)

(3) 掲示できる立札及び看板の類の規格

「縦(横)150cm×横(縦)40cm」以内(脚がある場合は,脚の部分を含む。)

画像:掲示できる立札及び看板の類の規格

(4) 注意事項

1 構造上から見て立札・看板と認められないものは掲示できません。
 ※ ネオンサイン・電光を使用したものや三角柱状にしたものなどは使用できません。

画像:立体的な構造の看板は設置できません。

2 窓ガラス等に貼ったポスターやステッカー等の表示も,立札・看板の類として規制を受ける場合があります。


3 立札・看板を両面使用する場合には表・裏で2枚とみなされ証票も両面に必要となります。


4 各々の看板は規格以内であっても,2枚で一体とみなされる場合は,規格違反となる場合があります。

画像:各々の看板は規格以内であっても,2枚で一体とみなされる場合は,規格違反となる場合があります。

5 政治活動のために使用する事務所以外の畑,田んぼ,空き地その他の事務所として実態のない場所に掲示することはできません。


6 記載内容は選挙運動にわたるものであってはいけません。
 ※ 「○〇党公認○○○○」「○〇選挙立候補予定者○○○○」といった内容のものは記載できません。
 ※ スローガンを書き込む場合は選挙運動とみなされないものに限ります。


7 選挙期日の告示日より前に掲示した立札・看板は,選挙期間中も掲示しておくことができますが,選挙期間中に新たに掲示したり,立札・看板を異動することはできません。


(5) 罰則

 証票交付の手続が取られていない場合や有効期限切れの証票を使用している場合などは,公職選挙法第243条により2年以下の禁固又は50万円以下の罰金となる場合があります。


4 申請場所

福岡市選挙管理委員会事務局(福岡市役所議会棟6階)

住所:福岡市中央区天神一丁目8番1号
電話番号:092-711-4682


申請書ダウンロード

所在地変更届や証票再交付申請書の様式ダウンロードはこちら