現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の農林水産・食の中の農業委員会から遊休農地の解消について
更新日: 2021年5月13日

遊休農地の解消について



 食料の安定供給のうえで最も基本的な生産手段である農地を利用せず、遊休農地化することは重要な資源の非効率な利用というほかに、雑草や病虫害の発生を招いたり,イノシシなどの進入経路等になりやすく、周囲の耕作地への悪影響も懸念されます。
 農地の所有者には、耕作利用や草刈による管理が求められます。




遊休農地の調査

 農業委員会では、年一回市内全ての農地について、遊休農地の有無を調査しています。
 農地利用状況調査は通称農地パトロールといい、農地利用最適化推進委員と農業委員が連携して現地調査を行っています。




遊休農地の発生防止(農地の流動化)

 農地が遊休農地、さらに荒廃農地になってしまうと、復旧には時間や費用がかかります。荒れてしまう前に、他の農業者へ貸し出すことで農地を農地として維持することができます。貸し出しの希望や貸し出しが可能な農地がありましたら、区域の農地利用最適化推進委員や農業委員会事務局にお知らせください。


 福岡市農業委員会の遊休農地発生防止対策については「遊休農地の発生防止対策について」をご覧ください。




遊休農地のあっせん

 現在遊休農地である、あるいは近い将来遊休農地になりそうな農地を誰かに借りてもらいたい、逆に規模拡大したいけれどどこかに遊休農地はないだろうか。
 そのようなときには農地中間管理機構を利用する方法があります。機構は「信頼できる農地の中間的受け皿」としての公的機関です。


  • 賃料は確実に支払われます。
  • 耕作放棄地になる心配もありません。
  • 転貸先の農家と個別に交渉する必要はなくなります。
  • 契約期間終了後,継続を希望しない場合はその農地が返還されます。
    などのメリットがあります。


リンク

 農地中間管理機構(農地バンク)とは 農林水産省




遊休農地の解消助成

 遊休農地を賃借等により長期間(5年以上)の耕作利用を予定される場合、農地へ復旧する際の再生作業(整地,土づくり)等の費用の一部を助成する制度があります。助成を受けるための手続きや条件については、農林水産局政策企画課にご相談ください。



ダウンロード

耕作放棄地再生事業 (671kbyte)pdf 



リンク

農林水産省ホームページ 耕作放棄地解消事例集




(参考)農地ナビについて

農業の経営規模の拡大や新規参入を考えている方など、農地を借りたい方は、「全国農地ナビ」を活用して、希望する地域の農地や機構が借り手を探している農地の情報などが確認できます。
「全国農地ナビ」はパソコン・スマートフォンなどを利用して、いつでも・どこでも・誰でも閲覧可能です。



リンク

外部リンク「全国農地ナビ」




ーお問い合わせ先ー




ページの頭へジャンプします