現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の職員募集・職員人事の中の市職員募集から勤務条件・福利厚生
更新日: 2021年3月8日

勤務条件・福利厚生

配属先 | 休日・勤務時間 | 福利厚生 | 昇任 | 給与・諸手当 | 住居 | 夜間大学進学 | 職業生活と家庭生活の両立支援 | 未来の姿(職員インタビュー)



【配属先】

 新規採用職員は、研修後、市民と接する部署等に配属されます。できるだけいろいろな仕事を経験してもらうため、3~5年程度をめどに局・区(消防吏員は、消防本部・消防署)にわたる人事異動を行っています。
 事務職の場合は市長部局等の全部局に、技術職の場合は基本的にはそれぞれの専門に応じた部局に配属となります。職員はやってみたい仕事や異動先を具体的に自己申告し、それを異動の際の参考としています。



【休日・勤務時間】

 休日は土曜日・日曜日(完全週休2日制)、祝日、年末・年始です。消防吏員など、交替制勤務に従事する職員は、休日が異なります。
 有給休暇は、年次休暇が1年につき20日あり、20日間を限度として次年度に繰り越すことができます。そのほか特別休暇(夏季、結婚休暇など)があります。
 勤務時間は原則として午前8時45分から午後5時30分までです。 休日・勤務時間は、職場によって異なる場合があります。



【福利厚生】

 病気やけが・出産・結婚などのときに給付を行う事業や健康診断の実施、生活や住宅取得などのための各種貸付、余暇活動の支援事業などを行っています。
 そのほか、職員相互の親睦を深めるために、各種スポーツ大会や文化事業等を実施しています。また、文化・体育の各種サークルが和気あいあいと活動しており、仕事以外でも交流を深めています。



【昇任】


・行政事務・行政技術の場合

係員(1・2級職員) → 主任(3級職員) → 総括主任(4級職員) → 係長 → 課長 → 部長 → 局・区長      


・消防吏員の場合

隊員(1級職員) → 副小隊長(2級職員) → 小隊長(3級職員) → 係長 → 課長 → 部・署長 → 局長



【給与・諸手当】

※最新の情報は各募集案内をご確認ください。
 下の表は新卒者を例にとった給与月額(給料+地域手当)で、上位の学歴や経験年数を有する人は、一定の基準により加算されることがあります。
 このほかに条例などの定めるところにより、扶養手当、通勤手当、住居手当、期末・勤勉手当(ボーナス)などが支給されます。期末・勤勉手当は年2回、6月と12月に支給されます(令和2年度支給実績:4.45月分/年)。


 採用給与月額(令和3年1月1日現在)
募集区分
給与月額
上級(大学卒業程度)197,230円
中級(短大卒業程度)174,020円
初級(高校卒業程度)159,280円
消防吏員A(大学卒業程度)210,210円
消防吏員B(高校卒業程度)175,670円
獣医師218,900円
保健師(大学卒業の場合)205,920円
保育士(短大(2年)卒業の場合)174,020円


【住居】

 寮はありませんが、自身の名義でアパートなどを借り受け、一定額の家賃を支払っている場合、その家賃額に応じて住居手当が支給されます。



【夜間大学進学】

 市役所で働きながら、夜間大学に通うこともできます。また、卒業した場合には給与月額が増額されることがあります。毎年数名の職員が夜間大学に進学しています。



【職業生活と家庭生活の両立支援】

 ワーク・ライフ・バランスを推進するため、産前産後休暇をはじめ、育児休業、育児短時間勤務、子の看護休暇など、子育て支援のための制度を設けています。また、「福岡市特定事業主行動計画」を策定し、育児休業や年次有給休暇などについて職員の取得数値目標を設定したり、毎週水曜日のほか、毎月「1~7日(い~な)ふくおか・子ども週間」を定時退庁週間とするなど、様々な職場環境の整備を行っています。
 それに加えて、時間外勤務の上限規制の導入や、終業時間から始業時間まで9時間以上の休息時間を設ける勤務時間インターバルルールの設定など、「短時間で成果を出し、定時で帰る」働き方への転換に向けた取組みを推進しています。



未来の姿  ~係長からのメッセージ~】

未来の姿~係長からのメッセージ~  「市民の幸せ」が、常にベースにある。 行政事務(行政)小島〈平成20年度入庁〉 環境局 環境政策部 環境・エネルギー対策課 Q1 現在の業務内容を具体的に教えてください。A 電気自動車等の普及促進をはじめ、温暖化対策事業を行っています。Q2 現在の業務の中で一番やりがいのあるところを教えてください。A 脱炭素社会の実現に向けて、国内外で地球温暖化対策が進められています。このような取り組みに仕事を通じて貢献できているところです。Q3 市職員として働く魅力はどのような点だと思いますか? A どんな仕事も「市民の幸せ」がベースにある点です。このベースがあるからこそ、どの職場でも前向きに取り組むことができていると思います。また仕事の幅も広く、変化し続けている福岡市という組織の中で、常に新しい経験ができるところにも魅力を感じます。Q4 職場をまとめるうえで心がけていることがあれば教えてください。A 日頃から声かけを行って、情報を共有することです。また、職員一人ひとりの成長につながるよう良い点は承認し、職員に合わせた新たな課題を与えることも心掛けています。Q5 働くうえで気をつけていることや、 大切にしていることを教えてください。A 「思い」を持って仕事をすることです。事業がより良く推進できるよう、一つひとつの案件に対してしっかり考えるようにしています。また、周りへの感謝の気持ちは言葉にして伝えるようにしています。Q6 これから福岡市職員を目指す人への メッセージをお願いします。A どんな仕事に就くか、どんな風に仕事と向き合うかで人生は変わると思います。ぜひ一緒に、仕事を通して人生の大切な時間をより良い時間にできたらいいなと思います。Q7 休みの日の過ごし方、仕事以外で熱中していることについて教えてください。 A 福岡市には、家族で楽しめる場所がたくさんあります。休日は、子どもと公園で遊んだり、ランチに出掛けたりして楽しんでいます。Q8 仕事とプライベートを両立するために工夫していることや、 大切だと思うことを教えてください。A 仕事は優先順位や効率を意識しています。また、仕事の見える化を心掛け、上司や部下と情報共有をしておくことで、職員同士いつでもサポートし合えるようにしています。ある1日のスケジュール 8時45分 出勤、メールチェック  9時 資料作成、確認、協議  10時30分 事業所訪問  12時 昼休み  13時 係ミーティング  14時 資料作成、確認、協議 17時30分 退庁 これまで経験した部署 H20~H22 博多区保健福祉センター保護課 (生活保護のケースワーカー)  H23~H26 総務企画局人事部研修企画課 (職員研修)  H27~H30 総務企画局行政部行政マネジメント課 (行政運営プラン、指定管理者制度運用)



「福岡市職員募集ホームページアンケート」を実施中です。
福岡市職員募集ホームページの改善のため、ご意見・ご要望をお聞かせください。
 福岡市職員募集ホームページアンケート



→福岡市職員募集トップページに戻る