現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の職員募集・職員人事の中の市職員募集から勤務条件・福利厚生
更新日: 2022年3月1日

勤務条件・福利厚生

配属先 | 休日・勤務時間 | 福利厚生 | 昇任 | 給与・諸手当 | 住居 | 夜間大学進学 | 職業生活と家庭生活の両立支援 | 未来の姿(職員インタビュー)



【配属先】

 新規採用職員は、研修後、市民と接する部署等に配属されます。できるだけいろいろな仕事を経験してもらうため、3~5年程度をめどに局・区(消防吏員は、消防本部・消防署)にわたる人事異動を行っています。
 事務職の場合は市長部局等の全部局に、技術職の場合は基本的にはそれぞれの専門に応じた部局に配属となります。職員はやってみたい仕事や異動先を具体的に自己申告し、それを異動の際の参考としています。



【休日・勤務時間】

 休日は土曜日・日曜日(完全週休2日制)、祝日、年末・年始です。消防吏員など、交替制勤務に従事する職員は、休日が異なります。
 有給休暇は、年次休暇が1年度につき20日あり、20日間を限度として次年度に繰り越すことができます。そのほか特別休暇(夏季休暇、結婚休暇など)があります。
 勤務時間は原則として午前8時45分から午後5時30分までです。 休日・勤務時間は、職場によって異なる場合があります。



【福利厚生】

 病気やけが・出産・結婚などのときに給付を行う事業や健康診断の実施、生活や住宅取得などのための各種貸付、余暇活動の支援事業などを行っています。
 そのほか、職員相互の親睦を深めるために、各種スポーツ大会や文化事業等を実施しています。また、文化・体育の各種サークルが和気あいあいと活動しており、仕事以外でも交流を深めています。



【昇任】


・行政事務・行政技術の場合

係員(1・2級職員) → 主任(3級職員) → 総括主任(4級職員) → 係長 → 課長 → 部長 → 局・区長      


・消防吏員の場合

隊員(1級職員) → 副小隊長(2級職員) → 小隊長(3級職員) → 係長 → 課長 → 部・署長 → 局長



【給与・諸手当】

※最新の情報は各募集案内をご確認ください。


・採用時給与月額(令和4年1月1日現在)

 下の表は新卒者を例にとった給与月額(給料+地域手当)で、上位の学歴や経験年数を有する人は、一定の基準により加算されることがあります。

募集区分
給与月額
上級(大学卒業程度)197,230円
中級(短大卒業程度)174,020円
初級(高校卒業程度)159,280円
消防吏員A(大学卒業程度)210,210円
消防吏員B(高校卒業程度)175,670円
獣医師218,900円
保健師(大学卒業の場合)205,920円
保育士(短大(2年)卒業の場合)174,020円


・期末・勤勉手当(令和4年1月1日現在)

期末・勤勉手当(ボーナス)は、年に2回支給されます。
6月 2.225月分(4月1日採用の1年目は約0.67月分)
12月 2.075月分


・その他諸手当

上記のほかに条例などの定めるところにより、扶養手当、通勤手当、住居手当などが支給されます。





【住居】

 宿舎等はありませんが、自身の名義でアパートなどを借り受け、一定額の家賃を支払っている場合、その家賃額に応じて住居手当が支給されます。



【夜間大学進学】

 市役所で働きながら、夜間大学に通うこともできます。また、卒業した場合には給与月額が増額されることがあります。毎年数名の職員が夜間大学に進学しています。



【職業生活と家庭生活の両立支援】

 ワーク・ライフ・バランスを推進するため、産前産後休暇をはじめ、育児休業、育児短時間勤務、子の看護休暇など、子育て支援のための制度を設けています。また、「福岡市特定事業主行動計画」を策定し、育児休業や年次有給休暇などについて職員の取得数値目標を設定したり、毎週水曜日のほか、毎月「1~7日(い~な)ふくおか・子ども週間」を定時退庁週間とするなど、様々な職場環境の整備を行っています。
 それに加えて、時間外勤務の上限規制の導入など、「短時間で成果を出し、定時で帰る」働き方への転換に向けた取組みを推進しています。



未来の姿  ~課長からのメッセージ~】


写真)
 

「まちの発展に貢献できる」 それが福岡市職員の魅力

sample総務企画局 企画調整部 企画課長 三浦
(平成12年度入庁)

Q1 現在の業務内容を教えてください。

福岡市のスタートアップ企業の海外展開、海外のスタートアップ企業の福岡市への進出を支援しています。様々なサポートをすることでチャレンジしやすくなる環境を整備する業務です。福岡市は国家戦略特区にもなっているので、「日本で起業を考えているのならサポートの熱い福岡市で」と誘致もしています。



 

Q2 業務の中で特にやりがいを感じるところを教えてください。

仕事を通じて国内外の起業家のチャレンジに触れられることです。地元のビジネスの国際化を支えたり、海外の起業家が福岡に注目することで福岡のまちが経済的に発展するきっかけをつくることもでき、重要な役割を担っている業務だと感じています。



 

Q3 福岡市職員として働く魅力はどのような点だと思いますか?

仕事を通じて地域の発展に貢献できるところです。福岡市職員は「自分たちのまちを良くしていく」という大義のある仕事なのでやりがいを感じやすいと思います。



 

Q4 職場をまとめる上で心がけていることがあれば教えてください。

各職員の強みにフォーカスして、モチベーションを向上させることです。一人ひとり個性も得意分野も異なるので、それぞれの強みを活かしながら仕事に取り組んでもらえるように心がけてマネジメントしています。



 

Q5 働く上で気をつけていることや大切にしていることはありますか?

事業を通じて企業に価値を提供できているか、役に立てているのかということです。企業のニーズを見間違うと、思うような成果は得られません。しっかりとコミュニケーションを取りながら、ニーズを見極めた上で事業展開することを大切にしています。



 

Q6 今後どのようなことにチャレンジしたいですか?

これまで国際分野や経済分野の業務を多く担当してきたので、これらの経験を生かしてグローバルな見地から、アジアの拠点都市として確固たるポジションを取れるように邁進していきたいです。



 

Q7 休日はどのように過ごしていますか。

自転車やアウトドアが趣味なので、よく自転車に乗って遠乗りをしています。仕事とプライベートを両立するために、時間の使い方にメリハリをつけるよう気をつけています。



 

Q8 最後に、これから福岡市職員を目指す人へのメッセージをお願いします。

福岡市は若者が多く、活気あふれるまちである一方、メガシティとは違った魅力があり、質の高い生活を謳歌できるリバブルシティです。そんな福岡市をさらに発展させるため、一緒に働いてみませんか?





これまで経験した部署

  • 平成12年度から平成14年度 博多区役所保護第2課
     (生活保護法に基づく保護その他の措置)
  • 平成15年度から平成18年度 土木局用地部事業推進課 ※現在は道路下水道局
     (土地収用)
  • 平成19年度から平成20年度 経済振興局空港対策部 ※現在は港湾空港局
     (エアポートセールス)
  • 平成20年度 経済振興局国際経済部 ※現在は経済観光文化局
     (国際ビジネス促進)
  • 平成21年度から平成22年度 国際機関日本アセアンセンター勤務
     (派遣)
  • 平成23年度 経済振興局国際経済部 ※現在は経済観光文化局
     (国際ビジネス促進)
  • 平成24年度から平成30年度 経済観光文化局コンテンツ振興課
     (クリエイティブ関連産業振興)


「福岡市職員募集ホームページアンケート」を実施中です。
福岡市職員募集ホームページの改善のため、ご意見・ご要望をお聞かせください。
 福岡市職員募集ホームページアンケート



→福岡市職員募集トップページに戻る