現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の農林水産・食の中の食品の安全・安心情報の中の食品衛生検査所から鮮魚市場係のしごと
更新日: 2022年6月10日

鮮魚市場係のしごと

  長浜卸売り場棟の写真

目次



日々の市場 (令和4年6月10日 更新)

  

「鶏魚」 
さて,なんと読むでしょう?

    
   イサキ


正解は「イサキ」です。
イサキはちょうど梅雨のころに旬となる魚で,最近市場でもよくみかけます。
なぜ,魚なのに「鶏」の字が入っているのかというと,
イサキの背びれが鶏のトサカに似ているためという説があるそうです。

面白いことに,イサキの英語名は「chicken grunt」で,
こちらの名前にもニワトリが登場します。



鮮魚市場係のしごと

市場内を見回り、監視します。

  すべての開場日の8時から、常駐している監視員が市場内を見回り、有毒魚が混入していないかなどを監視します。
また週に1回、せりが始まる前の0時から3時の間に市場内6か所の卸売場を監視します。


〇通常監視(すべての開場日の8時から)


  通常監視の写真

<通常監視のポイント>

  • 有毒魚が混入していないか。
  • 食品や施設、調理器具等の不衛生的な扱いがないか。
  • 食品表示が必要なものは、正しい表示がされているか。
  • フグの有毒部位が適切に廃棄されているか。   など


〇夜間監視(週に1回の0時から3時の間)


  夜間監視の写真

<夜間監視のポイント>

  • 有毒魚が混入していないか。
  • 食品や施設、調理器具などの不衛生的な扱いがないか。
  • 食品表示が必要なものは、正しい表示がされているか。
  • 食用可能なフグかどうか。   など


抜き取った食品の検査や、施設の衛生管理向上のための拭き取り検査をします。

  市場を流通する食品を抜き取り、各検査項目で定められた基準を超えていないか検査し、安全性を確認しています。
また随時、拭き取り検査を行い、衛生管理の向上に努めています。


〇食品の抜き取り検査(週に1回)


  食品の検査をしている写真

<抜き取り対象食品と検査項目>

  • 生食用鮮魚介類 : 細菌数、大腸菌群、腸炎ビブリオ
  • 生カキ(生食用) : 細菌数、腸炎ビブリオ、E.coli
  • 食品保存用の氷 : 細菌数、大腸菌群
  • 鮮魚 : 動物用医薬品、クドア・セプテンプンクタータ、ヒスタミン
  • 二枚貝 : 麻痺性貝毒
  • フグ : テトロドトキシン


〇施設(魚を調理する店舗など)の拭き取り検査(随時)


  器具の拭き取りをしている写真

<拭き取り箇所>

  • 日常的に使用する器具や調理台。
  • 冷蔵庫の取手など、手の触れる場所。
  • トロ箱や発泡スチロールを乗せるパレット。   など

<検査項目>

 細菌数、腸炎ビブリオ、大腸菌群



検査の結果(速報)

 令和4年5月に実施した検査の結果をお知らせします。


(1)検査したもの

  • 氷(冷却用) : 1検体
  • 生食用ウニ:2検体
  • 二枚貝:3検体


(2)検査項目

  • 氷(冷却用) : 細菌数、大腸菌群
  • 生食用ウニ: 細菌数、大腸菌群、腸炎ビブリオ
  • 二枚貝:麻痺性貝毒


(3)検査の結果

   生食用ウニ(1検体)の一般細菌数が福岡市食品衛生成分規格指導基準不適合であったため,
   危害防止のための措置等を実施しました。

   その他の検体については,食品衛生法違反および福岡市食品衛生成分規格指導基準の不適合はありませんでした。



ページトップへはここをクリック

食品衛生検査所トップページへはここをクリック



お問い合わせ先

<鮮魚市場係>
部署 : 保健医療局 生活衛生部 食品衛生検査所 鮮魚市場係
住所 : 福岡市中央区長浜3丁目11の3
電話番号 : 092-711-6440
FAX番号 : 092-711-6439
E-mail : shokuhin.PHB@city.fukuoka.lg.jp