現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の精神保健福祉センターの中の依存症・アディクションからギャンブル等依存症
更新日: 2021年10月15日

ギャンブル等依存症

ギャンブル等依存症問題啓発週間ポスター

 国民の間に広くギャンブル等依存症問題に関する関心と理解を深めるため、ギャンブル等依存症対策基本法(平成30年10月5日施行)第10条において、毎年5月14日から5月20日まで「ギャンブル等依存症問題啓発週間」と定められています。


ギャンブル等依存症


更新内容




ギャンブル等依存症とは

 ギャンブル等にのめり込みやめたくてもやめられない、自分でコントロールができなくなる精神疾患です。
 ギャンブル等依存症は借金の問題だけでなく、うつ病の発症などの健康問題、さらに自殺などの社会問題を引き起こすこともあり、日常生活や社会生活に支障を生じることがあります。


ギャンブル依存症チェックシート

  • ギャンブルで負けた時、負けた分を取り戻すために、またギャンブルをしたことがある。
  • 自分に賭け事やギャンブルの問題があると思ったことがあるか、その問題を人から指摘されたことがある。
  • お金の使い方について、同居していた人と口論となった原因が、主に自分のギャンブルだったことがある。
  • 誰かからお金を借りたのに、ギャンブルのために返せなかったことがある。
  • ギャンブルのためか、ギャンブルによる借金を返すために、下記のいずれかからお金を借りたことがある。
    1)家計 2)サラ金、闇金 3)銀行、ローン会社

出典:厚生労働科学研究費補助金(障害者対策総合研究事業)、様々な依存症の実態把握と回復プログラム策定・推進のための研究(研究代表者:宮岡等、2013-15年度)


2つ以上 当てはまれば、ギャンブル依存症かもしれません。
依存症かもと思ったら、まずは相談しましょう。 



相談窓口

福岡市精神保健福祉センターの専門相談

家族や本人からの、依存症などの病気に関する相談や対応の方法や悩みなどについて、専門のスタッフが相談に応じています。
依存症専門電話:092-737-8829 (毎週火曜日・木曜日、午前10時~午後1時)


ジャパンマック福岡

ジャパンマック福岡は、依存症からの回復と成長を目指している方たちを支援する施設です。
電話番号:092-292-0182

別のホームページに移動ジャパンマック福岡のホームページへ






NPO法人 全国ギャンブル依存症家族の会 福岡

ギャンブル問題に巻き込まれた家族が「あたりまえの日常」を取り戻すには時間がかかります。 一人で悩んでいると、途中であきらめてしまうこともあるかもしれません。 いつでも相談できる”場”が必要です。
家族の会の参加者は全員、ギャンブル依存症の問題で悩んでいる家族です。 似たような境遇の人の話しを聞いたり、相談したりしながら、問題解決に向けて進んでいくことができます。
(NPO法人 全国ギャンブル依存症家族の会のホームページより)

別のホームページに移動しますNPO法人 全国ギャンブル依存症家族の会 福岡





自助グループ

GA(ギャンブラーズ・アノニマス)

ギャンブル依存症本人のための自助グループ

別のホームページに移動しますGA日本インフォメーションセンター



GAM-ANON(ギャマノン)

ギャンブルの問題の影響を受けた家族・友人のための自助グループ

別のホームページに移動します一般社団法人 ギャマノン日本サービスオフィス




ギャンブル依存症関係ホームページ


ギャンブル等依存症問題啓発パネル展  

【開催日】令和3年5月10日(月曜日)正午から5月24日(月曜日)午後3時まで
【会場】あいれふ1階 コミュニティプラザ 
※福岡県に新型コロナウイルス感染症緊急事態宣言の発出のため5月11日までの展示となりました。  

ページを移動します令和3年度ギャンブル等依存症問題啓発週間の開催のパネル展の写真など