現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の健康・医療・年金から蚊媒介感染症について知りたい。
更新日: 2017年7月10日

福岡市よくある質問Q&A

質問

蚊媒介感染症について知りたい。

回答

1 蚊媒介感染症とは
  蚊媒介感染症とは、病原体を保有する蚊に刺されることによって起こる感染症のことです。
  主な蚊媒介感染症には、ウイルス疾患であるデング熱、チクングニア熱、ジカウイルス感染症、日本脳炎、ウエストナイル熱、黄熱、原虫疾患であるマラリアなどがあります。
  これらの感染症は主に熱帯、亜熱帯地域で流行しています。
  日本においては、日本脳炎以外の蚊媒介感染症は海外からの輸入感染症としてみられていますが、デング熱に関しては 2014 年に国内感染例が報告されました。 

2 予防方法
(1)蚊にさされないようにする。
(2)露出している皮膚への虫除け剤の使用。
(3)戸外へ出るときは、できる限り長袖、長ズボンを身につける。

3 治療方法
  マラリアについては、抗マラリア薬を投与します。
  ウエストナイル熱、ジカウイルス感染症、チクングニア熱、デング熱、日本脳炎は、対症療法が中心です。

関連リンク

お問い合わせ先

保健福祉局 健康医療部 保健予防課
福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4270
FAX番号: 092-733-5535
hokenyobo.PHWB@city.fukuoka.lg.jp