現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の交通・道路・都市整備から国土利用計画法(国土法)における届出について、基準面積(届出要件面積)を超える共有地について持分を譲渡する場合、届出の要否の判断は、共有地全体の 面積で行うのか知りたい。
更新日: 2014年8月14日

福岡市よくある質問Q&A

質問

国土利用計画法(国土法)における届出について、基準面積(届出要件面積)を超える共有地について持分を譲渡する場合、届出の要否の判断は、共有地全体の 面積で行うのか知りたい。

回答

共有地の持分が譲渡される場合の面積要件の判断は、共有地全体の面積に当該譲渡に係る持分割合を乗じた面積によって判断します。

<例> 市街化区域の場合(面積要件2,000平方メートル)

 共有地全体面積   持分割合
    3,000   ×  50%   = 1,500平方メートル ⇒ 届出は不要
(例外:A社持分50%(1,500平方メートル)、B社持分50%(1,500平方メートル)をそれぞれ取得し、A社・B社が共同でマンション建設を行うなど、この土地を同一目的で利用する場合は、個々の面積は2,000平方メートル以下であっても、一体利用する土地の面積が2,000平方メートル以上なので、A社・B社共に届出が必要です。)

お問い合わせ先

財政局 財産有効活用部 財産管理課
福岡市中央区天神1丁目8の1
電話番号: 092-711-4173
FAX番号: 092-711-4833
zaisankanri.FB@city.fukuoka.lg.jp