現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の文化・スポーツ・生涯学習の中の文化から令和3年度 福岡市文化賞・福岡市民文化活動功労賞の受賞者が決定しました!
更新日: 2022年3月4日

令和3年度 福岡市文化賞・福岡市民文化活動功労賞受賞者が決定しました!

(1)福岡市文化賞・福岡市民文化活動功労賞について

【福岡市文化賞】
 芸術を中心とした福岡市の文化の向上発展に貢献し、特にその功績が顕著な個人、団体を表彰することにより、市の芸術文化活動の推進を図ります。

【福岡市民文化活動功労賞】
 市民文化を育てる諸活動に努め、潤いのあるまちづくりに貢献し、特にその功績が顕著な個人、団体を表彰することにより、市民文化活動の推進を図ります。


(2)受賞者

【福岡市文化賞】3名

◇文学(詩)
石松 佳(いしまつ けい)


 
市内外の創作者らとともに活発な文学活動を続ける。
平成31年に第57回現代詩手帖賞、令和3年に第一詩集『針葉樹林』で第71回H氏賞を受賞した。






◇美術(彫刻)
片山 博詞(かたやま ひろし)


文化賞受賞者片山氏

 
人体をモチーフに彫刻を制作。触覚性をコンセプトに、触れる彫刻展や、視覚を閉ざして体感する
ワークショップなどを開催する。作品は、県内外の美術館、博物館、学校や医療機関に収蔵される。

 


◇映像・映画
伊藤 高志(いとう たかし)


文化賞受賞者伊藤氏

 
実験映像作家として『SPACY』など多くの作品やコラボレーションを発表し、国際的な賞を多数受賞する。
作品は、ヨーロッパ、アジアなどで招待作品として上映される。




【福岡市民文化活動功労賞】2名


◇地域に根差した文化活動
ドリアーノ・スリス(どりあーの・すりす)

功労賞受賞者スリス氏

 
琵琶の制作、研究に取り組み、琵琶の修復師となる。琵琶職人を育てる学校を会館し後進の育成に努めるとともに、
現イタリア会館・福岡を設立し日伊文化交流にも努める。



◇地域に根差した文化活動
梁木 靖弘(はりき やすひろ)


功労賞受賞者梁木氏


アジアフォーカス・福岡国際映画祭の立ち上げに関わり、企画・運営の主力として活躍し、
日本のアジア映画ブームの初期の主導的立場を果たす。




 
○過去の受賞者については、下記ファイルをご覧ください。

 ・福岡市文化賞受賞者(昭和51年~) (137kbyte)pdf
 ・福岡市民文化活動功労賞受賞者(平成6年~) (84kbyte)pdf