現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の交通・道路・都市整備の中の都市整備から建築確認申請時の都市計画道路区域の確認について
更新日: 2020年9月28日

建築確認申請時の都市計画道路区域の確認について

建築確認申請を行う際には、事前に都市計画道路区域の確認を行う必要があります。
都市計画道路区域については、福岡市Webまっぷの都市計画情報をご参照ください。
なお、都市計画道路の告示番号や代表幅員等の概要については、以下をご参照ください。

  都市計画道路名称
   あ行 (101kbyte)pdf  か行 (176kbyte)pdf   さ行 (188kbyte)pdf
   た行 (324kbyte)pdf   な行 (105kbyte)pdf  は行 (285kbyte)pdf
   ま行 (130kbyte)pdf   やらわ行 (74kbyte)pdf


◎建築物が都市計画道路区域に抵触しないと認められる場合

その場で道路合議を行います。

◎建築物が都市計画道路区域に抵触する場合

別途許可申請(法53条許可)が必要となります。
(法54条の許可条件等に適合する必要あり)
※必ず申請前に事前相談をお願いします。
申請から許可には約1週間を要します。

◎その他の場合

建築物が都市計画道路に近接する場合は、

などが必要になることがあります。
これらは申請から指定・許可まで日数を要しますので、事前に交通計画課にご相談ください。
注)各手続きにより、手続き期間が異なりますのでお早めのご相談をお願いします。

リンク

Q.都市計画道路とは?

都市交通の円滑化を図るとともに、都市の骨格形成や貴重な都市空間を創出するための施設であり、都市計画法に基づき計画決定された道路です。なお、将来の事業の円滑な施行を確保するため、都市計画道路として定められた区域内においては一定の建築制限がかかります。

Q.抵触しないと認められる場合とは?

建築物(基礎、柱、屋根、庇等含む)が都市計画道路区域内から1.5m以上離れて配置されている場合のことです。
詳しくは交通計画課計画係までお問い合わせください。

Q.道路合議ってなに?

建築物(基礎、柱、屋根、庇等含む)が 都市計画道路区域に抵触しないと認められる場合は、 確認申請書(正)に交通計画課確認印↓をうちます。

本申請建築物は都市計画道路及び街路広場に抵触しない
       平成  年  月  日
住宅都市局都市計画部交通計画課長

これを道路合議といいます。
道路合議には、建築確認申請書の写しが必要となります。

写しが必要なもの

  • ・1~5面
  • ・位置図
  • ・平面図
  • ・配置図
  • ※施工中の区画整理区域内の場合,土地区画整理法第76条第1項の許可証の鏡のコピー

合議の際には、これらを建築確認申請書と一緒に窓口までお持ちください。
(必要書類が揃っていれば、その場で道路合議を行います)
詳しくは交通計画課計画係までお問い合わせください。

Q.近接する場合とは?

建築物が都市計画区域から1.5m以内に 配置されている場合のことです。
詳しくは交通計画課計画係までお問い合わせください。

Q.幅員指定ってなに?

都市計画道路の区域と建築物の位置関係を確認するため、申請地周辺の現況の地形を実際に測量した後、都市計画道路の区域を現地(申請地)で指定することです。
指定は現地(申請地)で口頭にて行います。
なお、申請から指定までは約1か月を要します。
詳しくは交通計画課計画係までお問い合わせください。

Q.53条許可ってなに?

53条許可とは、都市計画法第53条に基づく建築許可のことです。
福岡市内の都市計画道路区域内で建築することができるのは、

  • ●2階以下で地階を有しない
  • ●主要構造部が木造、鉄骨造、コンクリートブロック造
  • ●容易に移転、除去できる構造・利用形態

を満たす建築物などであり、
建築を行う場合は福岡市長の許可が必要となります。
なお、申請から許可までは約1週間を要します。
詳しくは交通計画課計画係までお問い合わせください。
※必ず申請前に事前協議をお願いします。
※都市計画道路区域内であっても、階数が3階以下まで許可される場合がありますので、申請前に窓口までご相談ください。