現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の交通・道路・都市整備の中の都市整備の中の都市計画・都市交通からノンステップバスの導入
更新日: 2015年2月27日

ノンステップバスの導入

ユニバーサルデザインの理念に基づき、誰もが安心・安全に移動できる交通環境づくりに取り組みます。




高齢者や障がいがある人をはじめ、すべての公共交通利用者が、安全かつ円滑な移動ができるよう公共交通施設のバリアフリー化の促進を図っています。



ノンステップバスとは

ノンステップバスは超低床であるため、乗車から着席、降車までの段差を感じることなく利用することができ、高齢者、障がいのある人、車椅子利用者、ベビーカー利用者など様々な人々のスムーズな乗降を可能としています。また、「ノンステップバス」の車両は、床面の地上面からの高さが概ね30cm以下であって、バリアフリー新法の移動円滑化基準に適合しています。


市内を走るノンステップバスの画像

市内を走るノンステップバス


車内段差のない乗降口の画像

車内段差のない乗降口



補助事業について

福岡市では交通事業者を対象に通常車両価格とノンステップバス車両価格の差額の一部に補助を行っています。
また、都心部と福祉施設、または公共施設を結ぶ路線などに優先的に導入を行い、順次市内全域に導入していきます。

  • 補助事業名  福岡市公共交通バリアフリー化促進事業(バス)

ダウンロード

福岡市公共交通バリアフリー化促進事業補助金(バス)交付要綱は添付ファイルをご覧ください。





乗車マナー向上へ

バスや鉄道などの公共交通機関を利用する際は、障がいのある人、妊婦、乳幼児連れ、高齢者など優先席を必要とする人への配慮をお願いします。