現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の衛生・動物愛護から負傷した野生動物を保護しましたが、どうすればいいですか。
更新日: 2015年6月10日

福岡市よくある質問Q&A

質問

負傷した野生動物を保護しましたが、どうすればいいですか。

回答

福岡市動物園では、人が原因で傷ついた野生動物(哺乳類および鳥類)を対象とし、福岡県の委託を受けた「傷病野生鳥獣医療所」で保護を行っています。
ただし、以下のものは保護の対象としていません。
(1)野鳥のヒナ,幼獣
(2)明らかに自然界の要因で負傷したもの
 (例)カラスに襲われている など
(3)生活環境に被害を与えるおそれが大きいもの
 (例)カラス,ドバト,スズメ,ヒヨドリ,イノシシ,シカ,イタチ,タヌキ など
(4)外来生物
 (例)アライグマ,ソウシチョウ,ガビチョウ など
(5)感染症の疑いがあるもの
 (例)疥癬にかかったタヌキ,大量に死んでいる野鳥 など

なお、野生動物は、自然のままに生きていくのが本来の姿であり、自然の中での出来事については見守ることが基本です。
傷ついた動物を助けたいと思う気持ちは大切ですが、彼らが生きていく環境そのものを守ることについて考えていただければ、より大きな保護につながります。

詳しくは、福岡県自然環境課( TEL: 092-643-3367 )ホームページをご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ先

住宅都市局 花とみどりのまち推進部 動物園
福岡市中央区南公園1の1
電話番号: 092-531-1968
FAX番号: 092-531-1996
fukuokazoo.HUPB@city.fukuoka.lg.jp