本文へジャンプ
みんなの!国保・医療・年金
福岡市ホームページへ
文字サイズ大中小
EnglishChineseKorean
サイト内検索
  • 国民健康保険制度
  • よかドック(特定健診)
  • 後期高齢者医療制度
  • 医療費助成制度
  • 国民年金制度
現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中のみんなの!国保・医療・年金の中の国民健康保険制度から高額の治療を長期間受ける場合
ここから本文

高額の治療を長期間受ける場合

高額の治療を長い間続ける必要がある病気(先天性血液凝固因子障害の一部や人工透析の必要な慢性腎不全、血液凝固因子製剤の投与に起因するHIV感染症)の場合、自己負担額は病院などごとに1か月10,000円(人工透析を要する70歳未満の上位所得者は20,000円)までとなります。

※「特定疾病療養受療証」の交付申請には、保険証・印かん・医師の証明書が必要です。


Copyright(C) Fukuoka City Hoken Nenkin. All rights reserved.