現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の衛生・動物愛護から犬が人を咬んだり、危害を加えたりしたとき。
更新日: 2012年4月1日

福岡市よくある質問Q&A

質問

犬が人を咬んだり、危害を加えたりしたとき。

回答

1 咬傷犬の届出及び検診
(1) 飼い犬が人を咬んだ時は、すぐに東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)に届け出なければなりません。
  また、その犬を早急にもよりの動物病院へ連れて行き、狂犬病鑑定のため、獣医師による検診を受けさせなければなりません。

(2) 検診は、狂犬病予防注射を受けていても必要です。
  なお、未接種の場合、検診期間中(2週間)は、狂犬病鑑定の妨げとなりますので、狂犬病予防注射はできません。検診終了後の実施となります。

2 動物による事故届出
  咬傷ではなくでも、飼い犬が人に危害を加えたときは、事故の内容等をすぐに東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)に届け出なければなりません。

お問い合わせ先はこちら

福岡市東部動物愛護管理センター(あにまるぽーと)
 〒813-0023 福岡市東区蒲田5丁目10の1
 電話:092-691-0131 ファックス:092-691-0132
 メール:dobutsukanri.PHWB@city.fukuoka.lg.jp 

関連リンク