現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の住まい・引越しの中の住まいを借りるの中の福岡市の賃貸住宅から高齢者世帯住替え助成事業について
更新日: 2020年4月10日

令和2年度高齢者世帯住替え助成事業について


【お知らせ】 郵送での申請にご協力をお願いいたします

助成金の申請については,当面の間,新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため,可能な限り郵送での受付とさせていただきます。


概要

居住環境の悪い民間賃貸住宅に居住している,又は建替え等により住替えが必要な高齢者世帯の住替えを支援するため,一定の要件を満たす高齢者世帯に対して,住替えに係る初期費用の一部を助成する事業です。


内容

申請案内令和2年度福岡市高齢者世帯住替え助成事業のご案内 (2,432kbyte)pdf


助成対象となる経費

申請世帯が,事業者(不動産会社,引越し業者)に支払う経費で,以下のものが対象になります。


助成対象となる経費の一覧表
区分 助成対象となる経費 助成対象とならない経費
初期費用等
  • 礼金
  • 仲介手数料
  • 火災保険料
  • 家賃債務保証料
  • 転居前の住宅に係る原状回復費用
  • 敷金
  • 契約時に支払う家賃,共益費,管理費
  • 鍵交換費用
  • 転居後の住宅の清掃又はクリーニング費用
引越し費用
  • 引越し運送費用
  • 荷造りや荷解きに係る費用(人件費や梱包資材に係る費用など)
  • エアコン等の取り外し・取り付けに係る費用
  • 引越しに伴う不用品の処分費用
  • 引越し業者が行う消毒又はハウスクリーニングに係る費用
  • 公共料金等の名義変更代行サービスに係る費用
  • ご近所への挨拶品の手配等に係る費用
  • 引越しに係る友人等への謝礼金

助成金額

助成対象となる経費の合計額(消費税を含む)の2分の1(上限額10万円)
※家主等から立退き料が支払われている場合には,助成対象経費から立退き料を差し引いた額の2分の1で算定します。
※計算した額に100円未満の端数が生じた場合には,切り捨てます。



対象者

助成対象となる世帯

助成金を受けるためには,以下の1から9のすべての要件を満たしていることが必要です。


1.以下のいずれかに該当する世帯であること。

  • 65歳以上のひとり暮らし世帯
  • 65歳以上の方と,60歳以上の親族で構成される世帯

※65歳以上の方と同居する親族が,以下のいずれかに該当する場合には,その方の年齢は問いません。

  • 要介護・要支援認定を受けている方
  • 身体障害者手帳を所持し1級から4級までの方
  • 精神障害者保健福祉手帳を所持し1級又は2級の方
  • 療育手帳を所持しA又はB1の方

2.福岡市内に住民票がある世帯であること。


3.転居前の住宅の直近6カ月間の家賃に未払いがない世帯であること。


4.福岡市内の下記に記載する住宅間で転居を行う世帯であること。


条件にあてはまる住宅
転居前の住宅 転居後の住宅
  • 申請世帯が所有者と賃貸借契約を締結し,家賃を支払う民間賃貸住宅
  • 勤め先の会社が所有又は借り上げている社宅等の住宅
  • 申請世帯が所有者と賃貸借契約を締結し,家賃を支払う民間賃貸住宅(申請者又は同居者の2親等以内の親族が所有する住宅を除く)

※公営住宅,UR賃貸住宅などの公的賃貸住宅,申請者が所有する住宅からの住替え,それらの住宅への住替えは対象外


5.前年における世帯の政令月収が,158,000円以下の世帯であること。
  (世帯の前年の総所得金額が以下の表に定める金額以下であれば,政令月収が158,000円以下となる目安となります。)


所得金額
世帯人数 1人世帯 2人世帯 3人世帯
総所得金額 1,896,000円2,276,000円2,656,000円

※上記の総所得金額であっても,必ずしも政令月収が15.8万円以下になるとは限りませんので,目安としてご参考ください。


★政令月収とは,年間総所得金額から親族控除等の額を控除した後の月平均額です。
  政令月収 = ( 世帯の年間総所得金額 - 控除合計金額 ) ÷ 12
   
(1)各自の総所得金額を計算し,合計して世帯の総所得金額を算出する
   (2)世帯の総所得金額から控除金額を引く
   (3)12か月で割る


6.本市の市税に係る徴収金(市税及び延滞金等)に滞納がない世帯であること。


7.生活保護を受給していない世帯であること。


8.暴力団員又は暴力団と密接な関係を有する者ではない世帯であること。


9.過去に本要綱に基づく助成金を受けていない世帯であること。
※結婚(再婚),離婚,死別,子の独立,トラブルによる転居等,世帯構成人員の増減がある際等は,再度申請できる場合があります。詳しくはお問い合わせください。



住替え後の住宅の要件

住替え後の住宅が,以下の1から3のすべての要件を満たしている必要があります。


1.以下の表に定める専用面積を有する住宅であること。


専用面積
世帯人数 1人 2人 3人
住戸専用面積 25平方メートル以上
(18平方メートル以上)
30平方メートル以上
(27平方メートル以上)
40平方メートル以上
(36平方メートル以上)

   ※当面の間は,( )内の面積基準を満たした住宅で可とする。



2.住宅の家賃(共益費,管理費及び水光熱費等を除く。)が,以下の表に定める金額以下であること。


家賃
世帯人数 1人 2人 3人以上
家賃 45,000円50,000円55,000円

3.昭和56年6月1日以降に建築され,新耐震基準を満たす住宅であること。
  ただし,耐震改修工事を実施している場合又は耐震診断を受けて耐震性能があることが確認できる場合についてはこの限りではない。
(※昭和56年6月1日以降に建築された住宅でも,規模によっては,昭和56年5月31日以前に着工され,新耐震基準を満たさない住宅の可能性があります。新耐震基準を満たす住宅かどうか,不動産会社等へご確認ください。)



申請方法

必要書類をお持ちになり,担当窓口に直接申請又は郵送での受付となります。(必要書類は申請案内をご確認ください)
郵送の場合,必要書類が揃っているか必ず確認してください。(不備がある場合は,再提出をお願いします)
必要書類はコピーしたもので構いませんが,窓口申請の場合は念のため書類の原本をお持ちください。
助成金の申請については,当面の間,新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため,可能な限り郵送での受付とさせていただきます。


申請期日

公募期間

  • 公募期間は,令和2年4月1日(水曜日)から令和3年2月26日(金曜日)までです。
  • 助成金の受付は,募集期間内・予算内で先着順とさせていただきます。

助成対象者の認定申請について

  • 事前に自分が対象者かどうか確認したい方は「助成対象者の認定申請」を行ってください。
  • 「助成対象者の認定申請」を行った場合も,引越し後に「助成金交付申請」を行う必要があります。
  • 「助成対象者の認定申請」は,引越し予定日の3か月前から1か月前までに申請してください。

助成金の交付申請について

  • 「助成金の交付申請」は,引越し日から5か月以内に申請してください。
  • 「助成金の交付申請」は,「助成対象者の認定申請」を行っていない場合でも行えます。


申請書類

申請者が記入する書類

※黒ボールペンを使用してください。(鉛筆や消せるペンは受付できません)
※押印する場合,朱肉の印鑑を使用してください。(シャチハタは受付できません)
※右上の日付(申請日)は,郵送の場合,投函日を記入してください。書類が市役所へ届いた日を受付日とします。
※申請者氏名記入欄に押印がある場合の文言の訂正は,訂正する文言に二重線を引き,その上に印鑑を押してください。
※申請者氏名記入欄に押印がない場合の文言の訂正は,訂正する文言に二重線を引き,その上に名字を○で囲んだものを記入してください。印鑑は押さないでください。文言の訂正の仕方は,記入例をご参照ください。
※修正ペン・修正テープを使用して訂正した場合,受付できません。


家主又は管理会社が記入する書類

記入例

申請者が記入する書類

家主又は管理会社が記入する書類


申請窓口・お問い合わせ先・郵送先

住宅都市局 住宅部 住宅計画課 高齢者世帯住替え助成事業担当(市役所本庁舎3階)
住所:〒810-8620 福岡市中央区天神1-8-1
電話番号:092-711-4279
FAX番号:092-733-5589