現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康・健康保険の中の感染症予防に関することから結核について
更新日: 2020年1月15日

結核について

結核は,結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。


過去の病気のように思われがちですが,現在でも年間に国内で15,590人福岡市では165人(平成30年)の方が新たに結核患者と診断されています。


1 初期症状は,かぜに似ています

 結核の症状は,咳,痰,発熱,血痰,胸痛,倦怠感,寝汗,体重減少などです。

 「せきが2週間以上続く」「タンが出る」「からだがだるい」「急に体重が減る」など気になる症状がある場合は,早めに医療機関を受診してください。(咳症状がある場合はマスクをしてください)

 早期発見,早期治療は,本人の重症化を防ぐだけでなく,大切な家族や友人,職場などへの感染を防ぐためにも重要です。


2 結核と診断されたら

 医師の指示にしたがって毎日きちんと薬を飲むことで治るようになっています。

 (通常,痰に結核菌が出ていない場合は人にうつす恐れがないため通院治療となりますが,痰に結核菌が出ている場合は,菌が出なくなるまで入院して治療する必要があります。)



3 結核を予防するために

  • BCG接種
     赤ちゃんは結核に感染すると重症になりやすいため,1歳になる前に(標準:生後5~7ヶ月)BCG接種を受けましょう。
     BCG等の予防接種に関することは,こちらです → 『こどもの予防接種
  • 家庭でできる予防法
     感染や発病を防ぐには,十分な睡眠,バランスのとれた食事,適度な運動など日頃からの健康づくりが有効です。



4 早期発見のため健診を受けましょう

  • 65歳以上の方は,年に一度の結核健康診断(胸部エックス線撮影)を受けましょう。
    (65歳以上の方は,法律で年1回の胸部エックス線検査の受診が定められています。特に結核の発病が多くみられる80歳上の方は,受診してください。胸部エックス線撮影を受ける機会のない方は,福岡市の「結核・肺がん検診」をご利用ください。)
  • 福岡市「結核・肺がん検診」は,65歳以上の福岡市民を対象に,月2~3回各区保健福祉センター等で実施しています。
    日程は,『市政だより』の区版や,各区保健福祉センターの『健康ガイド』に掲載しています。各区の『健康ガイド』はこちらです→『平成31年度  各区健診ガイド
  • 医療機関や施設・学校に従事する方は,法律で毎年の結核健康診断(胸部エックス線撮影)が定められています。
    事業者(事業主)の実施する結核健康診断(胸部エックス線撮影)を必ず受けてください。
    事業者(事業主)の方は,毎年管轄の保健所へ健康診断実施の報告が必要です。様式は下記「結核関係様式」をご利用ください。
    提出方法は,管轄保健所へFAXまたは郵送,持参をお願いします。

  • 9月に在日5年以内の外国人の胸部エックス線検査(無料)を実施します。※終了しました
     福岡市では,福岡市内の日本語教育機関の留学生やその家族など,入国5年以内の短期在日外国人で胸部エックス線検査の機会がない方を対象に,無料で胸部エックス線検査を実施します。(65歳以上の方は,福岡市「結核・肺がん検診」(無料)をご利用ください。)

    ・日時:2019年9月2日(月曜日)から9月30日(月曜日) 【土日,祝日を除く】
    ・健診時間:午後1時30分から午後3時
    ・場所:福岡結核予防センター (福岡市中央区大名2-4-7)
    ・健診内容:胸部エックス線検査
    ・費用:無料
    ・先着200人,予約が必要です
    ・予約申し込み先
     福岡結核予防センター 電話:092-761-5466,FAX:092-761-5467
    ・注意事項
     予約の状況によっては,ご希望の日程での健診が難しい場合があります。健診の結果後の精密検査は,無料ではありません。保険診療になります。
     風邪などの症状がある場合は,この健診ではなく医療機関を受診してください。結核や他の病気を治療中の方,胸部エックス線検査を受ける機会がある場合は,ご遠慮ください。
     診断書の作成は行っておりません。

    ・ちらし
     日本語版ちらし (206kbyte)pdf英語版ちらし  (118kbyte)pdf中国語版ちらし (266kbyte)pdf韓国語版ちらし  (511kbyte)pdf


【関連する厚生労働省からの通知】



5 結核集団発生事例について


  •  厚生労働省が定める結核集団感染事例となった場合は,公表しております。
  •  公表の基準は,同一の感染源が,2家族以上にまたがり,20人以上に結核を感染させた場合をいい,発病者1人を6人の感染者に相当するとして感染者数を計算します。


6 関連リンク



7 結核医療の基準について(結核医療を実施する医療機関向け)

厚生労働省からの通知等   



8 結核院内(施設内)感染対策の手引きについて (医療機関及び高齢者施設その他入所施設,通所施設向け)

本手引きは,院内及び施設内における結核感染対策を目的に,厚生労働科学研究「結核の革新的な診断・治療及び対策の強化に関する研究」により策定されたものです。
従来の「結核院内(施設内)感染予防の手引き」(平成11年10月厚生省新興再興感染症研究事業)に代わるものとしてご活用ください。



ご相談・お問い合せ先


各区保健福祉センター(保健所)健康課
名称 所在地 電話番号 FAX番号
東区健康課〒812-0053 東区箱崎2丁目54-27092-645-1078092-651-3844
博多区健康課〒812-8514 博多区博多駅前2丁目19-24 大博センタービル 3階092-419-1091092-441-0057
中央区健康課〒810-0073 中央区舞鶴2丁目5-1 あいれふ 6階092-761-7340092-734-1690
南区健康課〒815-0032 南区塩原3丁目25-3092-559-5116092-541-9914
城南区健康課〒814-0103 城南区鳥飼5丁目2-25092-831-4261092-822-5844
早良区健康課〒814-0006 早良区百道1丁目18-18092-851-6012092-822-5733
西区健康課〒819-0005 西区内浜1丁目4-7092-895-7073092-891-9894


掲載部署

部署:保健福祉局健康医療部保健予防課
住所:福岡市中央区天神1-8-1
電話番号:092-711-4270
FAX番号:092-733-5535
E-mail:hokenyobo.PHWB@city.fukuoka.lg.jp