現在位置:福岡市ホームの中のよくある質問QAの中の衛生・動物愛護から 犬を飼い始めたときに必要な手続きについて
更新日: 2015年8月25日

福岡市よくある質問Q&A

質問

 犬を飼い始めたときに必要な手続きについて



回答

  生後91日齢以上の犬には,生涯1回の登録と毎年の狂犬病予防注射が必要です。登録や狂犬病予防注射が済んでいない場合は,飼い始めて30日以内に実施してください。

 他人から譲り受けた場合などは登録事項(飼い主の住所氏名など)の変更が必要です。譲り受けてから30日以内に手続きを行ってください。また,毎年必要な狂犬病予防注射の実施の有無を以前の飼主に確認し,まだ受けさせてない場合は,必ず実施するようにしてください。

 登録と狂犬病予防注射は動物愛護管理センターやお近くの動物病院でも行うことができます。病院によっては,登録,狂犬病予防注射が済んだ際に交付される鑑札や注射済票がお手元に届くまで若干の時間がかかる場合があります。

 なお,登録と狂犬病予防注射には手数料が必要です。

 登録事項の変更は,動物愛護管理センターで手続きができます。
 (市内の保健所や動物病院ではこの手続きはできません。)
 登録事項の変更は手数料不要です。

お問い合わせ先はこちら

福岡市動物愛護管理センター
 東部動物愛護管理センター
  〒813-0023 福岡市東区蒲田5丁目101
  電話:092-691-0131 ファックス:092-691-0132
  メール:dobutsukanri.PHWBcity.fukuoka.lg.jp

 家庭動物愛護管理センター
 〒819-0005 福岡市西区内浜1丁目422
  電話:092-891-1231 ファックス:092-891-1259
 メール:dobutsukanri.PHWBcity.fukuoka.lg.jp

関連リンク