現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康の中の感染症予防に関することの中の新型コロナウイルス感染症に関する情報(トップ)の中のワクチン接種から新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書の発行について
更新日: 2022年1月4日

新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書の発行について


※海外用は国内でも使用できます



国内で使える接種証明書について

以下の(1)(2)のいずれかの書類で接種を証明できます。


(1)接種済証、接種記録書

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証および新型コロナワクチン接種記録書のイメージ画像。接種券と同じ紙になっている場合もあり、該当箇所を赤枠で囲んでいる。

接種券に付属している「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」または「新型コロナワクチン接種記録書」(接種後にシールが貼られた台紙・赤枠内)は正式な接種済証だと認められており、接種済みであることを示すことができます。
お持ちでない方は二次元コード付き予防接種証明書(国内用)の取得を検討してください。
※1・2回目接種券に付属している「新型コロナウイルスワクチン 予防接種済証(臨時)」に記載されている「(臨時)」の標記は、新型コロナウイルスワクチンの接種が予防接種法上の臨時接種に該当することから、記載されているものです。別途正式な予防接種済証があるというものではありません。




(2)二次元コード付き予防接種証明書(国内用)

国内用の二次元コード付き接種証明書のイメージ画像。デジタルの証明書(スマートフォンの画面)と紙の証明書を並べて掲載している。

二次元コード付き接種証明書(国内用)は、デジタルの証明書と紙の証明書の2種類があります。
マイナンバーカードをお持ちの方は、ご自身のスマートフォンを使ってアプリから証明書をすぐに取得し、その証明書をスマートフォンに二次元コードとして保存できます。
マイナンバーカードをお持ちでない方は、二次元コード付きの紙の証明書を、市に電子または郵送で申請してください。




二次元コード付き接種証明書(国内用)の申請方法

二次元コード付き接種証明書(国内用)は、デジタルの証明書と紙の証明書の2種類があります。
マイナンバーカードをお持ちの方は、ご自身のスマートフォンを使ってアプリから証明書をすぐに取得し、その証明書をスマートフォンに二次元コードとして保存できます。
マイナンバーカードをお持ちでない方は、二次元コード付きの紙の証明書を、市に電子または郵送で申請してください。



対象者

新型コロナワクチンの接種時に福岡市に住民登録があった方で、発行を希望する方

※申請は新型コロナワクチンの接種時に福岡市に住民登録があった方に限ります。
※転出入等の事情により、1回目接種時のみまたは2回目接種時のみ福岡市に住民登録があった方は、該当の接種分のみの発行となります。
※国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象になりません。



マイナンバーカードをお持ちの方 (国内用)

デジタルの証明書を発行できます。下記アプリを利用し、取得してください。

【アプリの取得・操作方法等】 デジタル庁ホームページから取得してください。
【アプリに関する質問】 デジタル庁ホームページのよくある質問を確認してください。
※アプリの利用や操作方法等に関するお問い合わせは福岡市ではなくデジタル庁にお問い合わせください。

※転居等により1・2回目の接種時に住民票所在地が福岡市ではない回がある方は、請求先選択画面で、接種当時の住民票所在地をそれぞれ選択し、証明書を取得してください。

※記録がありませんなどのエラーが出た場合は、(福岡市)接種券・証明書発行事務センターにお問い合わせください。
 接種券・証明書発行事務センター 092-753-9455(8時30分~17時30分)
※マイナンバーカードの暗証番号を忘れた方はこちら(福岡市ホームページ)



マイナンバーカードをお持ちでない方 (国内用)

※スマートフォンをお持ちでない等デジタルの証明書を申請できない方も以下の方法から申請してください


二次元コード付きの紙の証明書を、電子または郵送で申請してください。

※申請から、通常7日から10日程度での発送を予定していますが、接種済証もしくは接種記録書を紛失している場合は、接種状況を確認する必要があるため、発行までに時間を要する場合があります。
※書類に不備があった場合に、申請者へ連絡をする場合があります。申請書には必ず連絡のとれる電話番号を記載してください。



電子申請(インターネット申請)の場合 (国内用)

必要書類(電子データ)を添付のうえ、下記のサイトから申請してください。
※下記サイトから申請するとまず〈申請の流れ〉が表示されますが、「2旅券(パスポート)の撮影・添付」については、国内用であれば旅券撮影・添付は不要です。旅券のかわりに本人確認書類が必要ですので、本人確認書類を撮影し添付してください。
【接種証明書交付申請サイト】



郵送申請の場合 (国内用)

必要書類を同封のうえ、下記の送付先まで郵送で送付してください。

【送付先】
〒810-8620
福岡市新型コロナワクチン接種証明事務センター 予防接種証明書担当 行
※専用郵便番号を利用しているため、住所の記載は不要です。
※新型コロナウイルス感染症対策等のため、窓口は設置しておりません。


【申請様式】


様式のダウンロードが難しい場合は、接種券・証明書発行事務センターにご相談ください。
092-753-9455 8時30分~17時30分



必要書類 (国内用)
  • 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書 ※電子申請の場合は不要です
  • 本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)の写し
  • 新型コロナウイルスワクチン接種済証の写し、もしくは接種記録書の写し
  • 【証明書送付先が住民票所在地でない場合】 送付先住所が確認できる本人確認書類
  • 【代理人が請求する場合】 委任状(すべて委任者が自署)及び代理人の本人確認書類





海外でも使える接種証明書について

以下の書類が接種証明書(海外用)となります。
※令和3年12月から証明書の様式が変更になりましたが、下記画像のいずれも、正式な証明書として利用できます
※渡航国によっては証明書の様式が指定してある場合がありますので、必ず外務省海外安全ホームページにて確認してください。

海外用の接種証明書のイメージ画像。左から(1)令和3年11月30日までの様式、(2)12月1日からの様式、(3)12月20日からの様式のうち紙の証明書、(4)12月20日からの様式のうちデジタルの証明書、の4様式を掲載。



二次元コード付き接種証明書(海外用)の申請方法

二次元コード付き接種証明書(海外用)は、デジタルの証明書と紙の証明書の2種類があります。
マイナンバーカードをお持ちの方は、ご自身のスマートフォンを使ってアプリから証明書をすぐに取得し、その証明書をスマートフォンに二次元コードとして保存できます。
マイナンバーカードをお持ちでない方は、二次元コード付きの紙の証明書を、市に電子または郵送で申請してください。



対象者

新型コロナワクチンの接種時に福岡市に住民登録があった方で、新型コロナウイルス感染症予防接種証明書を提示することにより、入国時の防疫措置の緩和等が受けられる国・地域に渡航する方や、海外用の接種証明書を希望する方。

※申請は新型コロナワクチンの接種時に福岡市に住民登録があった方に限ります。
※転出入等の事情により、1回目接種時のみまたは2回目接種時のみ福岡市に住民登録があった方は、該当の接種分のみの発行となります。
※国外等で接種を受けた方(日本の予防接種法に基づかない接種を受けた方)は対象になりません。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(外務省ホームページ)



マイナンバーカードをお持ちの方 (海外用)

デジタルの証明書を発行できます。下記アプリを利用し、取得してください。

【アプリの取得・操作方法等】 デジタル庁ホームページから取得してください。
【アプリに関する質問】 デジタル庁ホームページのよくある質問を確認してください。
※アプリの利用や操作方法等に関するお問い合わせは福岡市ではなくデジタル庁にお問い合わせください。

※転居等により1・2回目の接種時に住民票所在地が福岡市ではない回がある方は、請求先選択画面で、接種当時の住民票所在地をそれぞれ選択し、証明書を取得してください。

※記録がありませんなどのエラーが出た場合は、(福岡市)接種券・証明書発行事務センターにお問い合わせください。
 接種券・証明書発行事務センター 092-753-9455(8時30分~17時30分)
※マイナンバーカードの暗証番号を忘れた方はこちら(福岡市ホームページ)



マイナンバーカードをお持ちでない方 (海外用)

※スマートフォンをお持ちでない等デジタルの証明書を申請できない方も以下の方法から申請してください


二次元コード付きの紙の証明書を、電子または郵送で申請してください。

※申請から、通常7日から10日程度での発送を予定していますが、接種済証もしくは接種記録書を紛失している場合は、接種状況を確認する必要があるため、発行までに時間を要する場合があります。
※書類に不備があった場合に、申請者へ連絡をする場合があります。申請書には必ず連絡のとれる電話番号を記載してください。



電子申請(インターネット申請)の場合 (海外用)

必要書類(電子データ)を添付のうえ、下記のサイトから申請してください。
【接種証明書交付申請サイト】



郵送申請の場合 (海外用)

必要書類を同封のうえ、下記の送付先まで郵送で送付してください。

【送付先】
〒810-8620
福岡市新型コロナワクチン接種証明事務センター 予防接種証明書担当 行
※専用郵便番号を利用しているため、住所の記載は不要です。
※新型コロナウイルス感染症対策等のため、窓口は設置しておりません。


【申請様式】


様式のダウンロードが難しい場合は、接種券・証明書発行事務センターにご相談ください。
092-753-9455 8時30分~17時30分



必要書類 (海外用)
  • 新型コロナウイルス感染症予防接種証明書交付申請書 ※電子申請の場合は不要です
  • パスポート(旅券)の写し ※旅券番号が記載されているページ
  • 新型コロナウイルスワクチン接種済証の写し、もしくは接種記録書の写し
  • 【証明書送付先が住民票所在地でない場合】 送付先住所が確認できる本人確認書類
  • 【代理人が請求する場合】 委任状(すべて委任者が自署)及び代理人の本人確認書類

※接種証明書には旅券番号を記載します。パスポートの有効期限を確認のうえ、海外渡航日時点で有効なパスポートの写しをご提出ください。
※旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合は、旧姓・別姓・別名が確認できる本人確認書類の同封が必要です。

パスポート(旅券)、接種済証、接種記録書のイメージ画像。




接種済証の交付について


新型コロナウイルスワクチン予防接種済証の申請について

 「新型コロナウイルスワクチン予防接種済証」や「新型コロナワクチン接種記録書」を紛失した方や「新型コロナワクチン接種記録書」をお持ちの方で、福岡市が発行する接種済証が必要な方は、下記の方法により申請してください。
 なお、申請は接種時に福岡市に住民登録があった方に限ります。
 ※転出入等の事情により、1回目接種時のみ又は2回目接種時のみ福岡市に住民登録があった方は、該当の接種分のみの発行となります。


手続き方法

 申請書をお送りするため、接種券・証明書発行事務センターにお電話ください。
 接種券・証明書発行事務センター 092-753-9455 8時30分~17時30分


注意事項

  • 英語表記の接種済証は、必要な場合に限り発行します。
  • 接種済証の発行には、接種状況を確認する必要があるため、発行までに時間を要する場合があります。
  • 書類に不備があった場合に、申請者へ連絡をする場合があります。申請書には必ず連絡のとれる電話番号を記載してください。



問い合わせ先

接種券・証明書発行事務センター
1・2回目及び3回目接種券の発行・接種記録の確認・接種証明(ワクチンパスポートなど)についての問い合わせ
電話番号:092-753-9455
受付時間:8時30分~17時30分(土曜日、日曜日、祝日も受付)

福岡市新型コロナワクチン接種コールセンター
福岡市の新型コロナワクチン接種の予約などに関する問い合わせ
電話番号:092-260-8405
受付時間:8時30分~17時30分(土曜日、日曜日、祝日も受付)

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター
コロナワクチン施策の在り方等に関する問い合わせ、接種証明書の意義など
電話番号:0120-761770(フリーダイヤル)
受付時間:9時00分~21時00分(土曜日、日曜日、祝日も受付)
※英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語での通話も可能です。
※タイ語及びベトナム語については、受付時間が異なります。
  タイ語:9時00分~18時00分
  ベトナム語:10時00分~19時00分

デジタル庁ホームページ(新型コロナワクチン接種証明書アプリに関するページ
アプリによる接種証明書の取得にかかる操作方法、アプリの不具合等