現在位置:福岡市ホームの中の観光・魅力・イベントの中の魅力紹介の中の博多の豆知識から博多の豆知識vol.8 「ラブアース・クリーンアップ活動は福岡生まれ」
更新日: 2009年5月20日

博多の豆知識 vol.8


ラブアース・クリーンアップ活動は福岡生まれ

ラブアース・クリーンアップの画像

 6月は環境月間!福岡でも環境について考え、行動することが増える月です。毎年、5月~6月に行われているのが「ラブアース・クリーンアップ」キャンペーン。誰でも、かんたんに楽しんでできる環境のボランティア活動です。今では全国に広がったこのキャンペーンですが、そもそもの始まりは福岡だったことをご存じでしょうか?
 平成2年(1990)6月、「クリーン・ザ・ビーチ」の名称で福岡市近郊の海岸清掃を行ったことが始まりだそうです。平成4年(1992)5月に開催された「ローマ・クラブ福岡会議イン九州」をきっかけに、会議のテーマである「地球環境と地域行動」の実践として、市民、企業、行政が協力し合って、九州一円の海岸で大清掃キャンペーン「ラブアース・クリーンアップ九州」を実施しました。当時の新聞をひもとくと、実施は5月17日日曜日、福岡県から佐賀県にかけての海岸で行われた一斉清掃に参加した人数は、なんと10万3,141人、企業や市民グループなど545もの団体が参加したとのこと。集めたごみは940トンにものぼりました。

 それ以来毎年6月の環境月間に「ラブアース・クリーンアップ」キャンペーンが行われています。今年(2009年)は5月31日(日)午前9時から受付が開始されます。清掃場所は海岸だけではなく、多々良川や那珂川、樋井川、室見川の河川や都心の冷泉公園、警固公園、大濠公園などでも実施されます。家族や友だちと軍手を持って近くの清掃場所に行けばOKです。この場所のほかに、自分たちで場所を決めて掃除をすることもOK!ごみ拾いで使用するごみ袋は実行委員会で用意しています。

 ショッピングをするついでに、掃除をしに福岡に集まりませんか?お待ちしています。


福岡市広報課長 佐々木 喜美代


(※2009年5月20日時点の情報です)