現在位置:福岡市ホームの中の観光・魅力・イベントの中の魅力紹介の中の博多の豆知識から博多の豆知識vol.54 「見ているだけで楽しくなる障がい者のアート」
更新日: 2011年7月29日

博多の豆知識 vol.54

障がい者のアートのイメージイラスト

見ているだけで楽しくなる障がい者のアート

 福岡市西区にオープンした大型商業施設「木の葉モール橋本」。ここに「M&M slow」というステキな雑貨のお店があります。ユニークなイラストの描かれたエコバックや小物入れ、不思議な生き物をかたどったオブジェやストラップ。どれもカラフルで楽しくて、思わず笑顔になってしまうものばかりです。実はこれらの雑貨、福岡を中心に全国各地の障がい者施設でつくられる障がい者アートの作品なのです。こうした一般の商業施設で、障がい者アートの作品を常設で取り扱うショップは全国でも初めてなのだとか。

 障がい者が生み出すアートには不思議な魅力があります。私たちには思いつかないようなテーマや構図、斬新な色使いや形、画面からはみ出しそうな筆の勢い。すべてに生きるパワーがあふれています。きっと「上手に描かなきゃ」とか「これでお金を儲けたい」とか考えず、純粋に絵を描きたいという気持ちだけで描いているからではないでしょうか。

 福岡市内にもアート活動に力を入れている障がい者施設がたくさんあります。中にはニューヨークの街頭で絵を描いて披露したグループや、美術だけでなく楽団を結成して海外でも公演を行ったグループもあります。福岡市では障がい者支援のひとつとして、福岡市一円の障がい者施設で生まれた商品が買える「ときめきショップ ありがた屋」を西鉄薬院駅で運営しています。

 近年、障がい者のアートはとても評価が高まっています。でも、障がい者の皆さんがそれに見合った報酬を得ているかというと、残念ながらそうではありません。障がい者が自立して暮らしていけるよう、障がい者アートを取り扱うショップがもっともっと増えて、私たちが気軽に買えて、障がい者の皆さんが一般と同じような報酬をもらえる社会になるといいですね。