現在位置:福岡市ホームの中の西区の中の区役所と関連施設の中の区役所・保健福祉センターから西区健康課の業務案内
更新日: 2019年4月1日

西区 健康課の業務案内


企画管理係(2階 35番窓口)  電話:895-7071


  • 課の庶務
  • 保健所運営協議会



医薬務係(2階 36番窓口)   電話:895-7072



放射線担当(2階 36番窓口)   電話:895-7075


  • エックス線撮影



精神保健福祉係(2階 37番窓口)   電話:895-7074


  • 精神障がい者保健福祉手帳
    精神疾患を有する方のうち、精神疾患のため日常生活、社会生活に制約のある方に交付されます。
    障害の程度によって1級から3級に区分されます。
  • 自立支援医療(精神通院医療)
    通院により、精神疾患の治療を受けている方が利用できます。
    精神障害の治療上必要な医療費について、その一部が公費で負担されます。
  • 心の健康相談 (92kbyte)pdf
    精神科医による心の健康に関する相談。家族の相談もできます。≪要予約≫
  • 精神保健家族講座 (152kbyte)pdf
     統合失調症について病気の理解や当事者の思い,その他福祉制度についての講座です。≪要予約≫

      関連施設
      精神保健福祉センター




健康づくり係(2階 38番,39番窓口)  電話:895-7073




母子保健係(2階 39番窓口) 電話:895-7055


  • 母子の健康について
  • 母子健康手帳・妊婦健康診査助成券つづりの交付
  • 新生児訪問指導
  • 新生児聴覚検査事業
    生まれつきの難聴を早期に発見し,早期療育につなげるため,
    すべての新生児を対象に,新生児聴覚検査の費用を助成しています。
  • 乳幼児健診
    4か月児健診、1歳6か月児健診、3歳児健診は保健福祉センター(保健所)、または
    西部出張所(さいとぴあ)で実施しています。
    10か月児健診は、ステッカー表示のある委託医療機関(小児科等)で実施しています。
  • 未熟児養育医療
    体重2,000g以下での出生など、指定医療機関での治療が必要な未熟児に、
    必要な医療の給付を受けることができます。
  • 自立支援医療(育成医療)
    身体に障がいのある18歳未満の児童で、手術等により障がいの軽減が可能な場合に、
    健康保険の自己負担分について医療の給付を受けることができます。
  • 一般不妊治療費助成事業
    平成30年7月より医療保険適用外の一般不妊治療(人工授精)の治療に要した費用の一部を助成します。
  • 特定不妊治療費助成事業
    特定の不妊治療に関する医療費(医療保険対象外)の一部を助成するとともに、
    不妊に悩む夫婦に対し、医学的な相談や心の悩みの相談に応じ、総合的な支援を実施しています。