現在位置:福岡市ホームの中の西区の中の庁舎案内と区政情報の中の西区の概要
更新日: 2019年11月14日
 

西区の概要


  福岡市の西端に位置する西区は、背振山系から玄界灘に翼を広げ、能古島、玄界島、小呂島の3つの島を抱いた形をしています。
  背振山系から糸島半島に至る緑の連なりや、博多湾に注ぐ室見川や瑞梅寺川など、豊かな自然環境に恵まれ、耕地面積が福岡市全体の半分以上を占めています。海域は港湾区域を除く博多湾の大半を有し、福岡市の重要な漁業の拠点になっています。

 おしゃれなカフェやショップが点在する西浦海岸などの糸島エリア(北崎地区)や、四季折々の花が咲く能古島など、福岡市内でも屈指の人気スポットを擁しています。

  今津人形芝居や飯盛神社の流鏑馬など、無形民俗文化財に指定された民俗行事も多く受け継がれているほか、元寇防塁、吉武高木遺跡などの史跡も数多く残っています。

 一方、交通では市営地下鉄空港線の姪浜駅と七隈線の橋本駅があり、空港線とJR筑肥線の相互乗り入れによって、沿線の市街化が進んでいます。福岡都市高速1号線とそれに続く西九州自動車道(福岡前原道路)が、区内を横断するように走り、主要道路の拡幅など利便性も向上しています。

  平成30年9月には、九州大学の伊都キャンパス(元岡・桑原地区)への移転が完了しました。JR九大学研都市駅を中心に新しい市街地が形成され、人口は右肩上がりの伸びを保ち続けています。

  豊かな自然の恵みを享受し、人と人との交わりを大切にしながら、今後も一人一人が健康で豊かな暮らしを実感し、生き生きと暮らせる、安全・安心のまちづくりを推進していきます。


 

シンボルマーク

西区シンボルマーク

 西区の「西」を威勢のよい稲妻型にデザインし、力強く躍進する西区を表しています。
 色は躍動する若い町と夕陽の美しさをイメージし、昭和63年9月28日に制定されました。


人口・面積など
項目
人口(単位:人)
世帯数
(単位:世帯)
面積
(単位:平方キロメートル)
合計
(男)
(女)
 
西区
211,838
101,433
110,405
94,580
84.15
 
福岡市
1,596,953752,857844,096825,834343.46
 
 全市に対する
西区の割合
13.3%
13.5%
13.1%
11.5%
24.5%

※人口・世帯数は、令和2年4月1日現在「福岡市推計人口」による。
※面積は国土地理院公表の令和2年1月1日現在「全国都道府県市区町村別面積調」による。


7区の地図

7区の地図の画像



上空から見た西区


上空から見た西区の写真