現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中の健康の中の予防接種に関することから令和5年度 高齢者のインフルエンザ定期予防接種を実施します
更新日: 2024年2月1日

令和5年度 高齢者のインフルエンザ定期予防接種を実施します

季節性インフルエンザの予防接種です。

 

◇実施期間

令和5年10月1日から 令和6年3月31日 まで1回  (原則として月曜日~金曜日)
※期間を令和6年1月31日から2か月延長します。
※インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンを同時に接種することも可能です。



◇対象者

福岡市内に住民票(外国人登録を含む)があり、次に該当する人が対象。

 
  1. 接種日当日に65歳以上の方 ※令和6年2月1日以降に65歳になる方を除く
  2. 接種日当日に60歳以上65歳未満で、心臓、じん臓もしくは呼吸器の機能 または ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能の障がいがある方(身体障害者手帳1級相当) ※令和6年2月1日以降に60歳になる方を除く
    (上記障がい以外での身体障害者手帳1級相当の方は該当しません)

※ご本人が希望する場合以外は実施しません。
 (本人の意思確認ができない高齢者に、家族等が本人のために接種させる場合、予防接種法によるものではなく、全額個人負担となります。)
※予防接種は、接種当日に発熱がある人や、今までに予防接種によって副反応を起こしたことがある人などは受けることができません。
 接種前に接種日の体調などの情報を医師に伝え、医師の説明をよく聞いた上で接種を受けてください。


◇個人負担金

 1,500円


※対象者の方で、生活保護受給者や市県民税非課税世帯の人などは負担金が免除されます。
※生活保護受給者等でも、上記対象者以外の方は、費用助成の制度はありませんので、接種料金などは、医療機関に直接お問い合わせください。


◇個人負担金免除対象者及び確認書類


(1)生活保護法の適用を受ける者

  • ○介護保険料特別徴収通知書または介護保険料納入通知書兼特別徴収通知書の写し
     <所得段階区分> 第1所得段階
  • ○医療券の写し
  • ○医療券連名簿の写し
  • ○緊急受診証の写し
  • ○介護券連名簿の写し
  • ○福祉事務所発行の保護受給証明書

(2)中国残留邦人等支援法に基づく支援給付の支給決定を受けている者

  • ○中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律(平成6年法律第30号)に基づく支援給付の支給のための本人確認証の写し

(3)市県民税非課税世帯に属する者

  • ○介護保険料特別徴収通知書または介護保険料納入通知書兼特別徴収通知書の写し
     <所得段階区分> 第1、第2、第3所得段階
  • ○後期高齢者医療限度額適用・標準負担額減額認定証の写し
     <区分>区分Ⅰ、区分Ⅱ
  • ○介護保険負担限度額認定証の写し
  • ○介護保険特定負担限度額認定証の写し

※(3)について、上記の証明書をお持ちでない場合、各区納税課発行の『市県民税非課税証明書』(「高齢者予防接種用」のゴム印が押印されているものに限る)で個人負担金の免除を受けることができます。
 証明書が必要な方は、保険証などの住所、年齢が確認できる書類をご持参の上、各区納税課窓口で申請いただけます(代理の場合は、委任状が必要です
 コンビニ交付の証明書は使用できません。区役所納税課窓口で申請してください。

 区役所納税課窓口は込み合う可能性がありますので、時間に余裕を持ってご準備ください。
 




◇実施医療機関

・福岡市が指定した医療機関



 ※「予防接種(高齢者用)実施医療機関」のステッカーを表示いたします。



・市外の福岡県定期予防接種広域化実施医療機関

県医師会ホームページの実施医療機関リストへのリンク
 ※かかりつけ医が市外の場合や、病気治療で市外の病院等に入院している場合などは、市外の福岡県定期予防接種広域化実施医療機関で予防接種を受けることができます。



◇実施医療機関へ持参する物

本人確認書類
 『マイナンバーカード』、『健康保険被保険者証』、『介護保険被保険者証』、『運転免許証』などいずれか1つをお持ちください。


上記「◇対象者(2)」に該当する方は、
 『身体障害者手帳の写し』または『診断書』を提出してください。


※上記「◇個人負担金免除対象者」は
 『保護受給証明書』、『中国残留邦人等支援法に基づく本人確認証の写し』、『介護保険料納入通知書兼特別徴収通知書の写し(所得段階区分に第1、第2、第3所得段階の記載があるもの)』など、 「◇個人負担金免除対象者及び確認書類」の「確認書類」のいずれか一つを提出してください。(各々の証明書は、接種日時点において最新の証明書を医療機関へご持参ください。)




◇福岡県外の医療機関で予防接種を受ける方へ

 医療機関への入院や施設入所等の理由で、福岡県外の医療機関で定期予防接種を希望する場合、福岡市が発行する「予防接種実施依頼書」を持参して接種を受けてください。


 接種方法や費用負担は、滞在先の市町村の実施方法に従ってください。


 入院や施設入所等の理由により福岡県外で予防接種を受けた場合、または福岡県内の指定実施医療機関以外で予防接種を受けた場合において、接種費用の払い戻しをいたします。令和5年10月1日~令和6年3月31日の期間に接種を受けたものについて対象となります。


 詳しくはこちらをご覧ください。→福岡県外等の指定実施医療機関以外において受けた予防接種費用の払い戻しについて 


お問い合わせは、各区保健福祉センター(保健所)健康課へ。
※市外にお住まいの方は、住所地の市町村役場にお尋ねください。


各区保健福祉センター(保健所)健康課 
問い合わせ先
電話番号
FAX番号
 東区健康課
092-645-1078
092-651-3844
 博多区健康課092-419-1091092-441-0057
 中央区健康課092-761-7340092-734-1690
 南区健康課092-559-5116092-541-9914
 城南区健康課092-831-4261092-822-5844
 早良区健康課092-851-6012092-822-5733
 西区健康課092-895-7073092-891-9894

◇予防接種の効果と副反応

 インフルエンザ予防接種の有効性は世界的にも認められ、高齢者の発病防止や特に重症化防止に有効であることが確認されています。
 なお、予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかり、その効果が十分に持続する期間は約5か月間とされています。今季は既にインフルエンザが流行中です。ワクチン接種を希望される方は、お早めに接種をお願いします。 

 インフルエンザ予防接種後は、注射の跡が、赤みを帯びたり、はれたり、痛んだりすることがあります。また、わずかながら熱が出たり、寒気がしたり、頭痛、全身のだるさなどがみられることもありますが、通常これらは2~3日のうちに治ります。その他に、強い副反応として接種後数日から2週間以内に発熱、頭痛、けいれん、運動障がい、意識障がいの症状が現れる等の報告があります。非常にまれですが、ショックやじんましん、呼吸困難などが現れることもあります。また、予防接種と同時に、他の病気がたまたま重なって現れることがあります。
 予防接種を受けた後、このような接種した部位の異常な反応や、体調の変化などが現れたら、速やかに医師(医療機関)の診察を受けてください。
 インフルエンザ予防接種の効果と副反応について、詳しくは下記の厚生労働省ホームページをご確認ください。
 厚生労働省ホームページ「インフルエンザQ&A」


◇予防接種健康被害救済制度


 定期予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になったり、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく補償(医療費及び医療手当、障害児養育年金、死亡一時金、葬祭料など)を受けることができます。ただし、国の審査会において審議し、その健康被害が予防接種によるものと認定されることが必要です。
 詳しくは下記の厚生労働省ホームページをご確認いただくか、お住まいの区の保健福祉センター(保健所)へお尋ねください。
 厚生労働省ホームページ「予防接種健康被害救済制度について」


【医療機関向け情報】


請求について

福岡市保健予防課へ高齢者インフルエンザ定期予防接種料の請求について、下記をご確認ください。 
○福岡市医師会に所属する医療機関…医師会へお問い合わせください。

○福岡県定期予防接種広域化実施医療機関…福岡県医師会のホームページをご確認ください。
※各接種地における接種委託単価については、令和5年度福岡市高齢者インフルエンザ予防接種委託単価表 (52kbyte)pdfをご確認ください。

○上記以外の医療機関…福岡市保健予防課と事前に個別に契約する必要があります。詳しくは保健予防課までお尋ねください。

請求先:
〒810-8620
福岡市中央区天神1丁目8番1号
福岡市保健医療局健康医療部保健予防課 あて

よくある質問と回答Q&A(医療機関向け)

Q1.(福岡県定期予防接種広域化実施医療機関)予診票は他市の様式を使用してもいいでしょうか?
A1.予診票は他市の様式を使用していただいても大丈夫です。

Q2.(福岡県定期予防接種広域化実施医療機関)住民票が福岡市に登録されている方が接種しましたが、福岡市への請求単価はいくらでしょうか?
A2.令和5年度福岡市高齢者インフルエンザ予防接種委託単価表 (52kbyte)pdfをご確認ください。


情報掲載課

 部署 保健医療局保健医療部保健予防課
 住所 〒810-8620 福岡市中央区天神1丁目8番1号
 TEL 092-711-4270   FAX 092-733-5535
 email  hokenyobo.PHWB@city.fukuoka.lg.jp