福岡市史トップページに戻る
福岡市史について

基本計画

 福岡市では、新世紀における本市発展の指針とするため、また貴重な歴史資料の継承を目指して、平成16年より『新修 福岡市史』を編さんしています。平成22年から36年にかけて、計35巻を刊行予定です。

 編さんの指針として、以下の5点を目標としています。

  • 内容は、政治、経済、社会、文化、風俗、習慣、自然、環境などあらゆる分野を対象とし、地域・市民の視点に立って編さんする。
  • 正確で格調高い内容を保ちながら、わかりやすい文章表現などにより広く市民が親しめる市史をめざす。
  • 資(史)料の調査・収集にあたっては、本市に関連のあるものは日本国内だけでなく諸外国を含めて調査・収集することに努める。
  • 収集・記録された資(史)料等は、市民の財産として保存・管理し、郷土の歴史研究および学術・文化などの振興に活用する。
  • 市史の編さんおよび公開にあたっては、情報技術等の活用についても検討する。

 編さん体制としては、市史編さん事業の基本計画・事業計画など重要事項について審議・決定する「福岡市史編さん委員会」、具体的な事業推進にあたる「福岡市史編集委員会」を設け、編集委員会以下に専門部会を設置して活動しています。
 専門部会は「考古」「古代」「中世」「近世」「近現代」「民俗」の6部会からなり、各分野の専門家が調査・研究・執筆にあたっています。

▲上へ

福岡市生活情報文化・スポーツ・生涯学習>文化>文化財・歴史
Copyright(C)2007-2009 Fukuoka City All Rights Reserved.

福岡市博物館 市史編さん室
 住所 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
 TEL: 092-845-5011/FAX: 092-845-5019
 E-mail: shishi.EPB@city.fukuoka.lg.jp