福岡市史トップページに戻る
刊行物情報

新修 福岡市史 資料編近現代2
 資料編 近現代2 近代都市福岡の始動
A5判/上製本(函入り)/1300ページ
頒価 5,000円(税込)

福岡の近代都市への歩みを示す資料を収録

新修 福岡市史 資料編近現代2  明治22(1889)年の市制施行前後から明治末年までを対象として、福岡藩の城下町から福岡県の県庁所在地となった福岡がどのように市制を施行し、どのような近代都市として形成されていったかを示すさまざまな資料を収録する。特に福岡市の大きな特徴である福岡部と博多部の関係、旧福岡藩士族や商工業者の動向、他都市との関係や対外活動などに注目し、福岡の近代都市としての枠組みや方向性、政治・社会状況、都市開発や社会資本整備の進展について言論と実態の両方から探る。


>>『新修 福岡市史』ご購入の方法

▲上へ

福岡市生活情報文化・スポーツ・生涯学習>文化>文化財・歴史
Copyright(C)2007-2009 Fukuoka City All Rights Reserved.

福岡市博物館 市史編さん室
 住所 福岡市早良区百道浜3丁目1-1
 TEL: 092-845-5011/FAX: 092-845-5019
 E-mail: shishi.EPB@city.fukuoka.lg.jp