現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の主なプロジェクトの中のユニバーサル都市・福岡
更新日: 2019年7月19日

ユニバーサル都市・福岡

ユニバーサル都市・福岡ホームページ

このサイトでは、「ユニバーサル都市・福岡」と、その実現に向けた取り組みについて、随時公開しています。



 「ユニバーサル都市・福岡」の考え方や取り組みを、より多くの皆様にお伝えするため、ぜひ「いいね」や記事のシェアをお願いします。



 

 すべての人が、安心して気軽に外出することができるように、市内の施設のバリアフリー整備状況を紹介しています。





 こちらの教材は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会を契機として「心のバリアフリー」を推進するため、
障がい者団体等の関係者や学識経験者、民間企業の参画により、内閣官房が平成29年度に作成したものです。
※本動画の著作権は内閣官房に帰属しますが、内容を改変しない限りどなたでもご自由に、心のバリアフリーを学ぶための
 セルフワークや集合研修の教材としてお使いいただけます。
 
 教材の詳細については、こちらのサイト(首相官邸ホームページ)をご参照ください。


     

1 ユニバーサル都市・福岡について

 ユニバーサル都市・福岡とは、ユニバーサルデザインの理念に基づいた、誰もが思いやりを持ち、すべての人にやさしいまちのことであり、福岡市は、みんながやさしい、みんなにやさしいユニバーサル都市・福岡の実現を目指し、市政の柱の一つとして推進しています。


 福岡市において、少子高齢化の中、高齢者が安心して暮らせる事に加え、子どもを安心して生み育てられる環境づくりが必要とされています。また、国際交流の進展、ノーマライゼーションの考え方の普及などの社会環境の変化に伴い、年齢、性別、能力、背景等に関わらず、誰もが生き生きと働くことができ、過ごしやすい環境づくりも求められています。


ユニバーサルデザインの7原則とは?

 1 公平性       誰でも公平に利用できること
 2 自由度       使う上で自由度が高いこと
 3 単純性       使い方が簡単ですぐわかること
 4 分かりやすさ    必要な情報がすぐに理解できること
 5 安全性       うっかりミスや危険につながらないデザインであること
 6 体への負担の少なさ 無理な姿勢をとることなく、少ない力でも楽に使用できること
 7 スペースの確保   アクセスしやすいスペースと大きさを確保すること


ユニバーサル都市・福岡の取組みについて


 






ユニバーサル都市・福岡ロゴマークについて

ユニバーサル都市・福岡ロゴマークの画像

「ユニバーサル」の文字に隠れている「サル」をモチーフにして,市民に愛され,親しまれるキャラクターマークとしました。キャラクターの顔の中にやさしさの象徴となる「ハートマーク」を,その中に人を表す「i」を配置し,人がやさしさに包まれていることを図案化しています。




2 今年度の取組み

 

「ユニバーサル都市・福岡賞2019」を募集します!!

 ・ユニバーサル都市・福岡賞2019 募集要項(1,863kbyte)pdf      募集要項(テキスト版) (4kbyte) 
 ・ユニバーサル都市・福岡賞2019 応募用紙 (248kbyte)pdf
 ・ユニバーサル都市・福岡賞2019 応募用紙 (38kbyte)xls


対象となる取組み

福岡市内におけるユニバーサルデザインの考え方に基づく取組み,製品開発,施設(店舗)整備,情報発信やそのアイデア


募集期間

7月16日火曜日~8月30日金曜日 ※郵送の場合は消印有効。Eメールの場合は当日到着分まで有効。


選考基準

■ユニバーサルデザインの理念に基づいた,優れた取組みであること
■創造的で独創性があること 
■ユニバーサルデザインの普及,理解促進やその他の取組みなどへの波及効果が期待できること


応募特典

・1次選考通過者全員に対する特典:「ユニバーサルデザイン見本市」の会場での応募内容の紹介
・受賞者への特典:市のホームページや,市政だより,専用リーフレット等でのご紹介   


外国人観光客向けに日本のトイレの利用マナーを説明したステッカーを配布しています!!

 
    洋式トイレの利用マナー啓発ステッカー      和式トイレの利用マナー啓発ステッカー 

  日本のトイレには様々な種類があるため,外国人観光客の中にはトイレの使い方が分からない方もいらっしゃいます。
  
  そのため,福岡市内の飲食店等を訪れた外国人の方々にトイレの利用マナーを分かりやすくお伝えするステッカーを作成しました。

  このステッカーは洋式トイレと和式トイレの2種類となっています。
  福岡市役所1階情報プラザでの配布や,下記サイトからダウンロードも可能です。
  「ユニバーサル都市・福岡」トイレの利用マナー啓発ステッカーについて  
  
  ぜひ,飲食店等のトイレ室内など見やすいところに貼ってお使いください。



  ★トイレの利用マナー啓発ステッカー掲出協力店のご紹介
  市内の飲食店等でトイレステッカーを掲出し,誰もが思いやりをもち,すべての人にやさしいまち「ユニバーサル
  都市・福岡」の推進にご協力いただいている店舗をご紹介します。

 

3 これまでの取組み

ユニバーサル都市・福岡に関連する福岡市の取組み

ユニバーサル都市・福岡に関連する,福岡市の取組みを紹介します。



平成24年度事業



平成25年度事業



平成26年度事業



平成27年度事業



平成28年度事業



平成29年度事業



平成30年度事業


「ユニバーサル都市・福岡フェスティバル2018」 を開催しました。


 やさしさと思いやりがあふれる1ヶ月~
 
2018年10月1日(月曜日)~11月11日(日曜日)
 市民のみなさまが「ユニバーサル都市・福岡」について,楽しみ・学び・考えていただける様々な催しを市内各所で開催しました。

  ユニバーサル都市・福岡フェスティバルのポスター画像


1.主催事業

1 ユニバーサル都市・福岡とパラスポーツの祭典

日時:2018年10月28日(日曜日)10時00分~12時30分 
場所:福岡市総合体育館(福岡市東区香椎照葉6丁目1番1号)


第1部 トークセッション(10時00分~10時30分)

ゲストに元陸上競技選手の為末大氏とゴールボール金メダリストの浦田理恵氏を迎え,高島市長と「ユニバーサル都市・福岡と東京パラリンピック競技大会」について語り合いました。


   トークセッションの様子

第2部 パラスポーツ体験(10時45分~12時30分)

ゲストの為末大氏を迎えたランニング教室や,浦田理恵氏を迎えたゴールボール教室,アビスパ福岡のコーチを迎えたブラインドサッカー教室などのパラスポーツ体験会を開催しました。

  

当日は,ユニバーサル都市・福岡に関連するブース出展も行いました。 
多くの方に足をお運びいただきまして,ありがとうございました。


   ブース出展の様子 


2 ユニバーサルデザイン見本市&ユニバーサル都市・福岡賞表彰式

日時:2018年10月29日(月曜日)~11月3日(土曜日・祝日)11時00分~20時00分 
場所:ソラリアプラザ1Fゼファ(福岡市中央区天神2丁目2番43号ソラリアプラザビル1F)


ユニバーサルデザイン見本市

ユニバーサルデザインの考え方に基づく優れた取組みや製品,そのアイデア等を紹介しました。
会場では,移乗・移動支援ロボット「RODEM」の体験や,キッチン用品・文房具・おもちゃ・ファッションなど
さまざまなユニバーサルデザインを展示しました。

   企業のユニバーサルデザインの取組み企業のユニバーサルデザインの取組み企業のユニバーサルデザインの取組み
   企業のユニバーサルデザインの取組み企業のユニバーサルデザインの取組み企業のユニバーサルデザインの取組み
   企業のユニバーサルデザインの取組み企業のユニバーサルデザインの取組み


ユニバーサル都市・福岡賞2018表彰式

ユニバーサル都市・福岡賞2018にご応募いただいた中から,選考にて「最優秀賞」・「優秀賞」を決定し,会場にお越しいただいたみなさまの投票数で「市民特別賞」を決定しました!

★ 最優秀賞 福岡市立和白中学校

【取組名】和白ユニバーサル・ウィーク&フェスティバル
【概要】 和白ユニバーサル・ウィークの実施や,和白ユニバーサル・フェスティバルの開催など,和白中学校の自発的な取組みです。
     ユニバーサルデザインや人権について学習し,様々な立場の人と共生する態度を育成することを目的としています。



★ 優秀賞 Baby BnB プロジェクトチーム(一般社団法人マザー・アーキテクチュア)
         
【取組名】Baby BnB (ベビー ビーアンドビー)
【概要】 街なかで安心して授乳やおむつ替えができる場所を,誰もが気軽に提供できるよう,簡単に組み立てられる「ベビー・ステーション」を様々な店舗や施設へ配置し,その場所を専用アプリ「ベビー・ビーアンドビー」で表示するプラットフォームのアイデアです。



  市民特別賞 株式会社しくみデザイン

【取組名】AR楽器「KAGURA」
【概要】 体の動きで直感的に演奏できるAR楽器「KAGURA」の開発です。
     既存の楽器を演奏できなくても,音楽を奏で,楽曲制作することが可能なため,子ども向け教材として活用されているほか,特別支援学校で肢体不自由などの障がいを持つ子どもたちの演奏ツールやスヌーズレンルームの設備としても活用されています。



 ★ 特別賞 須之内 柊さん

【取組名】点字ブロックアシスト
【概要】 点字ブロックがない場所でも,靴の先端に搭載されたカメラの映像を基に,自然と点字ブロックを踏んでいる感覚にしてくれる靴を開発するアイデアです。      


   受賞者の皆様 会場にお越しいただいた皆様

詳しくは,下記のリーフレットやfacebookの記事をご覧ください。


2.関連事業

福岡市や市内のNPO団体などによる様々な催しを実施します。各催しの実施内容等,詳しくは,
「ユニバーサル都市・福岡フェスティバル2018」のリーフレットをご覧ください。


4 関連リンク集

関連リンク集

ユニバーサル都市・福岡に関連する福岡市の取組の中で,特に関連の深いホームページ,パンフレットのデータ、条例・方針などをまとめています。


みんなにやさしいお店づくり表紙


既存の小規模店舗等がバリアフリー化に取り組んでいただけるよう、おもてなしの対応や、ちょっとしたくふうで使い易くなるバリアフリーの方法を、イラストや写真を用いてわかりやすく解説しています。



心のバリアフリー表紙


困っている人がいたら手助けをしたいと思っても,何もできなかった経験は有りませんか。この広報誌は,そのもどかしさから一歩踏み出すきっかけとなるよう主な手助け方法を紹介しています。


こんなマーク見たことありますか?UDに関するマーク・サインのページにリンクします。



5 ご意見・お問い合わせ

 〒810-8620 福岡市中央区天神1-8-1 福岡市役所8階
 福岡市総務企画局企画調整部企画課 
 電話番号:092-711-4864  
 FAX:092-733-5582
 kikaku.GAPB@city.fukuoka.lg.jp