現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中のごみ・リサイクルの中の家庭のごみから雑がみ(雑誌や菓子箱など)をリサイクルしよう!
更新日: 2022年9月1日

雑がみ(雑誌や菓子箱など)をリサイクルしよう!

雑がみ回収袋の写真1雑がみ回収袋の写真2

雑がみは新聞紙や段ボールと同じ、リサイクル可能な紙資源です。
資源物として回収すれば、リサイクルされ、新しい紙製品に生まれ変わることができます。

しかし、福岡市の家庭から出る燃えるごみ(令和3年度)には約4万トンもの「リサイクル可能な燃えるごみ」が入っており、その中の約9割が雑がみでした。
また、市民アンケート調査では、約5割の人が「雑がみを燃えるごみに捨てている」と回答しており、まだまだ雑がみリサイクルが浸透していません。


雑がみってどんなもの?


雑がみとは、新聞紙・段ボール以外のリサイクル可能な紙類のことです。

雑がみのイラスト
  • パンフレット、書籍、ノート
  • 紙箱、包装紙(お菓子・贈答品)
  • ティッシュの箱(取り出し口のビニールは取り除く)
  • はがき、封筒(窓付き封筒のビニールは取り除く)
  • 投函されたチラシ、フリーペーパー、配布されたプリント
  • ラップ、アルミ、トイレットペーパーの芯
  • 紙袋   など

雑がみに入れてはいけないもの(禁忌品(きんきひん))は何?


下記のものはリサイクルできません。燃えるごみとして出してください。


  • においのついた紙(洗剤や線香の箱)
  • 感熱紙(レシートやファックスの紙)
  • 紙コップ、紙皿
  • 使用済み紙おむつ
  • 使用済み衛生紙
  • カーボン紙(宅配便の伝票)
  • 圧着はがき(糊付けされていて開封するまで中身が見えないはがき)
  • 写真
  • 絵具やクレヨンで描いた画用紙
  • ビニールコーティングされた紙
  • 冊子付録のCD、DVD
  • 紙以外のもの(ビニール・金属など)
カーボン紙の写真
カーボン紙(宅配便の伝票)

圧着はがきの写真
圧着はがき
(糊付けされていて開封するまで中身が見えないはがき)

ビニールコーティングしている紙を破る様子の写真
ビニールコーティングされた紙
(※ゆっくり破ると見分けがつきます。)

雑がみの集め方は?


雑誌やパンフレットなどの大きな雑がみは、ひもで十字にしばってください。
お菓子の紙箱やはがきなどの小さな雑がみは、封筒や紙袋などに入れてください。 

大きな雑がみと小さな雑がみの集めかたのイラスト

大きな雑がみが少量しかない場合は、小さな雑がみと一緒に紙袋にまとめてもかまいません。
集めた雑がみが回収時に散らばらないようにしましょう。


お部屋のごみ箱の横やデスクの脇に雑がみ回収用の紙袋を置いておけば、簡単にごみと雑がみを分けることができるのでおすすめです!

ごみ箱の横に紙袋を置いている写真

雑がみ回収促進袋


現在、みなさんにもっと雑がみについて知ってもらうため、「雑がみ回収促進袋」を配布しています。
袋には、出せる雑がみの種類などが記載されており、初めて雑がみのリサイクルに挑戦する人にも分かりすいデザインとなっています。
※雑がみは「雑がみ回収促進袋」ではない、ご家庭にある紙袋でも集めて出すことができます。


<雑がみ回収促進袋の配布場所>

市内9カ所に設置された資源物回収ボックス

  • 東区役所
  • 城南区役所
  • 早良区役所
  • 入部出張所
  • 西区役所
  • 西部出張所
  • 中央体育館
  • 博多市民センター
  • 南市民センター

<ボックス開設時間>

毎日午前9時から午後5時(年末年始を除く)
※「雑がみ回収袋」は資源物回収ボックスの係員よりお受け取りください。


集めた雑がみはどこに持って行くの?

地域の紙リサイクルボックス、校区紙リサイクルステーション、区役所・市民センター等にある回収拠点か日時を決めて行われる集団回収へお持ち込みください。
事業所から出る古紙についてはこちらをご覧ください。 


回収拠点についてはこちら

集団回収については、地域の掲示板や回覧板をご確認いただくか、ご近所の方にお尋ねください。