現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中の脱炭素・温暖化対策の中の補助金・サポートから令和6年度 福岡市事業所の省エネ設備導入支援事業
更新日: 2024年5月31日

令和6年度 福岡市事業所の省エネ設備導入支援事業


 事業所の省エネルギーに係る取組みを推進するため、省エネルギー設備(高効率照明設備(LED照明)、高効率空調設備、高機能換気設備)の設置経費を一部助成します。


〈お知らせ〉

〇要綱の改正及び様式を修正しました。(5月31日 更新)
〈要綱の改正〉
◇「(別表2-4)カラー写真」について「施工前の」を追記しました。
◇「(別表3-4)カラー写真」について「施工中、施工後の」を追記し、併せて「③導入設備の銘板部分」に「(施工後のみ)」を追記しました。
◇「(別表2-9)発行日から3か月以内の申請者の履歴全部事項証明書または現在事項全部証明書」について、「※3 個人事業主の場合は「①個人事業の開業届出書の写し」「②青色申告承認申請書の写し」「③確定申告書(青色又は白色申告書)の写し」のいずれかを添付してください。」を追記しました。
・令和6年度 福岡市事業所の省エネ設備導入支援事業補助金交付要綱

〈様式の修正〉
高効率空調設備及び高機能換気設備の補助申請を行う場合に提出するCO2削減率・必要換気量算定シート(様式第1号別表2)について、算定方法に一部誤りがありましたので修正しました。
・交付対象申請書CO2削減率算定シート(様式第1号別表2)

要綱及び様式の変更に伴い、申請の手引きを改訂しています。
・申請の手引き・・・P11-12、P14-16(手続きの手順)、P17-23(様式の記載例)を要綱改正及び様式修正のとおりに改訂しました。



概要


1 申請受付期間

  • 令和6年5月7日(火曜日)~ 令和6年11月29日(金曜日)まで(郵送の場合、必着)

  • ・補助対象決定額が予算に達し次第受付を終了します。
  • ・申請書に必要書類を添えて、補助金交付事務局あてに電子メール又は郵送で申請してください。(持参不可)
  • ・郵送の場合は、上記期間内必着です。

2 補助枠

 4,000万円


(1)補助対象設備

補助金を交付する対象の設備(以下「補助対象設備」という。)は次に掲げる設備とし、以下に掲げる要件を満たす設備

  • ア 高効率照明設備(LED照明)
  • イ 高効率空調設備
  • ウ 高機能換気設備

  • 福岡市内の事業所等に設置されるものであること。
  • 2者以上の事業者から見積書を徴取し、最低価格を提示した事業者の設備を導入すること。ただし、見積書を徴収する事業者の少なくとも1者は福岡市内に本店もしくは支店を有する事業者とすること。
  • 未使用であること。
  • 上記に掲げるもののほか、以下の表に定める要件を満たすこと。


補助対象設備別補助要件の一覧
補助対象設備 補助要件
高効率照明設備(LED照明)・調光制御機能を有するLED※1又は再エネ一体型屋外照明
高効率空調設備・対象施設内に設置するものであり、従来の空調設備等に対して、30%以上の省CO2が図られていること。
高機能換気設備・対象施設内に設置し、平時に活用するものであり、①から③の要件を全て満たすこと。

①全熱交換器( JIS B 8628 に規定されるもの)であること。

②必要換気量(1人当たり毎時30平方メートル以上※2)を確保すること。

③熱交換率 40% 以上( JIS B 8639 で規定)であること。
  • ※1「調光制御機能を有するLED」とは、①スケジュール制御(予め設定したタイムスケジュールに従い、個別回路、グループ化又はパターン化した回路を自動的に点滅又は調光制御する機能)、②明るさセンサによる一定照度制御(明るさセンサからの信号により、予め設定した照度に調光制御する)、③在/不在調光制御(人感センサ又は微動検知人感センサからの信号により、予め設定した個別回路を点滅又は調光制御する)のいずれかの機能を有するLEDのことを指す。

  • ※2 建築物の構造上、一人あたり毎時 30 ㎥を満たすことが難しい場合は、当該建築物に合致する最大の換気量で設計すること。「換気の悪い密閉空間」を改善するための方法や、必要換気量については、「商業施設等における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気について」令和2年3月 30 日厚生労働省「商業施設等における「換気の悪い密閉空間」を改善するための換気について」を確認すること。

(2)補助金交付額

機器費の2分の1(1事業所あたり300万円を上限、1事業者あたり900万円を上限とする)

  • ※機器費は機器費にかかる値引き等がある場合はそれを差し引いた金額とします。
    ※算出した額に千円未満の端数が生じた場合は切り捨てとします。


4 補助対象者

 市内に事業所を有する中小企業者等

 
  [条件]
  • 中小企業者等(※)であること。
  • 申請する補助対象設備に関して、国等の他機関から本補助金と併用する形で補助金の交付を受けていないこと。
  • 地方自治法施行令(昭和22 年政令第16 号)第167 条の4(一般競争入札の参加者の資格)の規定に該当するものでないこと。
  • 「令和6年度 福岡市事業所の省エネ設備導入支援事業補助金交付要綱」第12条に係る交付対象申請書提出時に、福岡市競争入札参加停止等措置要領に基づく競争入札参加停止又は排除に係る措置を受けていないこと。
  • 福岡市競争入札参加停止等措置要領に基づく競争入札参加停止又は排除に係る措置を受けていない事業者へ設置工事を発注する予定としていること。
  • 補助金の交付対象申請の審査時に福岡市税に係る徴収金(福岡市税及び延滞金等)に滞納がないこと。
  • 暴力団員又は暴力団員と密接な関係を有する者でないこと。

※ 中小企業者等とは、 次のいずれかに該当する者をいう。


  • ①中小企業法(昭和 38 年法律第 154 号)に規定する中小企業であって、福岡市内に事業所等を所有し、事業活動を行っている者。
  • ②事業活動に伴う1年間のエネルギー使用量が原油換算で1,500kL未満の事業所(1年間のエネルギー使用量が1,500kLの事業所とは、年間の電気使用量では約600万kWh程度使用している事業所で、施設の規模は以下の表を目安にしてください)であって、福岡市内に事業所等を所有し、事業活動を行っている者。②の場合は「使用状況調査報告書(様式第14号)」に昨年度1年間の事業所のエネルギー使用量を記載のうえ提出してください。)
   
施設規模の一覧
施設の種別 施設の規模
小売店舗延べ床面積 約3万平方メートル
ホテル客室数 300室~400室
病院病床数 500床~600床

5 申請手続きの流れ


(1)補助金交付対象申請(補助対象設備の契約・発注前


  • 申請期間終了日令和6年11月29日(金曜日)までに電子メール又は郵送により不備・不足のない状態で補助金交付対象申請書及び必要書類を提出してください。(持参不可)
  • メール申請の場合は、メールの件名を「【申請】省エネ設備導入支援事業補助金」としてください。
  • 補助金交付対象決定を行う前に、補助対象設備の契約・発注をしている場合は補助金交付対象決定される資格を失います。
  • 早く契約・発注をしたいため、審査を急いで欲しい等のご要望には応じられません。余裕をもって申請ください。
  • 申請書類等に不備・不足がある場合は、修正等について期限を定めて事務局から連絡いたします。
  • 期限内に修正等がなされない場合には、補助金交付非対象決定をいたします。非対象決定された場合でも、申請受付期間内であれば、不備を解消した状態で改めて申請されることは可能です。

(2)補助金交付請求(補助対象設備の工事完了後)


  • 補助対象設備の設置が完了した日から起算して60日(土日祝日の場合は、前営業日)又は、令和7年2月28日(金曜日)のいずれか早い日までに電子メール又は郵送により不備・不足のない状態で補助金交付請求書及び必要書類を提出してください。(持参不可)
  • メール申請の場合は、メールの件名を「【請求】省エネ設備導入支援事業補助金」としてください。
  • 期限内に書類の提出がなければ、原則、補助金の交付はできません。
  • 以下のケースは、いずれも「設置完了日」としては認められません。
    例)工事代金の支払い日、領収書の発行日
  • 申請書類等の不備・不足がある場合は、修正等について事務局から連絡いたします。
  • 補助金交付対象申請と違い、修正中に提出期限を過ぎたもの、提出期限までに補助金交付請求書等を提出しなかったものについては、補助金交付対象決定を取り消し、補助金交付申請が取り下げられたものと見なします。
  • 不備対応等の時間を考慮し、概ね提出期限の1~2週間前までには事務局に到着するよう提出されることを推奨します。
  • 事情があって提出に時間を要する書類がある場合は、上記期限より前に、必ず余裕をもって補助金交付事務局にご相談ください。
  • 原則、申請者や手続き代行者等の事情による提出期限の延長は認められません。なお、申請者の多忙や資金計画上の遅延等は、やむを得ない事情にあたりません。
  • 個々の事例によって検討し、やむを得ない事情と判断した時のみ、該当する書類だけの提出を猶予する場合があります。

6 提出書類


(1)補助金交付対象申請(補助対象設備の契約・発注前


(2)補助金交付請求(補助対象設備の工事完了後)


書類の作成・提出にあたっての注意事項

 ◆共通◆
 (電子メール・郵送提出共通)

  •   (1) エクセルの自動計算機能を利用する箇所については手書きしないでください。
  •   (2) 必要な欄すべてに記入やチェックがされていることを確認してください。
  •   (3) 必要な書類が全て揃っているかを確認してください。
  •   (4) 不要な資料は添付しないでください。
  •   (5) 提出書類は、要綱(別表2、別表3)の1番から順に並べてください。
  •   (6) 日付は、事務局に送付する直前にご記入ください。
  •   (7) 提出書類については全て写しを取って保管し、事務局からの連絡時に、内容を確認できるようにしておいてください。一度提出された書類は返却いたしません。事務局においてコピーや閲覧に応じることはいたしませんのでご注意ください。

 (郵送提出の場合)

  •   (8)  鉛筆や消すことができるペンは使用しないでください。
  •   (9)  修正テープ(液)は使用しないでください。
  • (10)  様式のある申請書等は、両面印刷をしてください。
  • (11)  提出書類はホッチキス留めしないでください。
  • (12)  資料はA4サイズの用紙で提出してください。
  • (13)  特定記録や簡易書留等、事務局の受け取りが記録される郵送手段が望ましいです。普通郵便の不達については対応できません。

◆補助金交付請求時◆

  •   (1)  領収書は、原本ではなく、写しを提出し、領収書には、宛名《申請者名》、金額、但し書き《補助対象設備名及び内訳金額》、領収日、領収者名、領収印が、漏れなく正しく記載・押印されているかご確認ください。
  •  (2)  住所の記入誤りがないように注意してください。

7 申請の取り下げ・計画変更・中止


(1)申請の取り下げ

  • 補助金交付対象申請書を提出し、補助金交付対象の決定をする前に補助金交付対象申請を取り下げようとするときは、「取下げ届(様式第4号)」を提出してください。
 

(2)計画の変更

  • 補助金交付対象決定後に、決定された補助対象設備を変更するときは、契約・発注する前に、「計画変更承認申請書(様式第5-1号)」に変更の内容を反映した「補助金交付対象申請書(様式第1号)」、交付要綱別表2に定める書類のうち、交付対象申請時から変更となるものを添えて速やかに事務局へ提出し、承認を受けてください。(※変更された設備について補助金交付対象としての要件を満たしているか、審査いたします。既に設置工事に着手している場合、補助金交付対象決定が取り消される場合があります。)
  • 設備に変更がない場合でも、補助対象経費を変更するとき補助金交付予定額と補助金交付申請額に差異が生じる変更をするとき、計画変更承認申請が必要です。
  • 計画変更承認申請書が提出された時点で、補助金交付対象申請額が補助枠に達していれば、増額変更ができない可能性があります。

(3)計画の中止

  • 補助金交付対象決定後に、補助対象設備の設置を中止しようとするときは、速やかに「計画中止届(様式第6号)」を提出してください。

8 補助金受領後の必須事項

(1)補助対象設備の管理

補助金の交付を受けた方は、対象設備を下記の期間、善良なる管理者の注意をもって管理する必要があります。
管理期間内に補助対象設備を処分又は変更しようとするときは、「財産処分申請書(様式第12-1号)」を事務局に提出し、その承認を受けなければなりません。
承認を受けた場合も、補助金の返還を求められる場合があります。


管理期間
番号 補助対象設備処分制限期間
高効率照明設備(LED照明)15年
高効率空調設備
ダクト配管されている埋め込みタイプで冷凍出力が22kWを超えるもの
15年
高効率空調設備
ダクト配管されている埋め込みタイプで冷凍出力が22kW以下のもの
13年
高効率空調設備
上記2.3以外のもの
6年
高機能換気設備15年


<あらかじめ承認申請が必要なとき>

  • (1)補助対象設備を売却、又は譲渡するとき
  • (2)補助対象設備を交換、又は廃棄するとき
  • (3)補助対象設備を貸付、又は担保に供するとき

<事実発生後、速やかに承認申請が必要なとき>

  • (4)補助対象設備が損傷又は滅失したとき
  • (5)補助金受領者より補助対象設備を承継したとき
     ※(5)の場合は、補助金の交付を受けた方から補助対象設備を承継した方が「補助事業承継承認申請書(様式第13-1号)」を提出してください。

(2)報告書の提出

・補助金交付決定通知書と合わせて「使用状況調査報告書(様式第14号)」を送付しますので、報告書を作成し、提出してください。



9 様式及び記入例

全ての様式・記載例をダウンロードする場合は「様式一式ダウンロード (6,783kbyte)」をご利用ください。



補助金交付対象申請を行うとき
様式名 様式    記載例
【高効率照明設備(LED照明)の補助申請を行う場合】
補助金交付対象申請書(様式第1号)及び
照明設備の消費電力比較表(様式第1号別表1)
エクセル (65kbyte)xlsPDF (1,462kbyte)pdf
【高効率空調設備(電気式空調設備から電気式空調設備へ更新)の補助申請を行う場合】
補助金交付対象申請書(様式第1号)及び
CO2削減率算定シート(様式第1号別表2)

※5月31日修正版に差し替えております。
エクセル (811kbyte)xlsPDF (1,454kbyte)pdf
【高効率空調設備(ガス式空調設備からガス式空調設備へ更新)の補助申請を行う場合】
補助金交付対象申請書(様式第1号)及び
CO2削減率算定シート(様式第1号別表2)

※5月31日修正版に差し替えております。
※現在作成中です。
申込希望者は下記問い合わせ先にご連絡ください。
 
【高機能換気設備の補助申請を行う場合】
補助金交付対象申請書(様式第1号)及び
必要換気量算定シート(様式第1号別表2)

※5月31日修正版に差し替えております。
エクセル (57kbyte)xlsPDF (1,399kbyte)pdf
【申請者と事業所等の所有者が異なる場合】
同意書(様式第15号)
ワード (17kbyte)doc 
写真台紙(様式第16号)エクセル (12kbyte)xls 
撮影ボードエクセル (13kbyte)xls 
役員名簿(様式第18号)エクセル (30kbyte)xls 
見積書(参考様式)エクセル (28kbyte)xlsPDF (364kbyte)pdf


補助金交付請求を行うとき
様式名 様式    記載例
補助金交付請求書(様式8号)
エクセル (34kbyte)xlsPDF (466kbyte)pdf
写真台紙(様式第17号)エクセル (12kbyte)xls 
撮影ボードエクセル (11kbyte)xls  


申請を取り下げるとき
様式名 様式    記載例
取下げ届(様式第4号)ワード (17kbyte)doc 


交付対象決定後に計画を変更するとき
様式名 様式    記載例
計画変更承認申請書(様式第5-1号)ワード (22kbyte)doc 


補助対象設備の設置を中止するとき
様式名 様式    記載例
計画中止届(様式第6号)ワード (42kbyte)doc 


管理期間内に補助対象設備を処分または変更するとき
様式名 様式    記載例
財産処分承認申請書(様式第12-1号)ワード (24kbyte)doc 


管理期間内に補助対象設備を承継するとき
様式名 様式    記載例
補助事業承継承認申請書(様式第13-1号)ワード (23kbyte)doc 


補助金受領後、年間エネルギー使用量等を報告するとき
様式名 様式    記載例
使用状況調査報告書(様式第14号)エクセル (47kbyte)xlsPDF (682kbyte)pdf


10 要綱 

11 問い合わせ・申請書提出先

福岡市事業所の省エネ設備導入支援事業補助金交付事務局(株式会社 アーストーンコンサルティング 内)


住所:〒812-0011 福岡市博多区博多駅前2丁目6-15オクターブ博多駅前ビル3階
電話番号:092-292-1719
FAX番号:092-292-1702
メールアドレス: c-fukuoka@earth-tone.jp
<開設時間>9時から12時、13時から17時30分
(土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)を除く)