現在位置:福岡市ホームの中の観光・魅力・イベントの中の市関連のイベント・講座などの中のイベント情報一覧から今週末のおでかけ情報(イベント情報など)
更新日: 2018年9月20日

今週末のおでかけ情報(イベント、科学館、美術館・博物館情報など)

毎週木曜日更新。次回更新は、9月27日(木曜日)予定です。

そのほかの新着イベント情報一覧はこちらから。各区のイベント情報もご覧ください!(東区博多区中央区南区城南区早良区西区


1.今週末のイベント

9月20日(木曜日)から前売券発売開始!
博多旧市街ライトアップウォーク2018 千年煌夜(せんねんこうや) new

博多ライトアップウオークの写真(まるごと福岡・博多から)

博多区の由緒ある神社・仏閣をライトアップする「博多旧市街ライトアップウォーク2018 千年煌夜」の前売券発売を9月20日(木曜日)から開始します。電子チケット(eチケット:通常価格の50円引き)の発売も行います。

今年は東長寺の福岡大仏の夜間特別公開も。「博多旧市街ライトアップウォーク2018 千年煌夜」の開催期間は、10月31日(水曜日)から11月4日(日曜日)です。

関連リンク/チケット(博多旧市街ライトアップウォーク2018 千年煌夜)

外国人留学生が語る「ふるさとの街と福岡」 new

9月20日(木曜日)午後6時30分から

スペインの写真

今月は、スペイン・マドリード出身のロペス・ボルハさんが、故郷のことやご自身の経歴について日本語で語ります。

スペイン・マドリード出身のロペス・ボルハさんは、日本の言語や文化、特に和食に興味を持ち、マドリードにあるお寿司屋さんで働きながら日本語の勉強を始め、現在、福岡の学校で日本語能力試験2級合格を目標に、日々勉強に励んでいます。そんな彼がふるさとの街やご自身の経歴を日本語で語ります!

みなさまのご参加お待ちしています。参加費は一般500円、外国人学生無料。当日参加も可能です(可能であれば事前にお申し込みを)。

場所/福岡市国際会館 4階大会議室(博多区店屋町4-1)(冷泉公園横、住宅供給公社と同じハープビル)

関連リンク/外国人学生が語る「ふるさとの街と福岡」(福岡よかトピア国際交流財団ホームページ)

無料調停相談会 new

9月21日(金曜日)午前10時30分から午後3時30分

金銭問題,交通事故,家庭内の問題等の調停手続きについて,裁判所の調停委員が相談に応じます。申し込みは,当日会場で先着順にて受け付けます。相談者の秘密は固く守られます。無料。

場所/福岡朝日ビル(地下2階多目的ホール)(博多区博多駅前2-1-1)

関連リンク/無料調停相談会(9月21日)

第18回室見川灯明まつり「有田のミュージアム」 new

9月22日(土曜日)午後6時から午後9時※雨天中止

室見川灯明まつりの写真

室見川河畔を彩る灯明の数、約1万6千個。早良区の秋の風物詩として毎年3万人が訪れる「室見川灯明まつり」。今年のテーマは「有田のミュージアム」です。有田校区の住民の皆さんが、“独眼竜”伊達政宗の兜や「ミロのヴィーナス」「ひまわり(ゴッホ作)」「叫び(ムンク作)」など様々なアートの世界を美しく、壮大に、灯明で描き出します。室見川のさわやかな風と水面、そして「ろうそく」の光が創り出す幻想的な世界をお楽しみください。

※中止の場合は,9月22日土曜日の朝,有田校区まちづくり実行委員会のブログ「室見川灯明まつり活動日誌」に掲載します。

開催場所/外環室見橋から河原橋までの室見川河畔公園(※今年は早良区側のみで実施)(最寄駅は、地下鉄七隈線 次郎丸駅、橋本駅)

関連リンク/第18回室見川灯明まつりの開催について(早良区ホームページ)

枚数限定、売り切れ次第終了!
副駅名「動植物園口」決定記念はやかけんを発売 福岡市地下鉄 new

9月22日(土曜日)午前11時から午後3時(売り切れ次第終了)

福岡市地下鉄と福岡市動植物園は、七隈線薬院大通駅の副駅名「動植物園口」が決定したことを記念して、「副駅名『動植物園口』決定記念はやかけん」を、枚数限定で発売します。動物園の「動物はアートだ」ポスターシリーズを手掛ける、北村直登さんのイラストと岡田賢さんのコピーを用いた特別デザインです。

券面イメージの画像

発売場所は、福岡市地下鉄七隈線 薬院大通駅(動植物園口)及び天神南駅東口の特設ブース。発売枚数は、各駅500枚、計1,000枚(お一人様5枚まで)。発売金額は、1枚1,000円(うち デポジット500円、チャージ500円)です。

場所/福岡市地下鉄七隈線 薬院大通駅(動植物園口)天神南駅東口の特設ブース

関連リンク/福岡市地下鉄ホームページ

The Creators(ザ・クリエイターズ)-最先端エンターテインメント体験型フェス― new

9月22日(土曜日)、9月23日(日曜日・祝日)午後1時から午後9時

The Creators(ザ・クリエイターズ)のポスター画像

今,話題のアーティストによるステージや豪華スピーカーによるトークセッション,e-sportsやVRが体験できるクリエイティブブースなど最先端の「テクノロジー」と「エンターテインメント」が体感できるイベントです!

22日(土曜日)は、「The Creators SPECIAL TALK SESSION feat. 落合陽一×高島宗一郎×井上和久」。筑波大学デジタルネイチャー研究室主宰で、ピクシーダストテクノロジーズ(株)代表の落合陽一さんと、ブロックチェーンのプロダクト・サービスを提供するグッドラックスリーの井上和久さん、そして高島市長によるトークセッションが行われます。モデレーターは、(福岡地域戦略推進協議会(FDC)事務局長の石丸修平さんです。

23日(日曜日・祝日)は「The Creators SPECIAL TALK SESSION feat. 堀江貴文 × 松山洋」。ロケットエンジン開発など様々な分野で活躍する堀江貴文さんと、福岡のゲーム制作会社サイバーコネクトツーの代表・松山洋さんによるトークセッションです。

また、アーティストステージでは、世界で活躍するアーティストによるライブ♪ アメリカテキサス州で3月に開催された世界最大の音楽とテクノロジーの祭典「SXSW 2018(South by Southwest)」に出演した、福岡を拠点に活動するバンド「Attractions」が登場します。

入場無料です。どうぞご来場ください!

場所/福岡市役所 西側ふれあい広場(中央区天神1-8-1

関連リンク

動物愛護と正しい飼い方に関するパネル展 new

9月22日(土曜日)から9月24日(月曜日・振休)午前10時から午後4時

動物愛護週間(9月20日から26日)にあわせて、動物の愛護や犬猫の正しい飼い方について学んだり,理解を深めていただくためのパネル展を開催します。

動物愛護週間のポスター画像

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所/福岡市動物園 動物科学館(アラビアオリックス舎 下)(中央区南公園1-1

関連リンク/わんにゃんよかネットホームページ

来て!見て!体験!消防たい(隊)in かしいかえんシルバニアガーデン new

9月22日(土曜日)午前10時から正午

消防隊になってみないか?!レスキュー隊に君もチャレンジ! 体験型防火・防災イベントを開催します。ちびっこレスキュー(つな渡りに挑戦だ)、こども消防服で消防士に変身だ、小さな消防車と救急車に乗って出動だ!等々。

福岡市消防局マスコットキャラクター ファイ太くんの画像

場所/かしいかえん 芝生広場・大テントイベントステージ(東区香住ヶ丘7-2-1)

関連リンク/福岡市消防局ホームページ

動物慰霊祭 福岡市動物園 new

9月23日(日曜日・祝日)午後2時30分から午後2時50分頃

動物愛護週間(9月20日から26日)にあわせて「動物慰霊祭」を実施し、この1年間に福岡市動物園で亡くなった動物たちの慰霊を行います。死亡動物の報告、黙とう、献花(お客さま・職員)など。

この1年間に福岡市動物園で亡くなった主な動物は、アジアゾウ(メス)「はな子」、アムールトラ(メス)「メイ」、オジロワシ(オス)「ジロー」。

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所/福岡市動物園 動物慰霊碑前(アラビアオリックス舎 下)(中央区南公園1-1

関連リンク/福岡市動物園ホームページ

ふれあい城南フェスティバル 2018 new

9月23日(日曜日・祝日)午前11時から午後3時まで(小雨決行)

ふれあい城南フェスティバル2018のちらし画像 アマミズタメルンジャー(福岡大学)の写真

秋の味覚サンマやかき氷等を販売するバザー、最新のデジタルアートコンテンツが体験できるコーナーなど盛りだくさん。お楽しみ抽選会も開催します。

市民センター2階ホールでは、福岡市出身で、パワフルボイスで観客を魅了するfumika(フミカ)のスペシャルステージ♪ また、屋外特設ステージでは、雨水の大切さを教えてくれる樋井川のヒーロー「アマミズタメルンジャーZショー」(福岡大学)も。 その他、子どもから大人まで楽しめるイベントを多数用意しています。

城南区のシンボルキャラクター「ニッコりん」のTwitterをフォローした方に「ふれあい城南フェスティバル」会場でニッコりんをデザインしたオリジナル缶バッジをプレゼントするキャンペーンも開催!

場所/城南市民センター(城南区片江5-3-25)

関連リンク/ふれあい城南フェスティバル2018(城南区ホームページ)

西区まるごと博物館 in 姪浜中央公園2018 new

9月23日(日曜日・祝日)午前10時から午後3時※小雨決行

「西区まるごと博物館 in 姪浜中央公園2018」のちらし画像

人形芝居・和太鼓・コーラス・キッズダンスなどの『まるごとステージ』や西区の魅力を紹介する『パネル展』、親子で楽しめる『手作り教室』、室見川河畔の自然を案内する『室見川河畔自然観察ウォーキング』、『地元物産品販売・飲食コーナー』、豪華賞品が当たる『お宝探しスタンプラリー&大抽選会』など、西区の魅力(宝)が盛りだくさんのイベントを開催します。また、働く車(消防車・九州電力高所作業車)の試乗体験もできます!

場所/姪浜中央公園(西区姪浜駅南2-4),姪浜電気ビル1階(西区姪浜駅南1-9-20)

関連リンク/「西区まるごと博物館 in 姪浜中央公園2018」を開催します!(西区ホームページ)

楽しかおおはし(大橋駅周辺活性化事業) new

9月23日(日曜日・祝日)午後

南区では,区の中心である大橋の魅力を高めようと,地元自治組織や商店街などと共働して,西鉄大橋駅西口広場でイベント「楽しかおおはし」を開催しています。今回は、留学生との交流,ステージイベントなどが行われる「国際交流広場」です。

場所/西鉄大橋駅西口広場(南区大橋1)

関連リンク/「楽しかおおはし」(大橋駅周辺活性化事業)(南区ホームページ)

ラグビーワールドカップ2019まであと1年!JR博多駅ジャック new

9月24日(月曜日・振休)から9月30日(日曜日)※展示スペースでのイベントは、午前10時から午後8時。但し、27日(木曜日)まで。

ラグビーワールドカップ2019日本大会(2019年9月20日から11月2日)の画像

ラグビーワールドカップ2019の開催まで、9月20日(木曜日)で1年前となります。いよいよ迫ってきた大会の成功に向け、JR博多駅をジャック!JR博多駅が、ラグビーワールドカップ2019一色に染まります!メインコンコース内のすべてのデジタルサイネージで動画が流れ、大型バナーの掲出などなど。展示スペースではチケット販売促進イベントも行います。どうぞお立ち寄りください。

場所/JR博多駅(福岡市博多区博多駅中央街1-1)

関連リンク/ラグビーワールドカップ2019情報

ZOOスポットガイド「ビントロングとカンガルー」 new

9月24日(月曜日・振休)午前11時からビントロング、午後2時からカンガルー

ZOOスポットガイドの写真

大好きな動物のことがよくわかる「ZOOスポットガイド」。今回は、午前11時からビントロング、午後2時からカンガルーについて、担当飼育員が生態やエサについて等、楽しくご紹介します。

当日どなたでも参加できます。開始時刻までに、獣舎前へお越しください。天候不良や動物の体調により内容を予告なく変更・中止することがあります。あらかじめご了承ください。

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所/福岡市動物園 ビントロング舎、カンガルー舎(中央区南公園1-1

関連リンク/ZOOスポットガイド(福岡市動物園ホームページ)

天体観測会 福岡市科学館 new

9月24日(月曜日・振休)午後6時から午後8時30分、9月26日(水曜日)午後7時から午後8時30分

福岡市科学館では、年間を通して福岡の天空に広がる星々を直接見てもらう天体観測会を、福岡市科学館のある六本松421ビルの屋上で行います。どなたでもご参加いただけます。24日は、月・木星・土星・火星を観測予定です。26日は、木星・土星・火星を観測予定です。

福岡市科学館の写真

参加無料。定員は先着50人。開催時刻の約30分前に、屋上にて参加カードを配布します。天候によって中止する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

場所/六本松421 屋上(中央区六本松4-2-1)

関連リンク/福岡市科学館ホームページ

カブトガニ観測会 福岡市保健環境学習室 まもるーむ福岡 new

9月24日(月曜日・振休)午後3時から午後3時30分

カブトガニに餌をあげているところを間近で見てみませんか?「生きている化石」カブトガニに触れるチャンスかも!?

カブトガニの写真

どなたでもご参加いただけます(小学校3年生以下は保護者同伴)。大人の方のみの参加も大歓迎です。事前予約は不要です。当日午後1時からまもるーむ福岡の窓口で受け付けを開始します。定員は先着25名。

場所/まもるーむ福岡 福岡市保健環境学習室(中央区地行浜2-1-34

関連リンク

金潤善(キムユンソン)のセクシルヌビ展 new

9月20日(木曜日)~9月25日(火曜日)午前10時から午後6時※最終日は午後5時まで

はかた伝統工芸館の写真

セクシルヌビとは、韓国の伝統的な技法・砧打ちで制作した布や韓紙、多様な色の絹糸が使われ、皮のように丈夫な韓国の伝統手芸です。今回は、韓国で30年以上セクシルヌビの制作と研究を行っている金潤善(キムユンソン)氏による作品展を開催します。セクシルヌビの紹介や、伝統技術で日常的に使うものにアレンジした作品を展示・販売します。入館無料。

場所/はかた伝統工芸館(博多区上川端町6-1)(櫛田神社横)

関連リンク/「金潤善(キムユンソン)のセクシルヌビ展」開催のお知らせ(はかた伝統工芸館ホームページ)

ラグビーワールドカップ2019まであと1年!福岡ラグビーファンゾーン2018 new

9月25日(火曜日)午後5時から午後10時、9月26日(水曜日)午後2時から午後8時

ラグビーワールドカップ2019日本大会(2019年9月20日から11月2日)の画像

ラグビーワールドカップ2019の開催まで、9月20日(木曜日)で1年前となります。いよいよ迫ってきた大会の成功に向け、ステージイベント、飲食ブース・ラグビー体験ブースの設置等を行います。どうぞお立ち寄りください!

場所/JR博多駅  大屋根イベントスペース(福岡市博多区博多駅中央街1-1)

関連リンク/ラグビーワールドカップ2019情報

福岡市食育イベント 毎日野菜をプラス1皿 ~9月は食生活改善普及運動月間です~ new

9月26日(水曜日)、9月27日(木曜日)午前10時から午後3時

食育イベントのイメージ写真

野菜摂取等に関するイベントを開催します。健康の保持増進や、糖尿病、高血圧などの生活習慣病を予防するためには、野菜を中心に海藻、きのこ、いも類を合わせて1日に350グラム以上の野菜摂取が目標とされています。日本人の平均野菜摂取量は約280グラム。目標の350グラムまであと70グラムです。野菜小鉢であと1皿を目安に摂りましょう。

入場無料、事前申し込み不要です。両日とも,先着200名様に野菜の種のプレゼントがあります。

場所/イオンマリナタウン店(2階カルディ前通路)(西区豊浜3-1-10)

関連リンク/平成30年度 福岡市食育イベント 毎日野菜をプラス1皿~9月は食生活改善普及運動月間です~

アジアフォーカス・福岡国際映画祭

~9月23日(日曜日)まで

アジアンパーティの画像

優れたアジア映画の話題作・最新作を全国に先駆けて上映する、年に一度の映画の祭典「アジアフォーカス・福岡国際映画祭」が、9月14日(金曜日)から9月23日(日曜日)まで、ユナイテッド・シネマキャナルシティ13他で開催中

場所/ユナイテッド・シネマキャナルシティ13他

関連リンク

スケスケ展 -スケると見える仕組みの世界- 福岡市科学館

~9月24日(月曜日・祝日)まで ※火曜日休館、ただし7月24日、7月31日、8月7日、8月14日、8月21日は開館

様々な生物や物の中身を『スケる(透ける)』を通じて紹介する企画展。にんげんスケスケ、どうぶつスケスケ、アクアスケスケ、くらしスケスケ、いろいろスケスケ、スケスケスケッチ……最新のデジタル技術を用いたスケる体験や、骨格標本/透明生物の展示など。

観覧料は、高校生以上1,000円 、小・中学生600円(税込)。

福岡市科学館「スケスケ展」のちらし画像

場所/福岡市科学館 3階 企画展示室(中央区六本松4-2-1

関連リンク/スケスケ展-スケると見える仕組みの世界-(福岡市科学館ホームページ)

お月見イルミネーション 福岡タワー

~9月24日(月曜日・振休)午後6時30分から午後11時

まばゆい満月が塔体に昇るお月見イルミネーションが点灯します。どうぞご覧ください!

福岡タワーの写真(まるごと福岡・博多から)

場所/福岡タワー(早良区百道浜2-3-26

関連リンク/9月のイベント情報(福岡タワーホームページ)

日本映画名作選 映像ホール・シネラ

~9月24日(月曜日・振休)まで※休館日・休映日除く

福岡市総合図書館収蔵の日本映画の秀作・名作を上映します。上映作品は「歌うエノケン捕物帖」「ゼロの焦点」「水の中の八月」など。

福岡市総合図書館の映像ホール・シネラの写真

観覧料は、大人500円、大学生・高校生400円、中学生・小学生300円。定員制、各回入替。チケットはすべて当日券。前売り券はありません。

場所/福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(早良区百道浜3-7-1

関連リンク/映像ホール・シネラホームページ

秋の野鳥写真展 福岡市植物園

~9月24日(月曜日・振休)開園時間は午前9時~午後5時(入園は午後4時30分まで)

日本野鳥の会福岡支部会員が撮影した、身近に見られる秋の野鳥の写真を中心に展示します。

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。

場所/福岡市植物園 緑の情報館1階(中央区小笹5-1-1

関連リンク/福岡市植物園ホームページ

プチ展示「逸品紹介Vol.46 地名を刻んだ甕(刻書須恵器)」 福岡市埋蔵文化財センター

~9月30日(日曜日)まで。午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)※月曜休館

刻書須恵器の写真と刻書部分をなぞったものの画像

 埋蔵文化財センターの玄関には,展示室とは別の小さな展示ケースがあります。その展示ケースでは福岡市内で出土した「逸品」を随時展示しています。

 今回は都地泉水遺跡(西区大字吉武)から出土した,奈良時代(8世紀)の須恵器をご紹介します。

 入館無料。どうぞご来館ください!

場所/福岡市埋蔵文化財センター(博多区井相田2-1-94

関連リンク/埋蔵文化財センター玄関のプチ展示で,古代の地名が刻まれた須恵器を公開中!

企画展示「人間と動物の歩む道」前期展 福岡市埋蔵文化財センター

~9月30日(日曜日)まで。午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)※月曜休館

クジラの頭骨・脊椎骨、イヌの全身骨の写真

 人間にとって動物は,食べる・着るなど人間の生命維持活動にとどまらず,神に捧げる・愛でる,さらには家族として寄り添うなど,精神生活にまで深くかかわるパートナーでもあります。そんな人間と深く親密な関係にある動物との歴史を考える考古学講座「人間と動物の歩む道」に関連して,前期・後期に分けて展示を行います。

 前期展は「動物と生きる」と題し,「骨」と「モノ」から動物と人間の関係を探ります。遺跡から出土した多くの動物骨や動物に関連する品々を展示します。

 入館無料。どうぞご来館ください!

場所/福岡市埋蔵文化財センター(博多区井相田2-1-94

関連リンク/平成30年度企画展示「人間と動物の歩む道」前期展

油山へタカの渡りを見に行こう。ハチクマ観察会

~10月8日(月曜日・祝日)午前9時から午後4時

ハチクマとは、両翼を広げた長さが130センチメートルになる大型のタカで、夏に日本で子育てをし、秋になると越冬のため東南アジア方面へ飛んでいく渡り鳥です。蜂の幼虫を食べる習性があること、仲間のクマタカに似ていることが、「ハチクマ」の名前の由来といわれています。

ハチクマの写真とニッコりんのイラスト

ハチクマの渡りが観察できる日本有数のスポット、油山の中腹にある片江展望台で「ハチクマ観察会」を開催します!期間中は、日本野鳥の会福岡支部の会員が渡りの解説を行っていますので、ぜひ詳しく聞いてみて下さい。

場所/片江展望台(城南区大字片江106-1)

関連リンク/ハチクマ観察会(城南区)

福岡に畑持ってきちゃいました!「みどりのまちマルシェ」

10月14日(日曜日)、11月3日(土曜日)午前10時から午後4時

農作物の生産者との交流を楽しめるイベントを開催します。「新鮮」「エコ」「ふれあい」にこだわり、体や環境に優しい食べ物が集まります。みるのは無料!生産者さんとの交流をお楽しみください。

場所/舞鶴公園 藤園北側通路(中央区城内1-4

関連リンク

博多にわか講習会

10月20日(土曜日)、11月17日(土曜日)午後1時30分~午後3時

福岡市無形民俗文化財指定の郷土芸能「博多にわか」講習会を、5回に分けて実施します。博多にわかに興味のある方ならどなたでも参加出来ます。博多仁和加振興会の担当者が、初歩からわかりやすく説明指導し、どなたでも楽しく学べます。参加無料(受付は当日会場にて)。定員約30名程度。

博多仁和加(にわか)(2010)の写真(まるごと福岡・博多より)

場所/博多区千代公民館 2階(博多区千代1-20-11)

関連リンク

庚寅の日は埋蔵文化財センターに行こう!「庚寅銘大刀」実物展示

10月25日(木曜日)、2019年2月22日(金曜日)午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

福岡市埋蔵文化財センターでは今年7月から、第1展示室の一部をリニューアルし、庚寅銘大刀(こういんめいたち)専用のコーナーを開設しています。

実物の「庚寅銘大刀」は通常、特別収蔵庫に保管されていますが、「庚寅の日」には、実物・復元品・複製品(レプリカ)の3本がそろい踏み!今年度の登場は8月・10月・2月の3回です。どうぞお見逃しなく!

リニューアルした福岡市埋蔵文化財センター第1展示室の写真

庚寅銘大刀とは、平成23年に行われた九州大学伊都キャンパス内の古墳、元岡G-6号墳の発掘調査で石室内から出土。直後に福岡市埋蔵文化財センターでX線撮影が行われ、19文字の象嵌が発見されました。

その後、保存処理や分析調査によって、文字が金象嵌(きんぞうがん)によるものであることが判明するとともに、文字の表出が行われました。

書かれている銘文は「大歳庚寅正月六日庚寅日時作刀凡十二果□」(□は練か)で、この庚寅(かのえとら)の年に正月6日が庚寅となるのは西暦570年とされ、古代の暦を知る上では非常に重要な意味を持つものでした。

また、発掘調査で出土した古墳時代の有銘刀剣のうち、金象嵌は稲荷山(いなりやま)古墳(埼玉県)、東大寺山(とうだいじやま)古墳(奈良県)に次いで3例目の発見となります。

過去の2例は国宝に指定、または指定される見込みであることからも、庚寅銘大刀も非常に貴重な発見であることがうかがえます。

庚寅の日とは、庚寅(かのえとら・こういん)は「十干十二支(じっかんじゅうにし)」による暦日の一つです。十干(甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・癸)と十二支(子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥)の組み合わせによって暦日を表していたといわれており、庚寅はその27番目にあたります。60日で一回りするため、約2か月に1度、庚寅の日がやってくる計算になります。

入館無料。

場所/福岡市埋蔵文化財センター(博多区井相田2-1-94

関連リンク



2.科学館・美術館・博物館情報

福岡市科学館中央区六本松4-2-1

福岡市科学館の写真

 ◆特別展示

 「スケスケ展 -スケると見える仕組みの世界-」~9月24日(月曜日・振休)まで

福岡市科学館「スケスケ展」のちらし画像

 ◆ドームシアター(プラネタリウム)

 福岡市科学館独自のオリジナル番組や全国で放映中の人気番組を一般番組料金にてお楽しみいただけます。一般番組観覧料は、大人500円、高校生300円、小・中学生200円。


 ◆スペシャル企画

 スペシャル企画は、創造力をかき立てるプログラムや不定期で開催する特別企画です。


 ◆サイエンスショー

 科学をテーマに、様々なショーを実施します。目の前で繰り広げられるショーをお楽しみください。平日は1日2回、土曜日・日曜日・祝日、春休み、夏休み、冬休みなどの期間中は、1日6回サイエンスショーを実施します。


 ◆テーブルサイエンス

 科学実験の演示、科学の原理原則の解説や参加型のプログラムなどを実施します。科学の楽しさを体感してください。基本展示室内の2カ所に配置されたサイエンステーブルで、毎日10回ずつ実施します。


 ◆科学実験プログラム

 科学実験プログラムでは、科学の原理原則に基づいた科学実験を、土曜日・日曜日・祝日に実施します。


 ◆ものづくりプログラム

 ものづくり体験プログラムでは、身のまわりにある材料を使って、ものづくり体験をおこないます。土曜日・日曜日・祝日に実施します。


福岡市博物館早良区百道浜3-1-1

福岡市博物館の写真

Googleアートプロジェクト「福岡市博物館」(外部リンク)

インターネットを通じて、世界のミュージアム(美術館・博物館等)が所蔵する作品を、高解像度画像で鑑賞できる「Googleアートプロジェクト」に、福岡市立のミュージアム3館が参加!福岡市博物館からは、国宝「金印」や名鎗「日本号」に加え、昨今注目の名刀「へし切長谷部」も鑑賞できます!


◆特別展示

浄土九州-九州の浄土教美術-」~11月4日(日曜日)

観覧料:一般1,300円、高大生900円


◆企画展示


福岡アジア美術館博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階

福岡アジア美術館の写真

Googleアートプロジェクト「福岡アジア美術館」(外部リンク)

 インターネットを通じて、世界のミュージアム(美術館・博物館等)が所蔵する作品を、高解像度画像で鑑賞できる「Googleアートプロジェクト」に、福岡市立のミュージアム3館が参加!アジア近現代美術専門館として世界唯一!福岡アジア美術館からは、近代美術の巨匠から現代アートの作家まで、他では見ることのできない19か国・地域の多彩でユニークなコレクションが鑑賞できます!

◆展覧会

横尾忠則とアジア’89」 new
9月20日(木曜日)~12月25日(火曜日)まで≪観覧料:一般200円、高校・大学生150円、中学生以下は無料≫

新作がいっぱい!魔法の美術館 リターンズ」~9月30日(日曜日)まで≪観覧料:大人1,200円、高大生800円、3歳~小中生600円≫

夏休みこども企画「サイエンスの眼」」~10月2日(火曜日)まで≪観覧料:一般200円、高校・大学生150円、中学生以下は無料≫ 

コーナー展示「あじび研究所」」~2019年3月26日(火曜日)まで≪観覧料:一般200円、高校・大学生150円、中学生以下は無料≫ 



福岡市美術館中央区大濠公園1-6

福岡市美術館の写真

 ◆お知らせ

 福岡市美術館はリニューアル工事に伴い、2016(平成28)年9月1日から2019(平成31)年3月まで約2年半、休館します。リニューアルオープンの具体的な日付については、決まり次第お知らせします。

 ◆Googleアートプロジェクト「福岡市美術館」(外部リンク)


3.交通案内

おでかけには、地下鉄などの公共交通機関をご利用ください。

福岡市地下鉄

福岡市営渡船

市内交通ガイド(福岡・博多の観光情報が満載!福岡市公式シティガイド よかなび)

夏だけの期間限定!二見ヶ浦線(福岡市西区)が運行されます!!【土日祝日限定】


4. 施設案内福岡市Webまっぷ福岡市バリアフリーマップ など)


5.そのほかのイベント情報