現在位置:福岡市ホームの中の観光・魅力・イベントの中の市関連のイベント・講座などの中のイベント情報一覧から今週末のおでかけ情報(イベント情報など)
更新日: 2019年5月24日

今週末のおでかけ情報(イベント、科学館、美術館・博物館情報など)

毎週木曜日更新。次回は、5月30日(木曜日)に更新予定です。

フリンジパーキングに車をとめて天神へ行こう!(天神に行く方限定 駐車料金最大500円+乗車人数分バス片道無料)


1.イベント

ベトナムフェスティバル福岡2019 new

5月25日(土曜日)、5月26日(日曜日)午前10時から午後7時

ベトナムフェスティバル福岡2019のちらし画像

ベトナム文化を知り、体験できる大規模な日越文化交流イベントです。ベトナムの飲み物やベトナム料理、伝統文化ショー、現代文化ショー、伝統ゲーム体験、ミスアオザイコンテスト、ベトナム語・日本語スピーチ大会等楽しいイベントが盛りだくさん!入場無料(会場内での飲食や販売品購入は有料)。

場所/天神中央公園(中央区天神1-1

関連リンク/福岡・博多の観光情報が満載!「よかなび」ホームページ

「世界カワウソの日(World Otter Day)」特別企画 福岡市動物園 new

5月25日(土曜日)、5月26日(日曜日)

コツメカワウソの写真

5月最後の水曜日は「世界カワウソの日(World Otter Day)」です。この日にちなんで、5月25日(土曜日)と5月26日(日曜日)に特別企画を開催します。5月25日(土曜日)、5月26日(日曜日)午後1時からは、コツメカワウソ特別ガイド。福岡市動物園に暮らすコツメカワウソたちについて担当飼育員が楽しくご紹介。飼育員によるエサやりも行う予定です。

また、動物情報館ZooLabでは、午前10時から正午と、午後2時30分から午後4時30分に、カワウソクイズを行います。

入園料は、大人600円、高校生300円、中学生以下無料。天候不良や動物の体調により中止することがあります。あらかじめご了承ください。

場所/福岡市動物園 コツメカワウソ舎(ガイド)、動物情報館ZooLab多目的コーナー(クイズ)(中央区南公園1-1

関連リンク

ヤヨイピクニック new

5月25日(土曜日)午前10時30分から午後3時終了予定

国史跡吉武高木遺跡「やよいの風公園」の写真

約2,200年から2,000年前の弥生時代を知ることができる大規模な“国指定史跡”の遺跡、「吉武高木(よしたけたかぎ)遺跡」は、西に飯盛山、東に室見川を望む場所にあります。今回、国史跡吉武高木遺跡やよいの風公園で、ピクニック気分で遺跡を気軽に楽しんでいただけるイベントを開催します。

遺跡ガイドツアー、やよいの川で古代を偲ぶカワドコ茶会、古代食堂、竹を使った木の実パンを作るパン工房、小物やアクセサリをたたいて作る鍛冶屋など、様々な体験ブースを出展します。午後1時30分からは、西新太鼓の演奏もあります。

場所/国史跡吉武高木遺跡やよいの風公園(福岡市西区大字吉武)(西部運動公園から南へ約600メートル)

関連リンク

重要文化財指定された庚寅銘大刀(こういんめいたち)実物を展示!福岡市埋蔵文化財センター new

5月25日(土曜日)から8月11日(日曜日)午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)※月曜休館

庚寅銘大刀の写真

重要文化財指定答申後、初の庚寅銘大刀の公開を行います。庚寅銘大刀とは、金象嵌で干支の「庚寅」から始まる19文字の銘文が刻まれ,日本の暦使用の手掛かりとなる貴重な資料として平成31年3月18日国の文化審議会において,指定が妥当である旨,答申がなされました。

入館無料。来館者には記念クリアファイルを配布します(無くなり次第終了)。

場所/福岡市埋蔵文化財センター(博多区井相田2-1-94

関連リンク/重要文化財指定された庚寅銘大刀を初公開!-記念イベントのお知らせ-(2019年5月21日付・報道発表資料PDF 3,139kbyte)

みどりのまちマルシェ new

5月25日(土曜日)午前10時から午後2時

みどりのまちマルシェのちらし画像

買って、食べて、遊んで。一気に3つ楽しめる「みどりのまちマルシェ」。「新鮮」「エコ」「ふれあい」にこだわり、体や環境に優しい食べ物や雑貨が集まります。作り手と買い手の交流の場、公園の木々に囲まれたマルシェにどうぞおでかけください。

場所/舞鶴公園(福岡市中央区城内1)

関連リンク/「みどりのまちマルシェ」第4土曜日定期開催します!!(福岡市緑のまちづくり協会ホームページ)

星と遊ぼう会 背振少年自然の家 new

5月25日(土曜日)午後6時から午後9時(受付開始は午後5時30分から。最終入場は午後8時まで)

せふり天文台の写真

星の折り紙、星座早見盤作り、プラネタリウムコーナー、大人気!天体講師によるせふり天文台星空ツアーなど星を楽しむ企画をたくさんご用意しています☆事前申し込み不要。

場所/背振少年自然の家(早良区板屋530

関連リンク/背振少年自然の家ホームページ

つきなみ講座「誰もが楽しめる美術館を目指して」 福岡市美術館 new

5月25日(土曜日)午後3時から午後4時※30分前から受付

福岡市美術館の画像

美術館は、公共施設としてあらゆる人々に開かれていることが前提です。しかし、心理的、物理的な壁があり来にくい、来られない人がいるのが現実ではないでしょうか。誰もが楽しめる美術館を目指して何ができるか、対談形式で、その可能性について語りたいと思います。参加無料、事前申し込み不要、定員先着54名。30分前から受付開始。

場所/福岡市美術館 レクチャールーム(中央区大濠公園1-6

関連リンク/福岡市美術館ホームページ

国史跡野方遺跡「やよいミニトーク」 new

5月25日(土曜日)午前10時30分から午後3時まで(ご希望の方に随時解説します。1回約40分程度です)

野方遺跡の写真

5月11日リニューアルオープンしたばかりの野方遺跡住居跡展示館内で、文化財専門職員が展示等の解説を行います。野方遺跡は,弥生時代から古墳時代に移り変わる北部九州の社会を研究する上で貴重な集落の遺跡で,1975(昭和50)年に国の史跡に指定されました。

場所/野方遺跡住居跡展示館(西区野方5-11-25)

関連リンク

ストーリーテリングの夕べ~大人のためのおはなし会~ 福岡市総合図書館 new

5月25日(土曜日)午後6時から午後7時

福岡市総合図書館の外観写真

大人向けに日本や外国の昔話や物語をご紹介します。楽しい話,不思議な話、ほのぼのとした話、怖い話。そして、大人になった今だからわかる話。いろいろな「おはなし」を語ります。対象は、中学生以上。参加無料、事前申し込み不要、定員は先着50人。当日の午後5時30分から整理券を配布します。

場所/福岡市総合図書館 1階 おはなしの家(早良区百道浜3-7-1

関連リンク/福岡市総合図書館ホームページ

侍展プレイベント講演会「侍展のたのしみかた」 福岡市博物館 new

5月26日(日曜日)開場は午後1時30分、開演は午後2時、終演は午後3時30分

侍展のちらし画像と福岡おもてなし武将隊の写真

9月7日(土曜日)から11月4日(月曜日・振休)まで、福岡市博物館で開催する特別展「侍 ~もののふの美の系譜~The Exhibition of SAMURAI」のプレイベントを開催します。福岡おもてなし武将隊演舞フルメンバーによる演舞に続き、侍展の見所を担当学芸員が先行紹介!終演後は、武将隊の撮影&握手会も。参加無料、事前申し込み不要、定員は先着240名。当日午後1時より講堂前にて整理券を配布します。

場所/福岡市博物館 1階 講堂(早良区百道浜3-1-1

関連リンク/特別展「侍 ~もののふの美の系譜~The Exhibition of SAMURAI」(福岡市博物館ホームページ)

福岡市文学館 片山恭一講演会「小説を書くこと,読むこと」 new

5月26日(日曜日)午後2時から午後4時

作家・片山恭一氏の近影

講師に『世界の中心で,愛をさけぶ』の著者・片山恭一さんをお迎えし,文学講座を開催します。片山さんに創作の現場で考えるシンギュラリティ(技術特異点)や小説の今について伺います。入場無料。事前申し込み不要、定員は先着100名です。

場所/福岡市総合図書館 3階 第1会議室(早良区百道浜3-7-1

関連リンク/福岡市文学館片山恭一講演会「小説を書くこと,読むこと」講師:片山恭一(作家)

スパークリングワインの祭典 Festa di Spumante FUKUOKA 2019 開催中!

~5月26日(日曜日)まで

福岡市役所西側ふれあい広場の写真

世界10か国45種類のスパークリングワインが楽しめます。厳選された飲食店による特別メニューも。

平日は、午後4時から午後10時(ラストオーダー午後9時30分)。土曜日は、正午から午後10時(ラストオーダー午後9時30分)。日曜日は、正午から午後9時(ラストオーダー午後8時30分)。

場所/福岡市役所西側ふれあい広場(中央区天神1-8-1

関連リンク/福岡・博多の観光情報が満載!「よかなび」ホームページ

サザエさん通りウィーク 開催中!

~5月27日(月曜日)まで

サザエさんのイラスト画像

平成24年5月27日に誕生した早良区の「サザエさん通り」は、福岡市早良区の脇山口交差点から、シーサイドももち海浜公園入口までの道路約1.6 キロの通りです。毎年5月27日を含む1週間を「サザエさん通りウィーク」として様々なイベントを行っています。

5月25日(土曜日)から5月27日(月曜日)までは、福岡タワーで「3日間限定サザエさんイルミネーション」(午後7時30分から午後11時まで)が点灯します。また、期間中は福岡市博物館常設展示・企画展示観覧者にサザエさん通りハンドタオルを,福岡タワー展望室の来場者にサザエさん通り歯ブラシ,福岡市総合図書館アンケート参加者にサザエさん通り缶バッジをプレゼント。詳しくは関連リンクからご覧ください。

関連リンク

プチ展示「逸品紹介 Vol.51 青銅製三累環把頭」 福岡市埋蔵文化財センター new

~7月中旬までの予定。午前9時から午後5時(入館は午後4時30分)※月曜休館

埋蔵文化財センターの玄関には,展示室とは別の小さな展示ケースがあります。その展示ケースでは福岡市内で出土した「逸品」を随時展示しています。今回は、金武古墳群D-11号墳(西区大字吉武)から出土した,古墳時代後期の青銅製三累環(さんるいかん)把頭をご紹介します。

青銅製三累環把頭の写真

三つのC字を呈する環の様相から,三累環と呼ばれています。古墳時代中期から発見される,刀の柄頭に配される金具です。北部九州に出土傾向がある資料とされています。

入館無料。どうぞご来館ください!

場所/福岡市埋蔵文化財センター(博多区井相田2-1-94

関連リンク/埋蔵文化財センター玄関のプチ展示で,古墳時代の青銅製三累環把頭を公開中! 

梶原正二博多人形工房「第4回 ちいさな癒し展」 はかた伝統工芸館 new

~5月28日(火曜日)まで。午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで)※最終日の展示は午後5時まで

はかた伝統工芸館の外観写真

内閣総理大臣賞をはじめ、数々の賞を受賞し、武者ものから美人もの、童ものまで幅広い作風で人気の博多人形伝統工芸士・梶原正二氏の作品展。新作をはじめ人気の手のひらサイズのお地蔵様シリーズや観音様、童もの、イヌなどの心癒される作品が勢揃いします。入館無料。

場所/はかた伝統工芸館(博多区上川端町6-1)(櫛田神社横)

関連リンク/はかた伝統工芸館ホームページ

ミュージアムウィーク2019

~5月26日(日曜日)まで

ミュージアムウイーク2019のちらし画像

福岡市内の文化施設がお得に楽しめる9日間です。期間中、参加施設の常設展示観覧料や入館(園)料が、無料または割引料金になるほか(一部施設を除く)、各施設でトークショーやワークショップなどのイベントが開催されます。また、参加施設のうち3か所のスタンプを集めて応募すると、抽選で「博多座公演ペア招待券」「福岡ソフトバンクホークス公式戦ペア招待券」「レストラン食事券」のほか、各施設の企画展ペア招待券やオリジナルグッズなどが当たります。各施設のイベントは、ミュージアムウィーク2019ホームページからご覧ください。

参加施設/福岡市博物館福岡市美術館福岡アジア美術館福岡県立美術館福岡市埋蔵文化財センター「博多町家」ふるさと館はかた伝統工芸館九州大学総合研究博物館九州産業大学美術館西南学院大学博物館三菱地所アルティアム能古博物館福岡市動植物園福岡市文学館博多の食と文化の博物館味楽窯美術館福岡女子大学美術館福岡市科学館

関連リンク/ミュージアムウィーク2019<福岡ミュージアム情報(美術館・博物館等)ホームページ>

増村保造監督特集 映像ホール・シネラ

~5月26日(日曜日)まで。※休館日・休映日除く

映像ホール・シネラの写真

60年代日本映画を代表する監督・増村保造監督の特集します。上映予定作品は「くちづけ」「青空娘」「巨人と玩具」など。観覧料は、大人600円、大学生・高校生500円、中学生・小学生400円。定員制。各回入替制。チケットはすべて当日券。前売り券はありません。

場所/福岡市総合図書館 映像ホール・シネラ(早良区百道浜3-7-1

関連リンク/「映像ホール・シネラ」ホームページ

第22回 博多町家思い出図画展 「博多町家」ふるさと館

~5月26日(日曜日)まで。午前10時から午後6時(入館は午後5時30分まで

「博多町家」ふるさと館の写真

今では見ることのできない昔の福岡・博多の風景や暮らし、思い出が描かれた作品を展示しています。入館料は、一般200円、小中学生無料。

場所/「博多町家」ふるさと館(博多区冷泉町6-10)(櫛田神社正門鳥居前)

関連リンク/「博多町家」ふるさと館ホームページ

「4D王」特別上映 川辺の風景~川が生まれて海に出るまで~

~5月31日(金曜日)まで

福岡市科学館の外観写真

360度のスクリーンで立体映像を楽しめるVRシアターで、那珂川の川辺の風景を上映します。那珂川の川が生まれ博多湾に出るまでの川辺の風景の変化を体験してみませんか。1回約15分。午前9時30分から午後6時の間で複数回上映予定です(休館日除く)。基本展示室への入場料は、大人500円、高校生300円、小・中学生200円。

場所/福岡市科学館(中央区六本松4-2-1

関連リンク/福岡市科学館

外国人留学生が語る「ふるさとの街と福岡」 new

6月20日(木曜日)午後6時30分から

クリストフ・マルク・フェルカーさんとドイツの写真

6月に開催されるG20福岡財務大臣・中央銀行総裁会議参加国であるドイツについて、バイエル州最大の都市、自動車王国ドイツをけん引している都市「ミュンヘン」で育ったクリストフ・マルク・フェルカーさん(九州大学)が日本語でお話しします。フェルカーさんは、子供の頃から、日本のゲームを通じて日本に強い興味をもち、ミュンヘン大学に進学し日本学を学んだ後、2018年に来福し、九州大学で日本語・日本文化研修コースで勉強しています。日本語の特徴や日本史に興味を持っているという彼が、ふるさとの街やご自身の経歴、そして自分が考える日本語の特徴を日本語で語ります。

参加費は一般500円、外国人学生無料。当日参加も可能です(可能であれば事前にお申し込みを)。

場所/福岡市国際会館 4階大会議室(博多区店屋町4-1)(冷泉公園横、住宅供給公社と同じハープビル)

関連リンク




2.科学館・美術館・博物館情報

福岡市科学館中央区六本松4-2-1)※毎週火曜日休館

福岡市科学館の写真

GW特別展「ARトリックアート展」 ~5月12日(日曜日)

 見て、触れて、写真を撮って楽しめる!全てが手書きの不思議なアートをお楽しみください。観覧料は、一般(中学生以上)800円、4歳以上小学生500円。


ドームシアター(プラネタリウム)

 福岡市科学館独自のオリジナル番組や全国で放映中の人気番組を一般番組料金にてお楽しみいただけます。一般番組観覧料は、大人500円、高校生300円、小・中学生200円。


サイエンスショー

 科学をテーマに、様々なショーを実施します。目の前で繰り広げられるショーをお楽しみください。平日は1日2回、土曜日・日曜日・祝日、春休み、夏休み、冬休みなどの期間中は、1日6回サイエンスショーを実施します。


ものづくりプログラム

 ものづくり体験プログラムでは、身のまわりにある材料を使って、ものづくり体験をおこないます。土曜日・日曜日・祝日に実施します。


福岡市博物館早良区百道浜3-1-1

福岡市博物館の写真

◆特別展示

ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで~」~6月23日(日曜日)まで≪観覧料:一般・大学生1,400円、中学・高校生1,000円、4歳から小学生600円≫


◆企画展示≪観覧料:一般200円、高・大生150円、中学生以下無料≫


福岡アジア美術館博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8階

福岡アジア美術館の写真

◆展覧会

新収蔵品展2016-2019年」~6月25日(火曜日)まで≪観覧料:一般200円、高校・大学生150円、中学生以下は無料≫

「あじび研究所」第1弾 イ・ユニョプ(韓国)《テチュリ婦人会長さん》」~6月25日(火曜日)まで≪観覧料:一般200円、高校・大学生150円、中学生以下は無料≫

アジア・ネクスト―はじまりの物語」~12月25日(火曜日)まで≪観覧料:一般200円、高校・大学生150円、中学生以下は無料≫ 



福岡市美術館中央区大濠公園1-6

福岡市美術館 3月21日(木曜日・祝日)リニューアルオープンの画像

◆展覧会

福岡市美術館リニューアルオープン記念展「これがわたしたちのコレクション+インカ・ショニバレCBE: Flower Power」~5月26日(日曜日)まで≪観覧料:一般1500円、高校・大学生1000円、中学生以下無料≫  

福岡市美術館の写真


3.交通案内

おでかけには、地下鉄などの公共交通機関をご利用ください。

福岡市地下鉄

福岡市営渡船

市内交通ガイド(福岡・博多の観光情報が満載!福岡市公式シティガイド よかなび)


4. 施設案内福岡市Webまっぷ福岡市バリアフリーマップ など)


5.そのほかのイベント情報


※5月9日時点の情報です。開催日時、場所など変更になる場合がありますのでご注意ください。