現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中のごみ・リサイクルの中の家庭のごみから家庭ごみの出し方(ごみ出しルール)
更新日: 2011年7月1日

家庭ごみの出し方・ごみ出しルール


福岡市の家庭ごみは4分別

家庭ごみは「燃えるごみ」、「燃えないごみ」、「空きびん・ペットボトル」、「粗大ごみ」の4分別です。


家庭ごみの出し方


1 福岡市指定袋に入れ、口をしっかり結んで出しましょう

福岡市指定袋とは

指定袋は指定袋取扱店(スーパーマーケット、コンビニエンスストアなど)で種類・大きさごとに10枚セットで販売しています。
ごみ袋の販売価格は、条例で定めるごみ処理手数料の金額です。

 

指定袋取扱店には、「取扱店シール」が掲示されています。

 
福岡市指定袋取扱店マークの絵


 
家庭用ごみ袋の種類・大きさ・販売価格(1枚あたり)
種類・大きさ 燃えるごみ 燃えないごみ 空きびん・ペットボトル
 
燃えるごみ用袋大45リットルのイラスト
 
燃えないごみ用袋大45リットルのイラスト
 
空きびん・ペットボトル用袋大45リットルのイラスト

(45リットル)
45円45円22円

(30リットル)
30円30円15円

(15リットル)
15円15円なし

指定袋以外でごみを出した場合は、警告シールを貼って収集しませんので、ご注意ください。

警告シール(収集できません)

 

<参考> 指定袋の使用枚数を減らすには? 

 

袋の中の「すきま」を減らすことが効果的です。
弁当ガラや豆腐のパックなどの容器は、はさみで切ったり、重ねれば、かさばらず、指定袋の節約になります。
買い物の際は、かさばる容器や包装を断り、なるべく家の中に持ち込まないようにしましょう。


2 きちんと分別しましょう


家庭ごみは「燃えるごみ」、「燃えないごみ」、「空きびん・ペットボトル」、「粗大ごみ」の4分別です。


3 決められた日時と場所に出しましょう


(1)出す日

 
ごみの種別 出す日 収集休み
燃えるごみ 週2回年末年始(12月31日から1月3日)
※次回の収集日に出してください。
燃えないごみ 月1回年末年始(12月31日から1月3日)
※12月または1月に振り替えます。
空きびん・ペットボトル 月1回年末年始(12月31日から1月3日)
※12月または1月に振り替えます。
 

※粗大ごみは電話又はインターネットによる事前申込み制です。


ごみ出し日は住んでいる地域によって異なります。
ホームページで確認するか、各区生活環境課または環境局収集管理課へお問い合わせください。

 

各区のごみの持ち出し日

東区 | 博多区 | 中央区 | 南区 | 城南区 | 早良区 | 西区




(2)出す時間

夜間に収集しますので、決められた日の日没から(暗くなってから)夜12時までに出してください。


(3)出す場所

一戸建ての場合は家の前、集合住宅の場合は決められた集積場、収集車両が通れない一戸建て・集合住宅の場合は自治会等が指定した場所に出してください。


4 会社・商店などのごみ

会社・商店などのごみ(事業系ごみ)を家庭ごみとして出すことはできません。