現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中の環境保全・自然環境の中の福岡市の環境影響評価
更新日: 2017年6月5日

環境影響評価

新着情報


・九州大学箱崎キャンパス跡地等の基盤整備事業に係る環境影響評価方法書についての環境の保全の見地からの意見を事業者へ送付しました。詳細は,こちらをご覧ください。



 環境影響評価とは、事業の実施にあたって、あらかじめ事業者自らがその事業が環境に与える影響について予測・評価し、その結果を事業に反映させることにより、事業を環境に配慮したものとするための制度です。


 福岡市内で実施される事業には、国の環境影響評価法、福岡県環境影響評価条例または福岡市環境影響評価条例が適用されます。


 福岡市環境影響評価条例は平成10年3月に制定され、平成12年3月29日から施行しました。
 なお、環境影響評価制度の見直しに伴い、平成24年12月及び平成25年7月に福岡市環境影響評価条例を改正しました。改正条例は2段階に分けて施行することになっており、第1段階は平成25年4月1日、第2段階は平成25年10月1日に施行しました。


 
ビオトープの復元例の写真
 

ビオトープの復元例
(クリーンパーク東部)


環境影響評価制度の概要




環境影響評価の実施状況



環境影響評価審査会



参考資料