現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の住まい・引越しの中の建築に関する手続き等から福岡市の放置空家対策
更新日: 2018年6月15日

福岡市の放置空家対策について


空家等の適切な管理をお願いします

 平成27年5月「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下「法律」と標記)が施行されたことを受け,本市では平成29年4月に「福岡市空家等の適切な管理に関する条例」(以下「条例」と標記)を改正・施行しました。
 法律及び条例に基づき,所有者等(相続人を含む)の方に,空家等の適切な管理を今まで以上に強く求めることとなります。
所有者等の方は,法律及び条例に従い,空家等を放置せず適正な管理をお願いします。


「空家所有者向けリーフレット」はこちらをご覧ください (3,160kbyte)pdf

維持管理を怠ったあなたの空家等が災害や事故、環境悪化の原因となるかもしれません!詳細はページ上部のPDFにてご確認ください。


法律や条例の対象となる空家等について

◆管理不全空家等

 以下のいずれかの状態の空家等

  • 倒壊等保安上危険となるおそれ
  • 衛生上有害となるおそれ
  • 景観を損なっている
  • 生活環境の保全のため不適切

 ※条例により規定され,手続きが行なわれます。


◆特定空家等

 管理不全空家等のうち,著しい悪影響を及ぼす状態
 ※法律により規定され,手続きが行なわれます。


法律や条例の対象となる空家等について画像での説明 詳細はページ上部のPDFにてご確認ください。


市の対応の流れ

◆管理不全空家等

 STEP1 助言又は指導(条例第6条)
  ↓
 STEP2 勧告(条例第6条)
  ↓ 
 STEP3 公表(条例第7条)・・・空家等の所在地の他,所有者等の氏名や住所等を公表


◆特定空家等

 STEP1 助言又は指導(法律第14条)
  ↓
 STEP2 勧告(法律第14条)・・・勧告の対象になると土地の固定資産税が増額
  ↓
 STEP3 公表(条例第7条)・・・空家等の所在地の他,所有者等の氏名や住所等を公表
  ↓
 STEP4 命令(法律第14条)・・・命令に違反すると過料
  ↓
 STEP5 代執行・・・代執行の費用は所有者等の負担



市の対応の流れについて画像で説明 詳細はページ上部のPDFにてご確認ください。


空家専門相談支援事業

 空家所有者等からの相談内容は、相続、管理や売買または修繕や除却など多岐にわたり、高度な専門的知識を要する場合があるため,空家所有者等からの相談内容に適した専門家を派遣する「空家専門相談支援事業」を行っております。
(福岡県の「空き家専門相談支援事業」を活用)


 詳しくは,建築物安全推進課へご相談ください。


◆相談対応可能な専門家

  1. 建築士
    (例)空家を適切に管理したい、補修したいがどのようにすればよいのかわからない
  2. 司法書士
    (例)相続登記したいが、必要な手続きがわからない
       誰が相続人なのか知りたい
  3. 行政書士
    (例)利活用等を行うときの許認可等の手続きがわからない
  4. 宅地建物取引業者
    (例)空家を売りたい、貸したい
       空家を活用したいがどのような活用方法があるか知りたい
  5. 土地家屋調査士
    (例)土地や建物の登記をしたいけど必要な手続きがわからない
  6. 不動産鑑定士
    (例)適正な不動産の資産価値が知りたいがどのようにすればよいのかわからない
  7. 建設業者
    (例)補修したいが、どのような工法があり、費用対効果を知りたい

◆本事業に関する注意点

  • 本事業の対象は、市が「本事業の活用が必要」と判断し、市より福岡県住宅センターに申請されたものに限ります。
  • 各種専門家と相談等できる範囲については、各種専門家と契約の締結を要しない範囲となります。

  ※各種専門家と契約を希望される場合は、相談者と各種専門家間での契約となるため、市は一切関与しません。



条例

福岡市空家等の適切な管理に関する条例 (149kbyte)pdf


規則

福岡市空家等の適切な管理に関する条例施行規則 (154kbyte)pdf


法律

国土交通省HP


福岡県内の空き家対策のご案内

福岡県HP


お問合せ

住宅都市局 建築指導部 建築物安全推進課
電話:092-711-4574
ファックス:092-733-5584
Eメール:kenchiku-anzen.HUPB@city.fukuoka.lg.jp