本文へジャンプ
みんなの!国保・医療・年金
福岡市
文字サイズ
大中小
EnglishChineseKorean
サイト内検索
  • 国民健康保険制度
  • よかドック(特定健診)
  • 後期高齢者医療制度
  • 医療費助成制度
  • 国民年金制度
現在位置:福岡市ホームの中の健康・医療・福祉の中の健康・医療・年金の中のみんなの!国保・医療・年金の中の国民健康保険制度から限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証
ここから本文
 

限度額適用認定証、限度額適用・標準負担額減額認定証

 

同じ月内(1日から末日まで)に高額な医療費を支払った場合、一定の自己負担限度額を超えた分が、後日支給されます。
ただし、事前に住所地の区役所(出張所)国民健康保険窓口で申請して発行される認定証を医療機関窓口に提示した場合は、窓口での支払いが自己負担限度額までとなります。

 

 

 

申請が必要な人

  • 就学後69歳までの国民健康保険加入の人(※注)
  • 70歳から74歳までの国民健康保険加入の人で、世帯主と国民健康保険加入者全員が市民税非課税の人

 

(※注)国民健康保険料を滞納していると、認定証の交付が受けられない場合があります。

 

 
限度額適用認定証の申請が必要な人
対象者 申請 病院・薬局などの窓口で提示するもの
69歳までの人
必要
  • 国民健康保険証
  • 限度額適用認定証
70歳から74歳までの人
(世帯主と国民健康保険加入者全員が市民税非課税の人)
必要
  • 国民健康保険証兼高齢受給者証
  • 限度額適用・標準負担額減額認定証
70歳から74歳までの人
(世帯主と国民健康保険加入者に
市民税課税者がいる世帯の人)
不要
  • 国民健康保険証兼高齢受給者証
 

 

 

申請に必要なもの

 

 
 

 

 

 

有効期限

 

認定証の有効期限は申請した月の1日から直近の7月31日までとなります。 有効期限を過ぎると再度申請が必要です。
※7月31日以前に、70歳になる人や、65歳になる退職被保険者と,その被扶養者の認定証の有効期限は、誕生日の属する月の末日(誕生日が月の初日である場合は前月末日)までとなります。

 

 

自己負担限度額

 

 

就学後69歳までの人

 

自己負担限度額と負担区分は「自己負担限度額」をご覧ください。

 

70歳から74歳までの人

 

自己負担限度額と負担区分は「医療費が高額になったとき」をご覧ください。

 

 

 

医療機関関係者へ

 

限度額適用認定証の周知用ポスターを作成し、お配りしております。
また、印刷して、チラシとして窓口周知用にもお使いいただけます。


 
限度額適用認定証の周知用チラシ (316kbyte)pdf
 

 

※ポスター(A2、カラー)現物を希望される場合は、福岡市保健福祉局総務部国民健康保険課(092-711-4242)までお問い合わせください。


 
 

Copyright(C) Fukuoka City Hoken Nenkin. All rights reserved.