現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の水道局ホームの中の水源・水質情報の中のきょうのダム状況
更新日: 2021年7月27日

水源情報 きょうのダム状況


五ケ山ダムの供用開始

 五ケ山ダムにつきましては、試験湛水を終え、河川管理者による完成検査が完了したことから、令和3年1月21日(木曜日)に供用開始しました。
 五ケ山ダムは、昭和53年の大渇水を契機に、全国初の渇水対策容量も有するダムとして計画されました。
 この完成で新たな水源が加わることにより、福岡市関連ダムの利水容量の合計がこれまでの約1.7倍になり、水の安定供給に寄与するとともに、昭和53年や平成6年のような異常渇水時にも市民生活等への影響を大幅に緩和できるようになります。
(記者発表資料「五ケ山ダム完成!供用開始!!」:令和3年1月20日)【写真をクリック


                          
       


リアルタイムのダム貯水状況(1時間ごと,速報値)

 ※速報値のため下記の確定値(9時現在)と異なる場合があります

福岡市関連8ダム貯水状況 リアルタイム表示(外部リンク:福岡市オープンデータサイト)
画像をクリック】

福岡市関連8ダム貯水量(平日午前9時現在、確定値)


 きょうのダム状況(テキスト版)へ / きょうのダム状況(グラフ版)へ


2021727日  午前9時現在

 

8ダム合計の貯水率:78.59%
      平年値:
89.52%

 本市関連ダム合計貯水率については、五ケ山ダムが完成検査のため貯水位を下げた状態からの供用開始となることから、当面の間、従来どおり既存の8ダムでの貯水率を表示し、五ケ山ダムの貯水状況は別枠で表示します。

 
瑞梅寺ダム
41.23%
503,000m3
曲渕ダム
72.34%
1,713,000m3
脊振ダム
96.21%
3,828,000m3


 
長谷ダム
69.24%
3,358,000m3
猪野ダム
54.00%
1,971,000m3
久原ダム
70.07%
1,023,000m3

南畑ダム
45.32%
1,654,000m3
江川ダム
89.40%
21,456,000m3


                                            参考:五ケ山ダムの貯水状況
 五ケ山ダム
 13.56%
4,299,000m3
(利水容量:31,700,000m3)

  利水容量
(立方メートル) 
 現在利水量
(立方メートル) 
 貯水率 昨日 からの 増減
(立方メートル) 
     

 
南畑 ダム
3,650,0001,654,00045.32 %12,000

 
脊振 ダム
3,979,0003,828,00096.21 %10,000

 
曲渕 ダム
2,368,0001,713,00072.34 %2,000

 
江川 ダム
24,000,00021,456,00089.40 %-250,000

 
久原 ダム
1,460,0001,023,00070.07 %-2,000

 
長谷 ダム
4,850,0003,358,00069.24 %-21,000

 
猪野 ダム
3,650,0001,971,00054.00 %-6,000

 
瑞梅寺 ダム
1,220,000503,00041.23 %-4,000





 
 
合計
 
45,177,00035,506,00078.59 %-259,000





平年値    40,442,000  89.52 %  

 
 
 
※図が正しく表示されない場合は、ブラウザの更新(再読み込み)を行ってください。
※「きょうのダム状況」の更新は、平日(月曜~金曜)の13時前後になります。  また、年末年始、GW期間等休日が長期にわたる場合は、データ収集の都合により遅れる場合があります。
 

水道局浄水日報 令和3年7月27日 (82kbyte)pdf


関連情報


関連リンク