現在位置:福岡市ホームの中のくらし・手続きの中の環境・ごみ・リサイクルの中の福岡市の環境の中のごみ・リサイクルの中の家庭のごみから新聞社による新聞古紙回収
更新日: 2013年5月27日

新聞社による新聞古紙回収


家庭から出る古紙量は,1年間で180キログラムと言われており,うち約7割(120キログラム)が新聞・ちらしです。新聞社では,次表のとおり新聞古紙を回収し,リサイクルしています。




西日本新聞

市内全域の販売店で実施されています。ただし,西高宮,美和台,小田部,和白東校区を除きます。
事前に申込みはいりません。

次のとおりの手順で回収しています。

  1. 毎月1回,回収日の前日(販売店によっては数日前)の朝刊に,回収日を知らせる折り込みチラシが配布される。
  2. 1の回収日チラシを目印に一番上にのせて,新聞をひもで十字にしばる。
  3. 回収当日,午前8時半までに「一戸建て」は門扉の外の道路から見える場所,「マンション・アパート」は1階の道路から見える場所に出す。
  4. その日のうちに回収される。午後になることもある。


読売新聞

市内全域の販売店で実施されています。

販売店に電話またはファックスで「回収申込」の登録をすることが必要です。
回収の仕方は販売店によって異なりますので,詳しくは販売店にお問い合わせください。

  • 1 次のいずれかの方法で回収しています。
     
    • (1)月1回の回収日を朝刊の折り込みチラシで告知。
      ※登録をしていないと回収されませんので,ご注意ください。
    • (2) 回収を随時,電話などで申し込む。
       
  • 2 マンション・アパートの場合,各部屋まで回収に伺うことを基本としています。


朝日新聞,毎日新聞,日本経済新聞

一部の販売店で,購読者の申込みに応じて回収しています。
詳しくは販売店にお問い合わせください。

次のような方法で回収しています。

  1. 期日を指定して回収(チラシ等で回収日等を知らせる)
  2. 集金時等に回収
  3. 要望を受けた時点で回収(電話等で回収依頼を受ける)