本文へジャンプ
道路下水道局のトップページへ福岡市のトップページへトップページへ
  • 緊急情報
  • お知らせ・イベント
  • 道路事業
  • 河川事業
  • 下水道事業

現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の水道・下水道・河川の中の道路・河川・下水道の中の下水道事業の中の市民の皆さまへから下水道使用料の算出方法
ここから本文

下水道使用料の算出方法

 下水道使用料は、基本使用料と従量使用料からなっています。従量使用料は汚水排出量の段階ごとの単価を乗じて計算され、排出量が多くなればなるほどその単価が高くなる、累進制使用料体系を採用しています。

  • 基本使用料は、汚水排出量にかかわらず定額です。   
  • 従量使用料は、汚水排出量のうち、該当する区分ごとに1立方メートルあたりの使用料が変わります。   
  • 下水道使用料は、基本使用料と従量使用料の合計に、国の定める消費税及び地方消費税を加算した額(1円未満の端数切り捨て)になります。

下水道使用料の算出方法は、次のとおりです。

下水道使用料(1戸2ヶ月分)<令和元年10月1日以降>
汚水の種類 基本使用料 汚水排出量 算出方法(1円未満の端数は切り捨て)
一般汚水1,520円20立方メートル
まで
〔基本使用料+(汚水排出量×13円)〕×1.10
21立方メートル
40立方メートル
〔基本使用料+(汚水排出量-20立方メートル)×152円+260円〕×1.10
41立方メートル
60立方メートル
〔基本使用料+(汚水排出量-40立方メートル)×188円+3,300円〕×1.10
61立方メートル
100立方メートル
〔基本使用料+(汚水排出量-60立方メートル)×246円+7,060円〕×1.10
101立方メートル
200立方メートル
〔基本使用料+(汚水排出量-100立方メートル)×278円+16,900円〕×1.10
201立方メートル
600立方メートル
〔基本使用料+(汚水排出量-200立方メートル)×311円+44,700円〕×1.10
601立方メートル
2,000立方メートル
〔基本使用料+(汚水排出量-600立方メートル)×366円+169,100円〕×1.10
2,001立方メートル
10,000立方メートル
〔基本使用料+(汚水排出量-2,000立方メートル)×417円+681,500円〕×1.10
10,001立方メートル以上〔基本使用料+(汚水排出量-10,000立方メートル)×515円+4,017,500円〕×1.10
公衆浴場汚水 
(普通公衆浴場に限る)
1,120円1立方メートル以上〔基本使用料+(汚水排出量×12円)〕×1.10

表の中で、2ヶ月間の汚水排出量を含む区分(例:50立方メートル→「41立方メートル~60立方メートル」)の右横の数式により使用料を算出します。
消費税率の変更による料金改定について


下水道使用料計算例(一般汚水1戸2ヶ月)

  • 汚水排出量 15立方メートルのとき:上表の汚水排出量「20立方メートルまで」の右横の数式に15立方メートルを当てはめて算出します。
    〔1,520円+(15立方メートル×13円)〕×1.10=1,886円(1円未満の端数は切り捨て)
  • 汚水排出量 35立方メートルのとき:上表の汚水排出量「21立方メートル~40立方メートル」の右横の数式に35立方メートルを当てはめて算出します。
    〔1,520円+(35立方メートル-20立方メートル)×152円+260円〕×1.10=4,466円(1円未満の端数は切り捨て)
  • 汚水排出量150立方メートルのとき:上表の汚水排出量「101立方メートル~200立方メートル」の右横の数式に150立方メートルを当てはめて算出します。
    〔1,520円+(150立方メートル-100立方メートル)×278円+16,900円〕×1.10=35,552円(1円未満の端数は切り捨て)


<お問い合わせ>

道路下水道局 総務部 下水道料金課 福岡市中央区天神1丁目8番1号
TEL: 092-711-4507FAX: 092-733-5596E-mail: gesuiryokin.RSB@city.fukuoka.lg.jp

Copyright(C) City of Fukuoka. All Rights Reserved.