現在位置:福岡市ホームの中の市政全般の中の市政の運営、方針・プランの中の計画・指針の中の各種指針・方針・計画からやさしい日本語の作り方
更新日: 2018年5月18日

 やさしい日本語の作り方

 ※外国人(がいこくじん)のみなさまへ  

 外国人(がいこくじん)のための】「やさしい日本語(にほんご)」によるお()らせ()てください。



 「やさしい日本語」とは?

 普通の日本語よりも簡単で,外国人にも分かりやすい日本語のことです。子どもや障がいを持った方にも分かりやすく伝えることができます。

 災害時の緊急情報や行政情報の発信はもちろん,普段のコミュニケーションにおいても有効です。

 ※「やさしい日本語」は,阪神・淡路大震災において,日本語も英語も十分に理解できず。必要な情報を受け取ることができない外国人が多数いたことから,災害情報を「迅速」「正確」「簡潔」に伝えるために生まれました。


  • (具体例) 
    • 「避難する」は「()げる」に言い換える 
    • 「危険」は「(あぶ)ない」に言い換える

 ※語彙の目安:日本語能力試験出題基準3級・4級程度(小学校2,3年生程度)



 使ってみよう「やさしい日本語」

 福岡市では,「やさしい日本語」の基本的な考え方をまとめた冊子『使ってみよう「やさしい日本語」』を作成し,災害情報などにおいて,本冊子を活用し,「やさしい日本語」での情報発信を行っていくこととしております。

 市民の皆様におかれましても,「生活者としての外国人」の増加に伴い,外国人と接する機会が増えておりますので,外国人への情報発信やコミュニケーションのツールの一つとして,「やさしい日本語」を使ってみてください。

使ってみようやさしい日本語の表紙

)

リンク集


やさしい日本語に関するホームページを紹介します。

  • 公益財団法人福岡よかトピア国際交流財団<生活情報や国際交流イベント情報などをやさしい日本語で発信しています>
    http://www.rainbowfia.or.jp/ej/(やさしい日本語のホームページ)
  • 弘前大学人文社会科学部社会言語学研究室<やさしい日本語の用語集やツールなどが豊富にあります>
    http://human.cc.hirosaki-u.ac.jp/kokugo/
  • 一般財団法人自治体国際化協会<日本の生活に必要な生活情報をやさしい日本語で発信しています>
    http://www.clair.or.jp/tagengorev/eja/index.html